2012年01月23日

イタリア豪華客船事故、続報

毎日新たな情報が出てくるこの事故。日本でも大きな話題になっていますが、イタリアではもっと大きなニュースとなっています。

乗客を置き去りにして逃げた船長、事故後に同僚のモルドバ人女性ドムニカさんと二人で食事をして停電しても「ドルチェはまだか?」とデザートを待っていたそうです。。。ひどいです。

この船長、ジリオ島の友人に近くを通ると連絡していたなど、問題の行動がどんどん明るみになってきました。

この船長が管制塔から怒られているやり取りのニュース、日本でも字幕付きで報道されていましたが、その時のセリフがTシャツになったようです。
--------------
船長と沿岸警備隊の隊長との通話記録が明らかになったイタリアの豪華客船座礁事故。同国では、船長に「船に戻れ」と怒り口調で指示した隊長が、国の威信を守ったとして英雄視され、Tシャツの販売も始まった。

 【ビデオ】座礁船長を一喝、沿岸警備隊長がイタリアで英雄に(字幕・19日)

 グレゴリオ・デファルコ隊長(48)は事故直後、フランチェスコ・スケッティーノ船長(52)に「よく聞け、スケッティーノ。自分は助かったと思っているだろうが、このままでは済まないぞ。早く船に戻れ」などと叱責(しっせき)した。
 
隊長はイタリア語のスラングで、強調語としても使われる「cazzo(男性器の意味)」という言葉を使い、船長に船に戻るように迫った。その「Vada a bordo, cazzo(船に戻れ、ばか野郎)」のフレーズがプリントされたTシャツの販売が18日までに始まった。
 
伊紙コリエレ・デラ・セラは「ありがとう、隊長」との見出しを用い、「2人の男の2つのストーリー。1人(船長)はわれわれに恥をかかせ、もう1人(隊長)は名誉を回復してくれた。われわれの国にはあなたのような人が必要だ」と隊長をたたえた。
 
ツイッターやフェイスブックなどにも、隊長を称賛するメッセージが続々と寄せられている。ソフィア・ロサダさんは、ツイッターに「デファルコのような男が国を引っ張るべきだ。でも、今はスケッティーノのような男があふれている」とコメント。
 
少年のサルバトーレ・ガルジッロ君は「今度、大人になったら誰になりたいかと聞かれたら、デファルコ隊長のようになりたいと答える」とツイッターに書き込んだ。
 
当のデファルコ隊長自身は記者団に対し、「私はヒーローではない」と語っている。
---------------

まあ確かに船長は戻ってないですし、大きなことは達成してないのでヒーローは言いすぎですね。
彼をヒーローと思っているのはイタリア人だけだと思います。

数日前のニュースでは、大量の燃料流出の恐れがあるということで心配です。この辺りはサルデーニャ島のすぐ東の海で、抜群にきれいな海です。なんとか燃料流出は防いでほしいです。

別の記事では、島に近寄ったのは今回が初めてではなく、何度かあった、ということで、安全性の確保が以前からできていなかったこと、危機管理不足が問題です。

今回の事故、問題となっているのは以下の2点です。
〕Э佑里燭瓩棒擬哀襦璽箸任呂覆ぁ島の近くにまで寄って行った
∋故後の人命救助をしなかった


この事故、10年前のハワイ近くで起きた、「えひめ丸事件」に似ています。
潜水艦に民間人を乗せ、その対応のため安全を確保しないまま浮上して愛媛県立宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」に衝突して、教員5人、生徒4人が亡くなった事故です。
事故後、人命救助をしなかったのも、今回のイタリア豪華客船事故に似ています。
このアメリカの潜水艦船長は司法取引で事実を述べたことによって罪に問われることはありませんでした。納得いかないですが。。。

今回のイタリア豪華客船事故は裁判できちんと裁いていただきたいです。でもきっとそれほど重い罪にはならないのでしょう。。。。



人気blogランキングへ←ポチっと押してくれると嬉しいな!留学生も長期滞在者もよろしく!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Tomo   2012年01月24日 06:57
 う〜ん本当に重い罪にはならないんでしょうね・・・イタリア人は責任の所在をはっきりさせるのが、嫌いだと聞いたことがあります。リナーテのときも、友人の知人 (イタリア人) も
 "だって、あれは、霧が濃い日だったんだからしかたなかったのよ。誰のせいでもないわ。”といっていたそうです・・・。
 誰のせいでもない事故って? 
 そんななあなあ、な・・・・
 イタリア人よ目を覚ませ!
2. Posted by とむりん   2012年01月26日 18:18
国というか国民性の違いなのかな。

日本だったら規定外の航路航行はあり得ないです。

航路違反だと絶対に罰せられますよ。

この大型客船保険に入っていなかったのかな。

入っていたとしても航路違反だと保険金が出るかが問題ですね。

あとは重油の流出。

これは暫く処理が大変です。

それを税金で賄うとしたら国は大変ですね。

人の命を預かる仕事をしているのに他人より自分の命が大事って…。

イタリアの人はそんな人が多いの?悲しいなぁ。

日本ならあり得ない船長の対応だな。と思いました。

3. Posted by シロユキ   2012年01月28日 05:40
とむりんさん
→今回は本当にひどい人災ですね。いつ終息するのでしょうか。悲しいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔