2010年05月15日

フランス料理とイタリア料理、その2

みなさん、こんにちは。

今日は以前書いた記事について再び書きたいと思います。

フランス料理とイタリア料理
http://blog.livedoor.jp/shiroyuki11/archives/51183515.html

これは2年以上前の記事ですね。この時はあまりイタリアンを食べていないときでした。それほどいいイタリアンレストランを知らず、そんな状態でフランス、ブルゴーニュ旅行に行き、フランス料理に感動してこのような記事を書いてしまいました。

その後、皆さんもご存じの通り、ミラノを始めイタリアでいろいろと食べ歩き、ブログで紹介しました。

今改めて書くと、主観ですが「イタリア料理の方がフランス料理より上!!」と感じてます。

理由はいろいろありますがイタリア料理のよいところは例えば以下のようなことが挙げられます。

1.オリーブオイルをベースにした食材そのものを活かした料理

2.パスタ、ピザ、リゾットなど粉もの、炭水化物料理

3.毎日食べても飽きない、がっつりしているけどあっさりした料理

フランス料理はソースなど非常に時間をかけ凝っていますが、バターたっぷり濃厚で、毎日食べたいとは思いません。あと決定的なのは上記2で、フランス料理にはパスタ、ピザ、リゾットなどの炭水化物の料理がほとんどありません(ドリアはありますが)。フレンチで炭水化物は基本的にはパンですよね。

イタリアンのパスタは長いものはカッペリーニ、スパゲッティ、リングイネ、フェットチーネ、ブカティーニ、タリアテッレ、短いものはペンネ、フジッリ、ファルファッレ、ラザニアなどなど。郷土特有のパスタを合わせると何十種類もありますよね。

それにピザ!薄生地のナポリピザ、厚くてフカフカのローマピザ、フォッカッチャなどなど。

イタリアのパスタやピザは奥が深い、そして最高です!

 

さらに書くと、上記の記事は2年前にブルゴーニュに行ったときに書いたものです。ブルゴーニュはフランスでもNO1と言ってよいほど美食の町!その後、ボルドー、アルザス、コートダジュールなどフランスの各地に行きましたが、ブルゴーニュほどおいしい街はありませんでした。

当時はイタリア料理をまだあまり食べていなかった、そしてフランス料理最高の町ブルゴーニュに行ってしまった、ということであのような記事を書いてしまいました。

今、イタリアン、フレンチをいろいろと食べた状態で改めて比べると、もう一度書きますが、イタリアンの方が上だな、と思ってます。

実際、東京の町を見てみると、イタリア料理店があふれていますが、フランス料理店はそれほど多くありません。これはイタリアンの方がフレンチよりも値段がリーズナブルというだけではないと思います。日本人はイタリアンの方が好きなのでしょう。

というわけで、前回の記事は訂正したいです!フレンチもよいですが、やっぱりイタリアンだなあ。



人気blogランキングへ←ポチっと押してくれると嬉しいな!留学生も長期滞在者もよろしく!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nananas   2010年05月16日 05:27
シロユキさん

お世話様です。
仰るとおり、イタリアンは世界を制覇している料理だと思います。どの国に行っても、イタリア料理ってあるでしょ?当時スッゴーーーい後進国のラオスにもイタリアンはありました。だって、作るの簡単ですもの。
ミラノにいったいフレンチと名乗るレストランは未だ存在するのかしら。。。数年前まではあった見ただけど。。。。
フレンチのソースは、素材の悪さを隠すために発展された技術だと思ってます。
イタリアの素材の豊富さ、野菜、魚、肉の美味しさは素晴らしいものだと思っています。
ですから、わざわざフレンチのようにソースに凝る必要が無かったんですね。。。。燦燦と照る太陽の下で育った野菜の味は濃いですし。
自宅で料理するのも
簡単+美味しいからいつもイタリアンが多くなってしまいますよね。。。
それを日本ですると、逆に素材が無いので大変な作業になってしまうのがミソ。
シロユキさんの訂正に賛成です!


2. Posted by titi   2010年05月16日 08:13
シロユキさま

お久しぶりです。
5/27〜29、NOBU tokyoで、ペルーフェアがあります。
ペルーから小西としろうさんとおっしゃる方と、もう一人ペルー人のシェフが来日されるようです。
13、000円のコラボレーションのコースなどが用意されているみたいです。
小西さんという方は、近年アジアの方にもお店をだされ、高い評価を受けているようなので、わたしはぜひ!と思っているのですが、ごいっしょにいかがですか?28、29であればうれしいです。
ご予定お聞かせください。
そして、6月末のあたりにも、どちらかごいっしょいたしませんか?
豆腐や鵜飼でもよいですよ。イタリア料理がよろしければ、それでも。いくつか心当たりはあります。

以前メールが届いていなかったようなので、こちらで。
3. Posted by ryuji_s1   2010年05月16日 08:30
イタリア料理 大好きです
日本人に会いますね

食材も似たものが一杯有り たのしめます、
ポチッと応援させて頂きました。
4. Posted by シロユキ   2010年05月16日 14:39
nananasさん
→コメントありがとうございます。
確かにミラノにはフレンチ、ほとんどないですよね。まあイタリア人がフレンチ食べない、というのも原因だとおもいますが。
ただフレンチですごいなあと思うのは、スープ料理!イタリアンは一応ミネストローネがありますが、普通レストランにはなく、スープ料理がありませんよね。Zuppa di pesceも実際スープじゃないし。コンソメスープ、濃厚なスープ、ブイヤベースなどスープ料理はフレンチの素晴らしいところですよね。トータルだとやっぱりイタリアンだなあ。
最近ミラノでおススメのレストランはどこですか?
今年の冬あたりにミラノに行きたいので是非一緒に行きましょう!
5. Posted by シロユキ   2010年05月16日 14:47
titiさん
→情報どうもありがとうございます!
今ミラノですか?東京ですか?
NobuTokyoじゃなくてもいいですけど、東京で会いたいですね。
カンテサンス行きませんか?

ryuji_s1さん
→いつもコメントありがとうございます!
あと、ぽちもありがとうございます。
相互リンク、まだしてませんでした。
今日、リンクしておきますね。
どうもありがとうございました。
6. Posted by ヨーロッパ駐在員   2010年05月17日 13:00
4 イタリアンとフレンチ難しいですね。“私には序列は付けれません”というのが結論です。どんなレストランでどんな経験をしたかで左右されちゃいますしね。イタリアンは余計な事をしないで美味しく食べさせてくれるのが良いです。素材の美味しさを楽しめますよね。私の場合は、東京で食べていたイタリアン、フレンチの方がこれまで現地で食べた料理より美味しいというのが本音です。日本人の好みのアレンジが加わるからかも知れませんが。やっぱどんな料理に出会えたかで評価はどんどん変わりますね。来月はパリにおいしいものを探しに行こうっと。
7. Posted by シロユキ   2010年05月17日 21:07
ヨーロッパ駐在員さん
→ヨーロッパ駐在!どこの国なんだろう。
確かに東京で食べるイタリアン、フレンチは現地を超えているものが多い気がしますよね!実際ミシュラン東京で3つ星が11軒もあり世界一多いですし東京はすごいです。来月はパリですか!いいですね。
パリのおいしい店、教えてほしいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔