イタリア語

2008年07月31日

以前のネタをもう一度〜気になるイタリア語その6、「悪い言葉」

ごめんなさい。忙しくて更新できません。。。。

イタリア語の学校では決して教えてくれないけど、イタリア人たちが一番良く使う「悪い言葉」を集めたものです。

気になるイタリア語その6、「悪い言葉」

自分に言われていることがあるので、知っておくとよいでしょう。でもあんまり使わないように!



shiroyuki11 at 00:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年03月20日

気になるイタリア語その8、私がよく使うイタリア語

私はイタリアに2年半も住んでいますが未だにイタリア語を話すことが出来ません

でも私なりに単語、単語は使っています。挨拶やお礼などの単語を除いて最も私がよく使う言葉を紹介します。

その1:Occasione(オッカジオーネ)

私が一番よく使うイタリア語の単語はOccasione(オッカジオーネ)という言葉です。英語で言えばOccasion(オケージョン)。意味はいろいろとあるのですが、私は「チャンス」という意味でよく使っています。

バーゲンで安くなっていたとき、誰かがドルチェを買ってきてくれたとき、今度の週末が3連休だとわかったとき、・・・・など様々なケースで「オッカジオーネ!」と言うとイタリア人たちは大体分かってくれます。 あまりにもよく使うので笑われることもあるのですが、幼児が覚えたばかりの単語を頻繁に使うような感じですね。

今度の月曜日はイースターで休み、3連休になるので、これはかなりのオッカジオーネです!

 

その2:Peccato(ペッカート)

これは日本にいたとき、NHKのイタリア語講座でよく使われていた単語です。番組内では「残念」という意味でペッカートがよく使われていました。実際に辞書をひくと、「(神のおきてにそむく)罪」とあります。おそらく日本語の残念とは微妙に意味が違うらしく、サッカーで負けた次の日に「ペッカート」というと笑われることもあります。でもまあほぼ「残念」という意味で使えるみたいなので私はよく使っていますね。

Occasione(オッカジオーネ)=チャンス!

Peccato(ペッカート)=残念!

この2つは逆の意味なので、いろいろなケースで使えて便利ですよ。よかったら皆さんも使ってみてください。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2008年02月03日

気になるイタリア語その7、日本語と似ている言葉

イタリア語を少しずつ勉強していると、日本語と同じ単語、同じ意味のものがあったり、よく似ている単語、文章があったりします。
私が気づいたものを挙げてみます。

tanto(タント)
Tantoは、まさに日本語と同じ発音、同じ意味をもつイタリア語です。
Tantoの意味は「たくさん、いっぱい」です。
日本語では「タント召し上がれ」と言うと、「たくさん食べてください」という意味になります。日本語とイタリア語で音も同じ、意味も同じというのはこの単語だけではないでしょうか!!

non ce problema(ノン・チェ・プロブレーマ)
non ce problemaは英語で言うと「No problem(ノー・プロブレム)」=問題ない。土佐弁の「なんちゃないき」に初めの部分の音が似ています。そして意味は同じ!ちょっと強引かな。

nanna(ナンナ)
nonna(ノンナ)は「おばあちゃん」ですが、nanna(ナンナ)は「寝るの赤ちゃん言葉」です。赤ちゃんや小さい子供に対して寝なさいと言うときなどにnannaを使うそうです。
これって日本語の「寝んね=nenne」に似てませんか?「寝んね」は日本語で「寝るの赤ちゃん言葉」ですよね。早く寝んねしなさい、など。びっくり!nannaとnenneそっくりじゃないですか!!非常に興味深いですね。

反対に同じ発音なのに意味が逆というものを見つけました。
sbagliare(ズバリアーレ)
sbagliareは「間違える」という意味で、普通は過去形「Ho sbagliato(オ・ズバリアート)」として「間違えた!」という意味で使います。単にsbagliato(ズバリアート)と言うことが多いです。
私はこのズバリアートを始めて聞いて意味を知ったとき驚きました。日本語では「ズバリ」は、「まさに、正しい」という意味なので、間逆の意味になるからです。イタリア人同僚達に話すと、それは興味深いねとみんな感心してました。

他にも日本語と同じ発音で同じ意味、または逆の意味の単語などあったら教えてください!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)

2008年01月23日

気になるイタリア語その6、発音の面白いイタリア語

久しぶりの気になるイタリア語シリーズ!

過去の記事はここです。

去年春から、一応イタリア語を勉強し始めました。2週間に1回先生がうちのオフィスに来て90分の授業をします。はじめは毎週の予定が仕事が忙しくていつも延期、延期、、、、なので2週に一度となりました。さらにそれも延期することもあって、月に一度ということもあります。そんな感じなので授業ごとに忘れてしまってあまり上達してません。。。もっとがんばらないと!

私のイタリア語のレベルはまだかなり低く、普通のクラスなら一番下のクラスのはず。こんな私ですが、イタリア語を聞いていて「面白い発音だなあ」と思うことがよくあり、授業中に笑ってしまうこともあります。

イタリア語は「ぱぴぷぺぽ」、「ちゃ、ちぃ、ちゅ、ちぇ、ちょ」、「じゃ、じ、じゅ、じぇ、じょ」などの音が非常に多く、そのためおもしろく聞こえてしまうのではないか、と考えます。

私が感じた「発音の面白いイタリア語」をいくつか集めてみました。

名詞:
ufficio(ウッフィーチョ)=Office、仕事場
parcheggio(パルケッジョ)=Parking、駐車場
pomeriggio(ポメリッジョ)=Afternoon、午後
cappuccino(カップッチーノ)=カプチーノ
pecorino(ペコリーノ)


他にもたくさんありますがこの辺で。私が一番好きなのは「ウッフィーチョ」です。ウッフィー!って今どきギャグ漫画でも言いませんよ!最後は「チョ」というのも笑える。
最初「Vado in Ufficio(バド・イン・ウッフィーチョ)」=私は会社へ行きます、と聞いたときビックリしました。ウッフィーチョって!絶対仕事する気無いよ。

カップッチーノは日本でも有名ですが、縮めて「カップーチョ」ということがよくあります。BarのおじさんがUn Cappuccio(ウン・カップーチョ)?と聞いてくるときがあって、かわいいなあと思ってしまいました。カップーチョって。。。


形容詞:
Pochino(ポキーノ)=ほんの少し。最上級は「pochissimo(ポキッシモ)」
Poco(ポーコ)=少しの
Piccolo(ピッコロ)=小さい

他にもたくさんあるのですが、ポキーノ、ピッコロ、などとても可愛らしい音ですよね。ジェラート買うときとか、おじさんが「ピッコロ?」とか聞いてくるので楽しいです。
イタリアでも「ドラゴンボール」が大人気ですが、ピッコロ大魔王はそのまま同じ名前なのでしょうか?・・・小大魔王?ピッコロ(小さい)のか?「大」魔王なのかわけわかんないですよ。あんまり怖くなさそう。

接続詞、その他:
Pero(ペロー)=But、しかし
Cioe(チョエ)=that is 、つまり、すなわち
Perche(ペルケ)=Why、なぜ、なぜなら
Ma(マ)=But、しかし
Ho capito(オ・カピート) =分かりました

私が好きな接続語です。「ペロー」はよく使います。よくイタリア人たちはペロー、ぺロー言っているので最初はギャグなのか?と思っていました。ペローって。。。
「チョエ」は、つまりという意味なのでまじめな時に出てきます。TVで政治番組をやっていて、まじめな顔で「チョエー」と言っているので笑ってしまいました。チョエーって。。。ペルケ、もよく使います。音が可愛らしいですよね。マは、しかしという意味なので「マッ」という感じで一度ここで切り、そこから話し出します。マッって最初はおどいているかと思いました。
Ho Capitoは文章です。Capireの過去形、Capito(カピート)を使っています。イタリア人たちは、「オカピート」をよく使います。初め聞いたときは、「オカピー」って、誰かのあだ名?と思ってしまいました。

このように挙げてみると、私はぱぴぷぺぽの音がおもしろく聞こえてしまうのかもしれないです。

では、私の好きな単語を並べてみましょう。
ウッフィーチョ、ペロー、チョエー、ペルケ、オカピート!
なんか面白くないですか?でもイタリア語を話せる日本人たちに聞いても「そうかな?」という反応でした。きっと普通に話せると面白くなくなってしまうのかもしれませんね。


番外編、アルファベットの「W」
アルファベットのWはイタリア語では「ブー」と発音します。このブーがまた面白い!
ドイツ車のBMWは「ビー・エム・ブー」と言います。ビーエムブーって!ブーって!一気にかっこよさが消えてしまうくらいの呼び名。例えば日本で「俺ビーエムブーに乗ってんだ」と言ったら笑われそうですよ。ブーって。

もっと面白いのが、Webアドレスの紹介の時。日本でもテレビやラジオでインターネットのアドレスを紹介する時とかありますよね。イタリアでもよくあります。
http://www.yahoo.it
このとき、WWWをブブブーというんです。ブブブーです!赤ちゃん言葉ですよ。かわいすぎ・・・

日本でも「高木ブー」など、ブーは面白い発音ですよね。

番外編:トスカーナの街「poggibonsi」
poggibonsiは、ポッジボンジと読みます。トスカーナ州にある町の名前。
去年4月に車でトスカーナ巡りをしたのですが、たまたまポッジボンジを通った時、衝撃を受けました。「ポッジボンジ」ですよ!声を出して読んでみましょう!ポッジボンジ、ポッジボンジ、ポッジボンジ・・・・フルーツポンチみたい、かわいすぎっ!abito a poggibonsi(アビト・ア・ポッジボンジ=私はポッジボンジに住んでいます)なんて言われたら爆笑してしまいそうです。かわいいなあポッジボンジ。

いやあイタリア語は奥が深い。
みなさんもきっと面白いなあ、変だなあと思うイタリア語があると思うので教えてください。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(17)TrackBack(0)

2007年11月30日

イタリア語で誕生日、COMPLEANNO(コンプレアンノ)

突然ですがイタリア語で、「誕生日おめでとう」は何て言うか知ってますか(→日本のみなさんへ)。

誕生日おめでとう!=Buon Compleanno(ブォン・コンプレアンノ)、またはAuguri(アウグーリ)

誕生日=Compleanno(コンプレアンノ)です。

anno(アンノ)は「年」という意味です。Compleは何だろう。。。。だれか知っている方教えてください。

イタリアを始めヨーロッパでは誕生日には、誕生日を迎えた人がみんなにプレゼント(お菓子など)を振舞わなければなりません。幸せを分けてあげるという考え方ですね。

ミラノに来た当初、すぐに誕生日が来たので同僚たちに言うと、おめでとう!じゃあなんか持ってこないとと言われ、次の日ケーキを持ってきました。日本的には「何かもらえる」と思っていたので初めは驚きました。

でも少しずつ意味が分かってきました。実際、オフィスに来てテーブルにケーキが置いてあるなあと思ってみていると、誰かが来て、「今日は●●さんの誕生日だよ」と言って1つ取ってその人の所に行き、「誕生日おめでとう!おいしいよこれ」と言います。分かりやすくていいですよね。

日本でおなじみの誕生日の歌は英語で歌いますが、イタリアではイタリア語で歌います。

Tanti auguri a te〜(タンティ アウグリ ア テ)
Tanti auguri a te〜
Tanti auguri ●●さん
Tanti auguri a te〜

Tanti=とても、Auguri=おめでとう、a=〜に、te=あなた

英語のHappy birthday to youとほぼ同じですね。

今年話題になったドラマ「バンビーノ」の中にも出てきました↓。

クリック。

というわけでブォン・コンプレアンノ

タンティ・アウグリ・ア・テ!!

 

anime_charhan01

人気blogランキングへ←ポチっと押してみよう(ミラノ駐在ブログ)

shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2007年11月13日

気になるイタリア語その6、「悪い言葉」

イタリア人は口が悪い。くそ、とか、ちきしょう、のような言葉が無数にあります。でも最近分かってきましたが、言葉は悪いですが、根に持たず、それほど悪意はなさそう。

今日は代表的なイタリア語の悪い言葉を紹介します。イタリア語を知っている人から見ると、なんでこんな汚い言葉をネットで書くのか?知らなくてもいいのに、と思うかもしれませんが、街中とかで自分に言われていることもあるし、イタリア語学学校では教えないので大真面目であえて書きます。

まず日本語で言う「くそ」、「ちくしょう」としては以下の単語が代表的です。

cazzo(カッツォ)=くそ、ちくしょう、陰茎
cacca(カッカ)=くそ、人糞、大便
merda(メルダ)=くそ、大便
bastardo(バスタード)=ちくしょう、私生児の

カッカは発音に注意してください。カッカと撥音便になります。ACミランのKaka(カカ)は「カカー」と後のKaにアクセントが来て区別しています。サンシーロスタジアムのキャラクターグッズ売り場で、Kakaのタオルが売っているのですがなぜか、「Kakao(カカオ)」となっています。さすがにタオルにカカと書いてあると気分が悪いのかもしれないですね。私がびっくりしたのがMerda(メルダ)。よくみんなが「メールダ」と言います。エメラルドとかイメルダ婦人とか音としては奇麗な響きなのに意味は大便、くそ!初めて意味を聞いたときは驚きました。同僚に宝石の名前のように奇麗な音だねと言うとかなり笑われました

そして、中でも最上級の「くそ」は、

vaffanculo(バッファンクーロ)です。辞書で調べると、「(強烈な批判、嫌悪感を表して)バカやろう、くそったれ」とあります。音の響きとしてはなんかかっこいい。ドイツの伯爵のような名前、バッファンクーロ伯爵などいそう。ベッケンバウアーみたい。でも意味はものすごく悪いので注意してください。


次は「このブタ●●野郎!!」シリーズ。

ブタはイタリア語でporca(ポルカ)と言います。このポルカの後に名詞をつけると、ブタ●●野郎!となり、かなり応用範囲が広く、よく使われます。

よく使われるのが以下の単語。

porca puttana(ポルカ・プッターナ)
porca troia(ポルカ・トロイア)
porca Miseria(ポルカ・ミゼリア)

puttana、troiaはいずれも売春婦と言う意味。よって、porca puttana、porca troiaは直訳すると「このブタ売春婦野郎」となります。もし日本語で言われたらかなり落ち込みそう意味としてはかなり強烈にちくしょう!ということになります。miseriaは極貧、惨めさ、けちなどの意味があり、porca Miseriaも、こんちくしょうのような意味となります。

去年Wカップ決勝、イタリアVSフランスの時、マテラッツィがジダンに「porca puttana!!」と言って、ジダンが彼に頭突きをしたことで有名です。

うちの同僚達もよくporca puttanaは使ってますね。ルカ・プッターナとそれぞれ頭にアクセントがきます。


そして、最も頻繁に使い、最も悪い言葉が、

Minchia(ミンキャ)=ちくしょう、陰茎

です。イタリア語の中で最上級に悪い言葉ですが、非常によく使います。私はイタリアに来て初めに覚えた単語は、チャオ、ブォーノ、グラッツェ、ボンジョルノ。次にこのミンキャを覚えました。それくらいよく使います。この単語はシチリアの方言ですが、ほぼイタリア中で通じます。

ミーンキャと伸ばして使うときもあれば、ミンキャ、ミンキャ、ミンキャ、ミンキャと連続して言うこともあります。

このミンキャは、相手に対して使うよりも、問題が起こったときに独り言のように使うことが多いように思います。

パソコンがフリーズした時。忘れ物をして取りに行くとき。トラブル発生時などなど。

イタリア人に他にも悪い言葉を教えてと言うと、

「う〜ん、あと100個くらいはあるから無理だよ」といわれてビックリ!どんだけ〜、ですよ。

イタリア語は奥が深いです。

 

anime_charhan01

人気blogランキングへ←ポチっと押してみよう(ミラノ駐在ブログ)

shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2007年06月09日

気になるイタリア語その5、日本で見かけるイタリア語

まずはここをクリックしてみてください。

いきなりマドンナが出てきて何だ?と思いましたがよく見てみると新築マンションの広告でした。。。。

マドンナを宣伝に使ってオシャレさをアピールしているようですね。でもこのマンションにはマドンナの宣伝費も含まれているわけで、余計に高くなりますよね。。。ただでさえ高そうなマンションなのに・・・・

場所はお台場の有明!!33階建ての超高層マンション、いやあビックリです。

で、ちょっとこのマンションの名前を見てみてください。「ブリリア・マーレ有明」→Brillia Mare有明です。なんとイタリア語を使ってますねー。

Brillia=輝く
Mare=海

お台場なので海をイメージしたのでしょう。アメリカ人のマドンナとイタリア語を合わせた意図は全くわかりませんが。。。。伊藤忠さん大丈夫??・・・

私が子供の頃(もちろん日本で)は外来語といえば英語で、商品に英単語をつかうとオシャレでよく使われておりました。しかし最近では、英語だと意味が分かってしまってあまりオシャレな感じがしないようです。なので他の国の言語がよく使われている気がします。

ブリリア・マーレなんてほとんどの人には意味が分かりませんが、なんとなく響きがきれい!オシャレ!と思うので選ばれたのではないでしょうか。

というわけで、今日は日本でよく見かけるイタリア語、イタリア単語を挙げてみようと思います。

日本には意外とイタリア語を使った物がたくさんあります!


まずはレストラン系です。

名称→意味

●レストラン、店
・Pronto(プロント;喫茶店)→準備、支度のできた、機敏に、(電話で)もしもし
・Grazie garden(グラッツィエ・ガーデン;ファミレス) →Grazie=ありがとう
・Casa(カーザ;ファミレス)→家
・Papageno(パパゲーノ;ファミレス)→オペラの名前?
・Capricciosa(カプリチョーザ;ファミレス)→きまぐれ、わがまま
・Parco(パルコ;デパート)→公園
・Carne station(カルネ・ステーション;肉のはなまさ)→Carne=肉
チネチッタ川崎=Cinema(チネーマ:映画)+Citta(チッタ;街)を合わせたもの
ラゾーナ川崎=スペイン語の「Lazo(絆)」と「Zona」=「Zone(地域)」を結びつけた造語

ちなみに「サイゼリア」にあるミラノ風ドリア、私は好きでよく食べてました。。。でもミラノ風ドリアなんてミラノにありませんから!!大体ドリアって何語だ?イタリア語じゃないと思いますが。

次は車と雑誌です。車や雑誌の名前にもよくイタリア語が使われております。

●車
・Corsa(コルサ)→走る
・Cappucino(カプチーノ)→コーヒー
・Carina(カリーナ)→かわいい
・Domani(ドマーニ)→明日

●雑誌
・Oggi(オッジ)→今日
・Lei(レイ)→彼女(フランス語もそうかな)
・Buono(ブォーノ)→おいしい

次は食べ物系。これは以前からおなじみ。カタカナで書きますね。

●食べ物
スペゲッティ、ラザーニャ、ピッツァ
ジェラート、ティラミス、パンナコッタ、
モッツェレラ、ゴルゴンゾーラ、パルメジャン
カプチーノ、エスプレッソ

最後にイタリア語自体が日本語として使われているものです。

・Totocalcio(トトカルチョ)→サッカーくじ
・bravo(ブラボー)→素晴らしい
・viva(ビバ)→万歳
・白金ーゼ(シロガネーゼ)→白金に住んでいる人

ドレミファソラシド、音楽用語もイタリア語です。ese(エーゼ)をつけると〜風、〜人となります。Milanoに住む人はMilanese、ミラネーゼといいます。ただし、生まれも育ちもミラノでないとミラネーゼと言ってはいけないそうです。

以上、最近ではたくさんのイタリア語が日本で使われています。探してみるともっとあると思いますよ!

↓↓他にもあったら教えてね。クリックよろしく!
人気blogランキングへ 

shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2007年05月04日

気になるイタリア語その4、rete(レテ)

イタリアのテレビでサッカーを見ていてゴールを決めたとき、アナウンサーは連呼してこう叫びます。

「レテ、レテ、レテ、レテ!!」

その様子をご覧ください。

rete

rete2

レテって何?辞書で調べてみると出てましたよ。

RETE(レテ)=(サッカーの)ゴール、得点。

他にも「網」という意味があるようですが、「サッカーのゴール」、という単語があること自体びっくりしました。アナウンサーは「ゴール、ゴール!!」と叫んでいたわけですね。納得!すっきり!

いやあイタリア語は奥が深いなあ。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2007年04月05日

イタリア語の勉強を始めました

先週からイタリア語レッスンが始まりました。これから毎週1回90分、20回くらい行う予定です。

実は来月中旬から日本人上司2人が帰国するため、なんと私一人になります。人件費削減のためです。3年位前までは日本人8人くらいもいたのに・・・来月からはイタリア人20人に対して私一人・・・・さらに激務になるでしょう。。。。

今まで一年半、英語と日本語のみでやってきましたが、英語だけだととてもつらい!どの辺がつらいかというと・・・

イタリア人はあまり英語で話すことが好きでない、得意でない人がおおいです。お客さんとの打ち合わせ、Meetingの時、初めは私もいるので英語で始まります。20分くらいすると、「ごめんうまく伝えられないのでイタリア語にさせて!!」と言って突然イタリア語のMeetingに変わります。

その後は・・・・1時間以上ずっとイタリア語オンリー。最後に、でお前はどう思う?と聞かれます。わかるわけ無いじゃん!!

今まではイタリア人同僚にMeeting後に英語で説明してもらっていました。この状況を会社に説明し、これからは一人になりイタリア語が必要だからということでイタリア語レッスンを補助してくれることになりました。

最初の授業の時、先生とまずは自己紹介などをしました。私は2005年9月にミラノに来ました、というと先生はビックリ!

今までどうやってコミュニケーション取ってたのと聞かれ、英語のみですよ、と答えると驚いてました。実際街中では英語はあまり通じません。なので先生は驚いたのでしょう。でも日本の方が英語通じないと思いますが。。。。

というわけでとにかく頑張ります(まずは動詞の変化から)!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年02月23日

気になるイタリア語その3、ricarica(リカリカ)

イタリアでは、プリペイド式の携帯電話が一般的です。

なので、残額がゼロになると通話料金をチャージしなくてはなりません。イタリア語で、料金をチャージすることを「Ricaricare(リカリカーレ)」と言います。名詞はRicarica(リカリカ)

070130-Ricarica

リカリカは携帯電話の店に行って行うか、写真のように自販機で買うことができます。左の写真にRICARICAと書いてあるのが分かると思います。

初めて聞いたときは造語か短縮語なのかと思ってしまいましたが、ちゃんとした名詞の単語です。

イタリア人達は「ああそろそろリカリカしないと」というように言います。

私は「リカリカ」という単語が可愛らしくてかなり気に入りました。面白いですよね。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年02月08日

気になるイタリア語その2、-ria(〜リア)

イタリア語で●●やさん、というとき語尾にriaをつけます。

日本でもおなじみなものとしては、Pizzeria(ピッツェリア=ピザ屋)、Gelatoria(ジェラトリア=ジェラート屋)、Trattoria(トラットリア=大衆レストラン)、carrozzeria(カロッツェリア=車の修理屋)などです。

他にもたくさんあって、Libreria(リブレリア=本屋)、Pasticceria(パスティチェリア=ケーキ屋)、Spaghetteria(スパゲッテリア=スパゲティ屋)、Latteria(ラテリア=牛乳屋)・・・・などなどです。riaを語尾につければなんでも●●やさんになるようです。

店の看板に書かれているので、イタリアに来た時に注意して見てみると面白いと思います。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年01月15日

気になるイタリア語その1、bravo(ブラボー)

私はほとんどイタリア語を話せませんが、単語は少し分かります。気になるイタリア語を少しずつ紹介していこうと思います。

bravo(ブラボー);(能力、才能など)優れた、優秀な [形容詞]

日本でもなじみのあるイタリア語ですね。コンサートなどで「ブラボー」と言って拍手したりしますよね。イタリア語では形容詞として普通に使われます。

bravo medico(ブラボー メディコ)=優秀な医師

という感じです。先日、最近の日本のドラマ「のだめカンタービレ」を見ました。イタリア人同僚にも少し見せました。コンサート会場でのだめちゃんに向かってbravo(ブラボー)というのを見て、イタリア人は「この子は男なのか?」と聞いてきました。

なぜかというと、イタリア語には男性名詞、女性名詞があり、形容詞も変化するのです。以下のようになります。

男の人1人に対しては「bravo(ブラボー)」

女の人1人に対しては「brava(ブラバー)」

複数の人に対しては「bravi(ブラビー)」

つまり、のだめちゃんに対しては「brava(ブラバー)」と言わなくてはならないのです。オーケストラ全体に対して素晴らしいというときは「bravi(ブラビー)」と言います。

まあでも「bravo(ブラボー)」は国際語として英語圏でもそのまま通じるようなので、外来語として使えば「bravo(ブラボー)」でもいいみたいです。

ちなみに、ものすごく素晴らしい、優秀なというときは、「bravissimo、またはbravissima(ブラビッシモ、ブラビッシマ)」と言います。サッカーを見ていてよく解説者が言ってますね。

語尾にssimo(ッシモ)をつけると強調されます。音楽やっている人は分かると思いますが、forto(フォルト=強く) , fortissimo(フォルティッシモ=さらに強く)などでおなじみです。

日本でコンサート終わったあと、ブラビーと言ったら周りの人にはちょっと変に聞こえるかもしれませんね。。。。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月15日

イタリア語で子供はBimbo

以前の記事「イタリアでは漢字が流行ってます〜その2(2006年6月29日)」の続報です。

イタリア語で男の子のことを「Banbino(バンビーノ)」、女の子は「Banbina(バンビーナ)」といいます。

でももうひとつ言い方があって「Bimbo(ビンボ)」=子供、といいます。

6月29日の記事で、イタリア人の子供が「貧乏人」と大きく書かれたTシャツを着ていたと書きました。これはおそらく、Bimbo→ビンボ→貧乏、となって子供に着せたのだと思います。音はBimbo=貧乏で合ってますが、意味が全然合ってないのに。。。。。。おそらく知り合いの日本人とかに漢字を教えてもらい、そのまま作ったのだと思います。

今日もきっと「貧乏人」Tシャツを着ているんだろうなあ・・・・



shiroyuki11 at 00:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月13日

ダジャレを言うイタリア人

「すべらない話」を1つ書きます。

これは、今年の夏にメルカート(青空市場)に行った時の話しです。

メルカートの八百屋でおじさんがダジャレを言ってました。

野菜を買ってお釣りが5ユーロでした。「5」はイタリア語では「チンクエ」といいます。普通だと「5ユーロ(チンクエ・エウロ)」と言うはずなのですが、このときおじさんは、

「5000ユーロ(チンクエ・ミッラ・エウロ)!!」

といってニヤっと笑いながら5ユーロを私にくれました。これはもしかして、日本の八百屋のおじさんが、

「はいお釣り500万円!!」というのと一緒ではないでしょうか

イタリア人も日本人と似たようなダジャレを言うんだなあと感心してしまいました



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年08月31日

スパゲッティ プッタネスカの語源

みなさん、スパゲティ・プッタネスカを食べたことがありますか?

060831-puttanescaイタリア語では、スパゲティ・アッラ・プッタネスカ (Spaghetti alla Puttanesca)といいます。

意味は「娼婦のパスタ」。左の写真のようにトマトベースでピリ辛のパスタです。


これはナポリの名物パスタですが、もちろんミラノでもメジャーです。

ウィキペディア百科事典によると、娼婦は昼ごはん時にも忙しく、海のものも畑のものごった混ぜにして、バスタにして食べたというお話に由来しているそうです。
アンチョビなど小魚に、トマト、ケッパー、オリーブ、赤唐辛子、黒コショウなどで味付けしてます。

イタリア語で娼婦、売春婦のことを「puttana(プッターナ)」といいます。娼婦風ということでalla Puttanescaとなるわけです。イタリア人はこのputtanaという単語をよく使います。

最近の有名な出来事では、ワールドカップ決勝でジダンがマテラッツィに頭突きして退場になったことがありましたよね。このとき、マテラッツィはジダンに向かってputtana(プッターナ)と言ったといわれております。お母さんかお姉さんの悪口を言ったようです。

あと有名な熟語で「porca puttana(ポルカ・プッターナ)」というのがあります。porcaは雌豚という意味でこの単語自体あまりいい意味ではありません。ポルカ・プッターナは直訳すれば「メス豚・売春婦」となり、かなり強めの悪口です。相手をののしったり、チクショウ!という独り言でいいます。ポルカのポ、プッターナのプにかなり強めのアクセントをつけて言います

ポルカは悪口にはよく使われます。ポルカ・***という熟語が無数にあります。同僚に何個くらいあるの?と聞くと、100以上はあると言ってました。ポルカ・プッターナは同僚も毎日言っているので、私は毎日必ず聞いてます

PCがフリーズした時、お客からクレームの電話がきて切った後、装置がエラーを出してはまったときなど・・・いつもポルカ・プッターナ!!です。

悪い言葉については、みなさんがイタリア旅行中、自分に言われているときもあるので参考までに今度まとめて載せようと思ってます。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)