mare(マーレ);海

2014年07月19日

シチリア島、Favignana島の海

シチリア島の西にあるEgadi諸島の1つFavignana島に行ってきました。

約一年前に東芝REGZAのCMにてFavignana島のCala Rossaが舞台になっていると記事にしました。

というわけで念願のCala Rossaの海に行ってきましたよ!
詳細はまた今度書きます。
T03T04

Cala Rossaの海はとがった溶岩のようなビーチで、海に入るまでが大変!素足で歩けません。
海中には魚がたくさんいます!
T02T01
詳細はまたいつか!


shiroyuki11 at 19:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年12月28日

サルデーニャ北部、抜群のビーチ、Villasimius(ヴィラシミウス)

Sardegna(サルデーニャ)の南東に抜群のビーチ、Villasimius(ヴィラシミウス)があります。
sardegna088Villasimius002









Sardegna075sardegna089カリアリ(Cagliari)の中心から車で約1時間でVillasimiusに着きます。






Sardegna076sardegna077
遠くの方にビーチが見えます。きれいな海です。






sardegna078
sardegna080









sardegna079
波がほとんどなく、プールのようです。透明度も抜群!








sardegna081sardegna083








sardegna087
sardegna084
Villasimiusはかなり広いビーチで、ここはPunta Molentis(プンタ・モレンティス)というビーチです。
持っていったテントを広げました。日差しも避けられてかなり便利です。


sardegna086
sardegna085
ホテルで炊いたおにぎりを持っていきました。泳いだ後のおにぎりはおいしいです。





Sardegna103Sardegna102シュノーケリングもしてみました。







Sardegna093Sardegna090

透明度は30mくらいはあるでしょうか。

魚も結構いてシュノーケリング、楽しかったです。



Sardegna092Sardegna091
Sardegna南部に来たら、Villasimius(ヴィッラシミウス)のビーチに是非行ってみてください。

おすすめです!


Sardegna094Sardegna103_2







shiroyuki11 at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年11月30日

Sardegna、Cagliariからすぐ近くのビーチ、Poetto(ポエット)

Cagliari01Sardegna(サルデーニャ)島、州都のCaliari(カリアリ)は島の南部にあります。

Cagliariは大きな町で商工業が発達しているので港も大きく、さすがに泳ぐことはできません。

しかし東に5劼曚匹發い韻倥採錣淵咫璽舛あります。






Sardegna010Sardegna011
Poetto(ポエット)
おすすめ度;★★
場所;サルデーニャ南部
ビーチ;白い細かい砂
水際;遠浅
透明度;高い
魚、生物;魚はあまりいない



Sardegna012
Sardegna013_1カリアリの中心部からすぐ近くと言っても十分に綺麗なビーチです。







Sardegna013Sardegna013_2
岩場が少ないので、あまり多くはないのですが、水中には魚は少しですがいました。







Sardegna015Sardegna016
今回のSardegna旅行でかなり役立ったのがこれ。







Sardegna014


簡易テントです。開くと2秒でテントの出来上がり!片付けも簡単なので、パラソル代わりにおすすめですよ!








Sardegna017今回は1週間レンタカーで移動しました。

イタリアだと青線は有料のParkingです。近くでチケットなど買って、フロントガラスに見えるように置きましょう。

 というわけで、今は冬ですが、地味にSardegna特集スタートです!


shiroyuki11 at 21:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月27日

魚の多い海水浴場、Grotta Byron(グロッタ・バイロン)

おとといの続きです。

070921 Grotta Byron1

ポルトヴェーネレの先端にある教会の少し手間の右側にこのような入り口があります。

Grotta Byron(グロッタ・バイロン)と書いてあります。Grotta(グロッタ)は洞窟という意味なので、ここはバイロン洞窟の入り口という意味です。

 

 

 

 

070921 Grotta Byron2

入り口から入ると岩ときれいな海が見えました。写真の中央にあるボートはダイビングをするために来たようです。ダイビングスーツを来た人が20人くらいドンドンと海に潜っていきました。しかもこの船は、代わる代わるやってきます。どうやらここはダイビングスポットのようですね。

 

 

070921 Grotta Byron3

海を見てみようと下のほうまで下りてみると・・・・おおっ!これはかなり透明度の高い海ですね。魚も目視で確認できます。ダイバーがたくさん来ているのもこれで分かりました。

 

 

 

070921 Grotta Byron6

先ほどの入り口を見上げるとこんな感じ。かなり険しい。。。。

 

 

 

 

070921 Grotta Byron4

このすぐ横にバイロン洞窟があります。なぜか写真がない。。。。でもほとんど深さの無い洞窟でした。

 

 

 

 

 

 

070921 Grotta Byron5

ここでちょっと休憩。きれいな海を見ながらのおにぎりは最高です。

 

 

 

昼食後、泳いで見ることにしました。水着の人達は結構たくさんいるのですが、サルデーニャと同様にイタリア人達はあまり海には入らず、岩場でマッタリしてます

070921 Grotta Byron7070921 Grotta Byron8

070921 Grotta Byron9

 

 

 

 

070921 Grotta Byron11070921 Grotta Byron12

070921 Grotta Byron10

 

 

 

 

070921 Grotta Byron13070921 Grotta Byron14

070921 Grotta Byron16

 

 

 

 

070921 Grotta Byron20

070921 Grotta Byron19

070921 Grotta Byron17

 

 

 

 

070921 Grotta Byron18

写真だと分かりづらいですが、大変魚が多く、非常に透明度の高い、きれいな海です。岩場が多く、魚たちはそこにある藻や苔などを食べているのでしょう。

ちなみにこのバイロン洞窟の反対側がポルトヴェーネレの街に面した海になります。船やボートが多く、また人も多いので、こちら側(バイロン洞窟側)の海よりは澄んでいません。魚を見たい、きれいな海で泳ぎたいならこちら側をお勧めします!

 

070921 Grotta Byron15

海からバイロン洞窟を撮るとこんな感じ。みんな平たい岩場で寝転がっているのですが、もちろん硬いのであまりリラックスできませんでした。。。

でも泳ぐには最高のところですね。来年も是非泳ぎに来たいです。是非どうぞ!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月26日

Portovenere(ポルトヴェーネレ)のクルージング

Portovenere(ポルトヴェーネレ)の中心の港から観光船が出ています。

チンクエテッレを回る船もありますが、去年行ったので、今回はポルヴェーネレから先の小島群を回る船に乗ってみました。

ちなみにこの辺り一体の世界遺産の名称は、
「ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア、ティーノとティネット島)」
です。この船は3つの小島、パルマリア、ティーノとティネット島を回るのです。

 

早速出発です!でも最初の島、パルマリアは既に目の前に見えています。

 

 

 

この辺りではムール貝(イタリアではコッツェと言います)の養殖が盛んです。写真の杭の周りでは年間を通してコッツェの養殖が行われているそうです。

ちなみに、一昨年NHKの特番でこの辺りのことが放送されていました。コッツェ専門のレストランも紹介されていて、この日の夜はそこに行ってきました。詳細は次回報告します!

 

遊覧船で説明していましたがよく分かりませんでした。灯台ではないですね。祠のようなものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パルマリアは変わった地形をしていました。でも海は結構きれいで、たくさんの人が泳いでいました。

 

パルマリアの先にはかなり小さい島、ティーノがあります。ここは無人島で、イタリア海軍の軍事用の島になっています。近くを通ると、立ち入り禁止の看板が出ていました。世界遺産が海軍に使われているなんて驚きです。

 

 

さらにティーノの先にはティネット島があります。これは本当に小さい!!

ボートで来て上陸している人もいました。お金持ちたちはボートでこの辺りアに来てのんびり過ごしていました。

 

 

 

 

 

 

反対側に周り折り返します。随所に洞窟がありました。カプリ島にある青の洞窟のようなキレイな洞窟はありませんでした。でも地層というか岩層がくっきり見えてきれいです。

 

ポルトヴェーネレまで戻ってきました。昨日紹介した教会です。崖の上の教会!かっこいいです!素晴らしい

 

 

 

教会の反対側に回るとバイロンの洞窟があります。ここは明日詳しく紹介しますが、水が澄んでいてとてもきれいでした。

 

 

ポルトヴェーネレの中心に戻ってきました。やっぱりこの建物はきれいですね。

 

というわけで40分間のクルーズが終了!きれいな島、海を見ることが出来てなかなか良かったです。良かったらどうぞ!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月25日

イタリア世界遺産(11/41) part2 ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群

去年の夏、イタリア世界遺産「チンクエ・テッレ」を紹介しました。

今年は8月終わりにチンクエ・テッレのさらに先にある「ポルトヴェーネレ」に行ってみました。

見てください!ポルトヴェーネレの中心です。まるでディズニー・シーですね。このようにちょっと離れて見ると大変きれいです。

ポルトヴェーネレは中世の頃は要塞の港町として栄えました。漁師、海軍が戻ってくるときに迷わず目印になるように、建物をカラフルに塗ったのだそうです。

 

ガリバルディの記念碑がありました。ガリバルディも昔ここに来たのでしょうか?すいませんよく分かりません。

 

 

 

よく見るとペンキがはげている建物が多いです。遠くから見ると全体としてキレイなのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが港町!猫がたくさんいました。みんな人に慣れているようで逃げません。暖かい港町で魚も食べられるので猫にとっては天国ですね。

 

これがポルトヴェーネレの中心の手前にある通り。ここから中は歩行者のみしか入ることができません。ヘアピンカーブになってますね。バスがよく通るのですが、一度では曲がりきることができません。このカーブの後ろ側にはバス会社の人が常時座っていて、バスが来るたびに切り返しを誘導していました。そのたびに後ろにはたくさんの車で大渋滞!非常に不便なのですが見ていて楽しかったです。

 

カラフルな建物の正面は港になっていますが、ビーチもあります。港の防波堤には水着の人たちがさくさん日に焼けていました。街のチェントロがビーチなんてすごいです。

 

 

 

カラフルな建物の裏側は細い通りになっていて、みやげ物屋などたくさんの店があり観光客であふれています。中世からの門、城壁がそのまま残っていて趣があります。

 

 

 

昔はここで検問をしていたそうです。左の写真を見ると、上側に穴が開いてますよね。戦争時には侵略軍がこれ以上中に入らないように、この穴から熱湯や油をかけていたそうです。右の写真の壁には細長い穴が開いているのが見えます。これは弓矢を備えるための穴です。ここから矢を放ったのでしょう。今でも城砦の雰囲気を残していて驚きです。

 

 

 

この門の横には、白い石の容器のようなものがあります。これは当時、商人が小麦、ワインなどを持って来たとき、一部を納税するための計測器だったそうです。もちろん今では使っていませんが、そのまま残しているんですね。

 

 

 

門から中に入ってみました。今でももちろん各建物には人が住んでいて、生活感があってよい雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

ここはレストラン。写真の左側のカーテンのようなものを見てください。よく見ると、一つ一つはペンネ(パスタの一種)でできてます。かわいらしいですね。

 

 

 

歩いていくとかわいらしい店がありました。オリーブオイル専門店です。手作りのオリーブオイルが売られています。オリーブオイルで作られたお惣菜、瓶づめなどもありました。

 

 

 

 

 

途中にはこのような小さい広場、噴水もあります。

 

 

 

 

細い道を歩いていくと先端は海に突き出た岬のようになっていて、そこには教会がありました。

 

 

 

教会の入り口からポルトヴェーネレの街を見たところ。

 

 

 

 

この途中の横から除くと、きれいな海が見えます。この奥にはGrotta Byron(グロッタ・バイロン)という洞窟があります。

ここは非常にきれいな海、岩場になっていてここで泳ぎました。明後日詳しく紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会は石で出来ていて、質素な雰囲気でした。普通のイタリアの教会とはだいぶ異なります。光がたくさん射し込み、暖かい雰囲気でした。

 

 

 

 

 

教会から少し街の方に戻ると、街の奥には小高い丘が広がっています。おくさんは疲れたということで、私ひとりで登ってみました。右上の写真は先ほどの教会です。高台から見るとまたとてもきれいです。

一番上には古城がありました。やはりポルトヴェーネレは要塞の港町という感じがしますね。

 

 

 

丘の途中にある大聖堂、Duomo(ドゥオーモ)です。

天井も木で出来ていて質素なつくりですね。

 

というわけで港町ポルトヴェーネレは小さくてかわいらしい街でした。

明日は、港から定期船に乗った感想を載せます!お楽しみに!!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月24日

魚が多いビーチ、Argentiera(アルジェンティエラ)

Argentiera

サルデーニャの北西、Arghero(アルゲロ)の北にArgentiera(アルジェンティエラ)という銀山があります。1960年代に廃坑になった銀山です。

 

その銀山の海沿いにはきれいなビーチがあります。ビーチのガイドブックには載っていないのですが、地元では、魚が多くて人が少ないということでちょっと有名なビーチです。

 

車が1台も走っていない道路をひたすら進んでいくと突然ビーチが現れました。

070821 Argentiera1

070821 Argentiera2

070821 Argentiera3

 

 

 

 

070821 Argentiera4

070821 Argentiera5

070821 Argentiera6

 

 

 

 

070821 Argentiera7

070821 Argentiera8

人が殆どいない!そして抜群にキレイなビーチです。

 

 

 

Argentiera(アルジェンティエラ)
おすすめ度;★★★★★
場所;サルデーニャ北西部
ビーチ;白い細かい砂
水際;5mくらいで深くなる
水温;若干冷たい
透明度;高い
魚、生物;魚多い

海に入っていくとすぐに深くなります。すぐ深くなるので子供にはちょっと不向きかな。でも岩柱、岩や藻が多く、そのためたくさんの種類の魚が多くいます。シュノーケリングなど、魚を見たい人にはお勧めのビーチです。

070821 Argentiera9070821 Argentiera10

070821 Argentiera14

 

 

 

 

070821 Argentiera11

070821 Argentiera12

070821 Argentiera13

 

 

 

 

070821 Argentiera15

070821 Argentiera16

070821 Argentiera18

 

 

 

 

070821 Argentiera19

070821 Argentiera17魚の大群がいました。泳いでいくと途中から水深は20mくらいになります。

 

 

070821 Argentiera20

海中の岩にはたくさんのウニがいます。取りたかったなあ。

 

 

 

というわけで人があまりいないので静かにのんびり出来ます。魚を見たい人は行ってみるといいでしょう!!

おすすめです。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月08日

強風でも波が立たないビーチ、Capo Testa(カーポ・テスタ)

サルデーニャでは月に何度か、特有の強風、マエストラーレが吹き荒れます。

一度吹くと数日間はやみません。

私は今回サルデーニャに16日間いましたが雨は一滴も降りませんでした。しかしこのマエストラーレが2日間吹き荒れました。泊まっていたアパートの窓が割れるのではないか?と思うほどの強風です。

普段全く波が立たないビーチでも強風が吹くとこんな感じ。荒波の日本海のようです。

普段はたくさんの人であふれるビーチなのですが一人もいません。強風で波が高く、寒いくらいです。

私も諦めてアパートに戻ってお笑いのDVDでも見ようかなと思っていたところ、地元の人から情報を頂きました。

どんなに強風でも波が立たないビーチがあるよ!

ということで、半信半疑で行ってみました。

Santa Teresa(サンタ・テレーザ)にあるCapo Testa(カーポ・テスタ)というビーチです。

 

 

 

おおっ!本当だ!波が立ってない!

よく見ると奥の方は波がザップン、ザップンなってます。入り組んだ入り江になっていて、荒い波がここまで入って来れないのです。そしてなぜかここでは風もあまり吹いていませんでした。

 

 

 

 

 

Capo Testa(カーポ・テスタ)
おすすめ度;★★★★★
場所;サルデーニャ北部
ビーチ;白い細かい砂
水際;10mくらいで深くなる
水温;冷たい
透明度;高い
魚、生物;魚は少ない

強風のマエストラーレのときでも波が立たないビーチは所々にあるようです。強風の時は諦めずに地元の人に聞いてみると良いでしょう!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月07日

サルデーニャの最北端の街、Santa Teresa(サンタ・テレーザ)

Santa Teresa

今日はサルデーニャ島最北端の街、Santa Teresa(サンタ・テレーザ)を紹介します。小さな街ですが、コルシカ島行きのフェリーも出ています。夜は広場で老人たちが社交ダンスをしたり、夜店が開いたりして大賑わい!大変気に入りました。私たちは、中心近くのホテルで3泊しました。

 

 

 

070823 SantaTeresa3070823 SantaTeresa4

070823 SantaTeresa6

 

 

 

 

070823 SantaTeresa5

070823 SantaTeresa7

チェントロから少し離れたホテルの周りです。家並みも花も大変きれいです。

ホテルチェックイン後、まずはチェントロ(中心)に歩いて行ってみました。

 

070823 SantaTeresa1

070823 SantaTeresa8

070823 SantaTeresa2

 

 

 

 

中心にある教会です。清潔感がありキレイな教会でした。

070823 SantaTeresa9070823 SantaTeresa10

この教会の脇から下を見ると、とてもキレイなビーチが見えます!チェントロからわずか数百メートルのところにこんなにキレイなビーチがあるなんて、驚きです!

 

 

070823 SantaTeresa11070823 SantaTeresa12

下まで降りていくとたくさんの海水浴客が!!

 

早速泳いでみることにしました。

 

070823 SantaTeresa13070823 SantaTeresa14

070823 SantaTeresa15

 

 

 

 

070823 SantaTeresa16

魚が非常にたくさんいました。たくさんの種類の魚が大群でいて見ていて飽きなかった。このビーチはお勧めですね。

 

 

 

Rena Bianca(レーナ・ビアンカ)
おすすめ度;★★★★★
場所;サルデーニャ北部
ビーチ;白い細かい砂
水際;20mくらいで深くなる
水温;暖かい
透明度;高い
魚、生物;魚大変多い


夕方、またチェントロの広場に戻ってきました。

070823 SantaTeresa17

070823 SantaTeresa18

070823 SantaTeresa19

 

 

 

 

夜にイベントがあるらしく準備が始まってました。

 

070823 SantaTeresa20

070823 SantaTeresa21夕陽を見に海辺に来ました。

素晴らしい夕陽を見ることが出来て大満足!

 

 

070823 SantaTeresa22

日が沈んだ後のチェントロ。雰囲気最高です。

 

 

 

 

070823 SantaTeresa23

サルデーニャ島の海には珊瑚もいるため、珊瑚を使ったアクセサリーの店もたくさんありました。

でもどの店もお客さんはあまりいませんでしたが。。。。

 

 


次の日は近くにある別のビーチに行ってみました。

070823 SantaTeresa24

070823 SantaTeresa25

070823 SantaTeresa26

 

 

 

 

La Marmorata(ラ・マルモラータ)
おすすめ度;★★★★
場所;サルデーニャ北部
ビーチ;白い細かい砂
水際;20mくらいで深くなる
水温;冷たい
透明度;高い
魚、生物;魚は少ない

本にはかなりキレイと書いてあり、確かにキレイでしたが魚は少なかったかな。私は上記のRena-Biancaの方が好きです。

というわけでSanta-Teresaは小さいですがアットホームで雰囲気の良い街でした。お勧めです。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2007年08月24日

サルデーニャのリゾートタウン、Costa Paradiso(コスタ・パラディーソ)

Costa Paradiso

サルデーニャ旅行で最初の1週間はキッチン付きのアパートに滞在しました。

ネットで予約したのですが1週間(7泊8日)で400ユーロくらいだったかな。

 

 

 

070830 Costa Paradiso3

070830 Costa Paradiso2070830 Costa Paradiso1

 

 

 

 

Costa Paradiso(コスタ・パラディーソ)という街にあるアパートということで車で行ってみるとびっくり!たくさんのアパート、一戸建てが全て茶色で統一されています。

街の入り口には大きな事務所があり、そこで鍵をもらいました。この街全体がリゾートアパート、一戸建てになっているようです。街への入り口の通りは1本だけで夜中にはセキュリティのために遮断機が下ります。パトロールカーも走っていて街全体を守っているようです。街にはたくさんの人達がいましたが、別荘として買っているか、私のように借りているかのどちらかのようです。

070830 Costa Paradiso10

外からアパートを撮りました。1週間もいたのになぜか中は撮り忘れた。。。でも結構汚かった。。。。台所にはアリが大量発生するし、いまいちでした。

 

 

 

070830 Costa Paradiso5070830 Costa Paradiso6

070830 Costa Paradiso4

 

 

 

 

 

070830 Costa Paradiso7

070830 Costa Paradiso8

アパートから歩いて海の方に下りていくと5分くらいでビーチにつきます。

とてもキレイなビーチでした。

 

 

070830 Costa Paradiso9

ベランダでスプマンテと生ハムメロンを食べました。西日が入ってきて暑いのですが、夕焼けはキレイでした。

味噌、醤油、のりやその他日本食材を持っていったので、和食を作ったり、スパゲティーを作ったり、毎日自炊してました。炊飯ジャーも持っていったので毎日ご飯が食べられてよかった。

 

サルデーニャのレストランは高いので、自炊ができる貸しアパートはお勧めですよ!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月22日

Capo Caccia(カッチャ岬)とGrotte di Nettuno(ネプチューン洞窟)

070822 Neputun1昨日紹介したアルゲロの街から西に30kmほど行くと特異な地形で観光スポットとなっているカッチャ岬があります。

 

 

 

 

070822 Neputun8カッチャ岬はスキーのジャンプ台のような斜面が300mの高さまで延びており、その先端は断崖絶壁となって海に落ち込んでいます(写真はカッチャ岬の先端)。

 

 

 

070822 Neputun2

岬に向かっている途中。ゴツゴツした地形ですが回りの海は大変キレイです。

 

 

 

070822 Neputun3

岬の先端の駐車場に到着!この先の階段から下りていきます。

 

 

 

 

070822 Neputun4

階段を下りる手前にGrotte di Nettuno(ネプチューン洞窟)の看板がありました。岬の先端には大きな鍾乳洞があり、たくさんの観光客が訪れます。1時間に一度、ツアーで洞窟を回るのです。

 

 

 

070822 Neputun5

さあ、ここから850段の階段を下りていきます。奥さんは初めからいやそうでした

 

 

 

070822 Neputun6

070822 Neputun7

070822 Neputun9

 

 

 

 

徐々に階段を下りていくと素晴らしい景色が広がっていました。暑かったけど風が気持ちいい!

 

 

070822 Neputun10

ようやく階段を下りきるとチケット売り場がありました。ここから1時間おきにガイドさんと出発なので100人くらいの人達が待っていました。

 

 

 

070822 Neputun11070822 Neputun12

ネプチューン洞窟は、波や風の浸食で創られていて、まるで地下宮殿です。冬場に吹くフランスからのミストラルで浸食が進み、このような鍾乳洞になりました。中はヒンヤリ!ライトアップされていて幻想的です。

 

 

070822 Neputun13070822 Neputun14

070822 Neputun15

 

 

 

 

 

070822 Neputun16

中は大変広かった。イタリア語でいろいろと説明してましたがよく分かりませんでした。。。。でもキレイです。

 

 

 

070822 Neputun17

船で直接洞窟の入り口まで来るツアーもあるようです。海の底までくっきり見えますね。

 

 

 

070822 Neputun18

ネプチューン洞窟があるのは、この地図の赤い枠内のところ。周りは断崖絶壁です。

 

 

 

070822 Neputun19

洞窟観光が終わりアルゲロに戻るところ。おお、キレイな海が広がっています。どこか適当なところで泳ごう!ということになりました。

 

 

 

070822 Neputun20

070822 Neputun21

名前もないビーチだと思いますがとてもきれいなのでここにしました。とてもキレイでした。

 

 

 

070822 Neputun22

泳いだ後はまた観光。ヌラーゲという巨大建築物を見に行くことにしました。ヌラーゲはサルデーニャ島内に7000個もあります。紀元前10世紀くらいに造られた集合住宅のようなもの。イタリア本土にはヌラーゲはなく、サルデーニャ島だけにある独特なものです。

 

 

070822 Neputun23

ここはアルゲロの近くにあるヌラーゲ・パルマヴェラです。遺跡になってしまっていて、正直言うと何これ?という感じでした。

このヌラーゲの中でも最大のものが「スー・ヌラージ」で、サルデーニャ島中央部にあり世界遺産になっています(近日報告予定)。

というわけで、本日は渋く洞窟、遺跡観光でした。よかったら!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月21日

異国情緒のある街、Alghero(アルゲロ)

070821 Arghero1

ペローサのビーチから50km南下したところにArghero(アルゲロ)という街があります。

私たちはサルデーニャについたばかりの初日だけ、このアルゲロに泊まりました。

アルゲロは12世紀にGenova(ジェノヴァ)の一族に築かれた街で、その後はスペインのカタロニア地方の王国が支配していました。よってアルゲロは「イタリアで最もスペイン的な街」といわれています。

 

街の人達はカタロニア語を話し、カタロニア料理の店も多いそうです。

070821 Arghero2070821 Arghero3

まずチェントロのすぐ側のLido(リド)というビーチ。街の中心にこんなキレイなビーチがあるなんて!すごいです。

 

 

070821 Arghero4

070821 Arghero7

070821 Arghero5

 

 

 

 

 

070821 Arghero6

070821 Arghero8

070821 Arghero9

 

 

 

 

夕方のアルゲロの風景です。変わった建物もあってなんかイタリアっぽくないです。スペインの影響なのでしょうね。


夕方、サルデーニャ最初の食事で、このレストランに入りました。

070821 Arghero10

070821 Arghero14

中も雰囲気よく、混んでいたので入りました。

 

 

 

ですが大失敗!このレストランは絶対行ってはいけません!!

 

070821 Arghero11

前菜の海の幸盛り合わせ。なんですかこれは!よくスーパーの冷凍コーナーで売っているやつだ!港町アルゲロで冷凍食品を食べさせられました。

 

 

 

070821 Arghero12

続いて名物のからすみのスパゲティー(2人前)。粉末のからすみが入っているようですが・・・・ほとんど入ってない。素スパゲティーですか?!!!

これで30ユーロ、日本円で5000円くらい。

 

極めつけはこれ。アラゴスタ(ロブスター)です。

070821 Arghero13

でも身がほとんどなく、冷たい。。。まずい。

これは40ユーロくらい。。。

食後にコーヒーを頼むと、うちはコーヒーはない!と言われまたまたビックリ!

みなさん、絶対に入ってはいけませんよ!


070821 Arghero15070821 Arghero16

気を取り直して夜のアルゲロの街を散歩しました。

 

 

 

070821 Arghero21

070821 Arghero18070821 Arghero19

 

 

 

 

 

070821 Arghero17

070821 Arghero20

夜10時過ぎてもDuomoが開いている!

 

幻想的でキレイなDuomoでした。

 

 

 

 

070821 Arghero22

070821 Arghero23

070821 Arghero24

 

 

 

 

港町アルゲロは近くに空港もあり、ヨーロッパ中からたくさんの観光客が訪れます。夜中でもたくさんの人達が散歩したり、カフェでのんびりしてました。

異国情緒のあるアルゲロの街、是非どうぞ!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月10日

Costa Smeralda(コスタ・スメラルダ)のビーチ群

4日前にコスタ・スメラルダのことについて書きました。

今日はコスタ・スメラルダ近辺のビーチを紹介します。


まずここはOlbiaから東に行ったところにあるビーチ、Porto Istana(ポルト・イスタナ)です。

Porto Istana(ポルト・イスタナ)
おすすめ度;★★★★
場所;サルデーニャ東部
ビーチ;白い細かい砂
水際;20mくらいで深くなる
水温;とても暖かい
透明度;高い
魚、生物;岩や藻には魚がたくさん

070809 Smeralda1070809 Smeralda2

目の前にはTavolara(タボラーラ)島が見えます。険しい山がそびえる島ですね。

 

 

 

070809 Smeralda3070809 Smeralda4

070809 Smeralda5

 

 

 

 

このビーチの特徴は「水温が高く、とても暖かい」こと。サルデーニャのビーチの中で一番暖かかった!親子で行くといいと思います。

さらにこのビーチで、Mixi仲間のSawaさんと会うことができました。行く前に連絡を取っていたのですが、うまく都合が合い、このビーチで会うことが出来たのです。いろいろと面白い話を聞かせていただきました。どうもありがとうございました。

ちなみに、この辺りは正確にはコスタ・スメラルダではないですが、近いということで入れてます。



次のビーチは、Baja Sardinia(バジャ・サルディーニア)です。

Baja Sardinia(バジャ・サルディーニア)
おすすめ度;★★★★
場所;サルデーニャ北東部
ビーチ;白い細かい砂
水際;10mくらいで深くなる
水温;暖かい
透明度;高い
魚、生物;岩や藻には魚がたくさん

070809 Smeralda6

ビーチ近くには教会、キャンプ場があります。

 

 

 

 

070809 Smeralda7070809 Smeralda8

070809 Smeralda9

 

 

 

 

 

070809 Smeralda10

070809 Smeralda11

070809 Smeralda12

 

 

 

 

ここは地元の人に薦められて行ったビーチ!かなりよかったです。近くにショッピング街もありました。



次は一番期待していたのですが期待はずれだったビーチ、Romazzino(ロマッツィーノ)です。

Romazzino(ロマッツィーノ)
おすすめ度;★
場所;サルデーニャ北東部
ビーチ;やや茶色い細かい砂
水際;10mくらいで深くなる
水温;暖かい
透明度;悪い
魚、生物;魚は少し

070809 Smeralda13

ここには有名な最高級ホテル、Romazzino Hotelがあります。このホテルは客を選ぶことで知られており、一見(いちげん)さんお断りのホテルです。常連さんと一緒に行くか、紹介+審査を受けてOKが出たら泊まることが出来るのだそうです。常連客で十分元をとっているホテルなので、あまり他の客が来て雰囲気を乱してほしくないようですね。1泊最低でも10万円から。ランチのレストランはビーチ・フロントにあり、客は水着のままで食事をすることができます。ビュッフェ形式で、なおかつオーダーすれば何でも作ってくれるのだそうです。

というわけで、最高級ホテルのビーチということで大変期待していました。

070809 Smeralda14

070809 Smeralda15

070809 Smeralda17

 

 

 

 

 

070809 Smeralda16

しかし透明度は悪く、イマイチでした。。。。左は海中の写真。濁っていてよく見えない。。。

 

 

 



次はPorto Rotondo(ポルト・ロトンド)にあるIra(イラ)というビーチです。

070809 Smeralda27

070809 Smeralda25

070809 Smeralda28

 

 

 

 

 

070809 Smeralda18

070809 Smeralda19

070809 Smeralda20

 

 

 

 

 

070809 Smeralda21

070809 Smeralda26

まず驚いたのが「Peugeot Caffe(プジョー・カフェ)」!プジョーが海の家を開いているのです。VIP専用のようで、ジャグジーやフィットネスマシーンまでありました。

 

 

070809 Smeralda22

プジョー・カフェと他で分けられています

 

 

 

Ira(イラ)
おすすめ度;★★★★
場所;サルデーニャ北東部
ビーチ;やや茶色い細かい砂
水際;30mくらいで深くなる
水温;暖かい
透明度;高い
魚、生物;魚多い

070809 Smeralda24

岩や藻が多く、そのため魚が多かったので私としてはよかったです。浅瀬がしばらく続くので、ボール遊びをしている人も多かった。

 

 




Olbiaの町には1軒だけすし屋があります。ここはMixi仲間のSawaさんから教えてもらったところです。

Saint catering
via Medrano 3, Olbia
tel:0789-51629

Via Veronese通り沿いで、Caffe Veroneseの斜め前です。

070809 Smeralda29070809 Smeralda30

洋風な雰囲気。なんと握っているのはイギリス人!

 

 

 

070809 Smeralda31

マグロ、サーモン、白身魚、生海老です。米も美味しくて満足でした。

ちょっと外れた所にあるので車がないと行けないかな。

というわけでコスタ・スメラルダのビーチ群。もし行けばサッカー選手や有名芸能人に会えるかもしれません!是非どうぞ!!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年08月08日

海伝いでしか行けないビーチ、Cala Luna(カラ・ルーナ)5

Sardegna-Orosei

サルデーニャの中で、最も輝くビーチ、最も野性的なビーチと言われているのがOrosei(オロセイ)湾です。

写真の赤枠辺り。Nuoro(ヌオーロ)から東に出た海岸です。

オロセイ湾には素晴らしいビーチがたくさんありますが、どれも車や徒歩など陸伝いで行くことができないのです。唯一のマリーナであるCala Gonone(カーラ・ゴノーネ)まで車で行き、そこから船に乗って、ビーチに行くしかありません。このように人がなかなか行くことができないことによってオロセイ湾周辺のビーチは飛びきりキレイに保たれています。

 

070807 Cala-Luna1

Olbia(オルビア)に泊まっていたので、そこから車でまずCala Gononeに向かいました。高速道路を途中で降り、後は山道!

 

 

 

070807 Cala-Luna2

山を越えると絶景が!この下の街がCala Gononeです。そしてこの海がオロセイ湾!素晴らしい景色でした。

 

 

 

070807 Cala-Luna7

山を下りていくと白い物が動いているのが見えます。

 

 

 

 

070807 Cala-Luna8

おお、ヤギの群れが山を登っています。近くには飼い主のおじさんがいました。サルデーニャでは昔から羊やヤギを飼って暮らしてきたので、今でもたくさんの羊、ヤギがいます。ヤギの乳で作ったリコッタ・チーズが名産です。

 

 

 

070807 Cala-Luna3

ようやくCala Gononeの街に着きました。この街にはホテルもたくさんあり、船やヨット、ボートなどもたくさん!

 

 

 

070807 Cala-Luna4

070807 Cala-Luna5

070807 Cala-Luna6

 

 

 

 

切符売り場も多数あり、各ビーチに定期便が出ています。

私たちはこの中で、Cala Luna(カラ・ルーナ)というビーチに行くことにしました。なぜこのビーチにしたかというと、ミラノにあるサルデーニャ料理のレストラン「Cala Luna」が好きなので・・・

 

070807 Cala-Luna9

さっそく出発です!30人乗りくらいの小型船ですね。

 

 

 

 

070807 Cala-Luna10

このようにオロセイ湾の水は大変澄んでいてキレイです。誰かがクールバスクリンでも入れたかのようです。

 

 

 

070807 Cala-Luna11

070807 Cala-Luna13

070807 Cala-Luna12

 

 

 

 

途中にある洞窟によりました。実はこの洞窟の入場券も含めてチケットを買っていたのですが、時間がもったいないのでパス。そのままCala Lunaに向かいました。

 

070807 Cala-Luna14

070807 Cala-Luna15Cala Gononeを出てから20分後、Cala Lunaが見えてきました。ビーチに洞窟のようなものがありますね。

 

 

 

070807 Cala-Luna16

ビーチの背後は険しい山々が!これじゃあ陸伝いで来れない訳です。

 

 

 

070807 Cala-Luna17070807 Cala-Luna18

船から下りてCala Lunaを見下ろすとこんな感じ。

 

右側が海、左側が沼ですね。もちろん沼に入っている人はいません。

Cala Luna(カラ・ルーナ)
おすすめ度;★★★★★
場所;サルデーニャ東部
ビーチ;白い細かい砂
水際;10mくらいで深くなる
水温;暖かい
透明度;高い
魚、生物;岩や藻には魚がたくさん

 

070807 Cala-Luna20

ビーチまで来てから船着場の方を見るとこんな感じ。すごい断崖絶壁ですね。

 

オロセイ湾沿いの海岸では、700メートル級の山々が直角に海に落ち込み断崖絶壁を形成しているそうです。この断崖は700mもなさそうですが。

Cala Lunaは洞窟、沼、断崖絶壁もあってかなり野性的なビーチですね。

070807 Cala-Luna19

人も少なく、大変キレイで素晴らしいビーチでした。

 

 

 

 

070807 Cala-Luna21070807 Cala-Luna22

070807 Cala-Luna23

 

 

 

 

海中はこんな感じ。魚も結構いました。とてもキレイです。

本に書いてあったおすすめの遊びをやってみました。水中マスクをして、鼻を手でつまんで、海中で縦に1回転します。すると海水と空の青が交互に見えて大変きれいです!結構楽しいですよ!

 

070807 Cala-Luna24

もちろんここでもおにぎり!これは昆布のおにぎりです。私はパリパリ海苔が好きなので、食べる直前に海苔を巻くことにしてます。

 

 

 

070807 Cala-Luna25

さきほど遠くから見えた洞窟です。奥はすぐに行き止まりですね。壁にはたくさん落書きがありました

 

 

 

070807 Cala-Luna26

いやあ、素晴らしいビーチでした。今度ミラノのレストランCala Lunaに行くときは写真を持っていこうと思ってます。

 

Cala Luna、おすすめです!!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2007年08月06日

高級リゾート、Costa Smeralda(コスタ・スメラルダ)

Sardegna-Smeraldaサルデーニャ島の北東、写真の赤枠辺りはCosta Smeralda(コスタ・スメラルダ)という高級リゾートです。

ダイアナ(元)妃が事故の直前までバカンスで過ごしたのがここコスタ・スメラルダです。

ベリルスコーニ元首相の別荘も数軒あるようで、世界中のセレブが集まるところです。

 

ではいつからこのように世界中のお金持ちが集まるようになったのでしょうか?

1962年、大型ヨットでサルデーニャ北部を周遊していたアラブ王子のアーガ・ハーン四世はこの場所に目をつけ、世界のVIP向きの高級リゾートとして数兆円をかけて開発をしました。マリーナ、ゴルフコース、ショッピングセンター、高級ホテル、コンドミニアムなどの大型巨大施設が建設され、これらは今でもリゾート開発の模範例として世界中から賞賛されています。アーガ・ハーンはコスタ・スメラルダの自然を守るために著名建築家、デザイナー、生態系学者などを総動員しました。彼は原産の自然素材と伝統意匠を生かして、この土地の個性的風景を可能な限り留める路線を選択し、この地域に密集する特有の潅木、赤茶の花崗岩、紺碧の色を放つ入り江などを保護しつつ、コスタ・スメラルダを高級リゾートにしました。すごい、発想が素晴らしいですよね。

私はこのことを本で読んでいたので、コスタ・スメラルダがどのような街になっているのか、大変興味がありました。実際に見てみましょう。

070806 smeralda1070806 smeralda2

丘の上からの眺めです。スメラルダ(=エメラルド)と呼ばれているのは海の色からでしょう。高級ヨットが多数海に浮かんでいます。

 

 

070806 smeralda3070806 smeralda4

Porto Cervo(ポルト・チェルボ)の街中です。

 

 

 

070806 smeralda5070806 smeralda6

なるほど、自然を生かしているのがよく分かりますね。右の写真の看板にはビデオカメラがあります、という意味のことがかかれています。この看板は街中にあり、監視カメラが至る所にありました。

 

 

070806 smeralda7070806 smeralda8

Porto Cervoの中心のショッピング街に来ました。一見すると地味な感じですが、高級ブランド店がたくさんありました。

 

 

070806 smeralda9070806 smeralda10

070806 smeralda11

 

 

 

 

 

070806 smeralda12自然と調和したショッピング街、バーバリー、エルメスなどがありました。

 

 

 

070806 smeralda13

070806 smeralda15

070806 smeralda19

 

 

 

 

 

070806 smeralda14

070806 smeralda16

ブルガリ、プラダ、ヴィトン、ヴェルサーチなど多数のブランドが!でも目立たないように地味に店を作っています。ミラノとはだいぶ違います。

 

 

 

070806 smeralda17

070806 smeralda20

070806 smeralda21

 

 

 

 

広場に下りて来ました。カフェもレストランも自然に調和した店作りになっています。

070806 smeralda18

大型ヨット、クルーザーと中型船の棲み分けがよく出来ていて機能的にできています。見た目にもきれいです。

 

うーん、歩いているとアーガ・ハーン四世の想いが伝わってきます。自然と調和した素晴らしいリゾートになっていました。

歩いてみると他にもいろいろと発見があると思います。自然を生かした高級リゾートのコスタ・スメラルダ、是非どうぞ!!



shiroyuki11 at 00:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)