2008年09月15日

今後のイタリア世界遺産候補(暫定リスト)

3日前に、イタリア世界遺産が3つ増えたという記事を書きました。

世界遺産に認定されるには、まずユネスコに世界遺産にしたい建築物や自然、町などについてのリストを提出しなければなりません。このリストのことを、暫定リストと言います。暫定リストに載って、それから初めて世界遺産に認定されるか協議されます。まずは暫定リストに載らないと話になりません。

まず日本の現在の暫定リストには以下の9つが載っております。

1.古都鎌倉の社寺とその他の構造物(1992年)
2.彦根城(1992年)
3.平泉の文化財と遺跡群(2001年)
4.小笠原諸島(2007年)
5.飛鳥=藤原:日本の古代首都群の考古遺跡群と関連遺産群(2007年)
6.長崎の教会群とキリスト教遺跡群(2007年)
7.富士山(2007年)
8.富岡製糸工場と関連する産業遺産(2007年)
9.国立西洋美術館本館(2007年9月)

3番目の平泉は最近審査で却下されたばかりですよね。このように暫定リストに載ってもかならず世界遺産になれるとは限りません。でもここに載っていると、いつか世界遺産になる可能性があります。9番目の国立西洋美術館って上野にある美術館ですよね。今月暫定リストに載ったばかりですが、本当にこの美術館が世界遺産になるのでしょうか?なぜリストに載ったのかちょっと不思議。。。


イタリア世界遺産は今後も増えつづけるでしょう。イタリア世界遺産全制覇を目指している私としては、まずイタリアの暫定リストを把握しなければなりません(もっと早くやっておけばよかったですが)。

で、調べてみると。。。。見つからない。ようやく英語のWebサイトから、イタリア世界遺産の暫定リストを見つけることができました。

それでは発表しましょう!!なんとビックリ、イタリア世界遺産の暫定リストには41箇所も掲載されています!!しかも全て2006年6月1日に暫定リストに登録されています。

Alps: a) Western Alps, b) Dolomites, c) Eastern Alps 
Archipelago of La Maddalena and Islands of Bocche di Bonifacio 
Bradyseism in the Flegrea Area 
Cascata delle Marmore and Valnerina: Monastic sites and ancient hydrogeological reclamation works
Cattolica Monastery in Stilo and Basilian-Byzantine complexes 
Citadel of Alessandria
Cividale and the Early Centres of Lombard Power in Italy
Fortress Town of Palmanova
Hanbury botanical gardens
Historic Centre of Lucca
Historic Centre of Parma
Historic centre of Pavia and Chartreuse
Island of Asinara
Karstic caves in prehistoric Apulia
Lake Maggiore and Lake D'Orta lakelands
Mantua and the Gonzaga domains
Massif du Mont-Blanc (inscription comme patrimoine naturel transfrontalier, avec France et Suisse)
Medici Villas
Monte San Giorgio
Monte Sant' Angelo and the Via Sacra Langobardorum
Mothia Island and Lilibeo: The Phoenician-Punic Civilization in Italy 
Orvieto
Palermo and Monreale Cathedral
Pelagos: The Cetacean Sanctuary
Ponds in the Bay of Oristano and the Sinis Peninsula island of Mal di Ventre
Romanesque Cathedrals in Puglia
Salento and the "Barocco Leccese"
Scrovegni's Chapel
Sulcis Iglesiente
Taormina and Isola Bella
The Aniene valley and Villa Gregoriana in Tivoli
The city of Bergamo
The Lower Palaeolithic Palaeosurfaces at Isernia-La Pineta and Notarchirico
The Marble Basin of Carrara
The Murge of Altamura
The Porticoes of Bologna
The Transhumance: The Royal Shepherd's Track
Via Appia "Regina Viarum"
Villas of the Papal Nobility
Volterra: Historical City and Cultural Landscape
Wine Grape landscapes: Langhe, Roero, Monferrato and Valtellina 

これら全てが世界遺産になる可能性があるわけです。驚きですよね。

上記の暫定リストの中で、いくつか有名どころを挙げてみましょう。
「アルプス、ドロミテ」、「マッダレーナ島(サルデーニャ)」、「アレッサンドリア(ピエモンテ)」、「チビダーレ(ウーディネのそばの町)」、「ルッカ(トスカーナ)」、「パルマ」、「パヴィア僧院」、「マッジョーレ湖、オルタ湖」、「オルビエート」、「パレルモ、モンレアーレ」、「サレンティーノとレッチェ(プーリア)」、「タオルミーナ(メッシーナ)」、「カッラーラの石切り場(トスカーナ)」、「ボローニャ」、「モンテ・ビアンコ」、「アシナラ島(サルデーニャ)」などなど。

ドロミテ、アレッサンドリア、チビダーレ、パルマ、パヴィア、マッジョーレ湖、ボローニャなど、北イタリアが多い気がしますね。殆ど行ったことがあります。

でもアシナラ島(サルデーニャ)はビーチから見ましたが上陸してません。。。。今更行けるかどうか、、、難しいですね。今後はこの暫定リストも含めて国内旅行を計画するつもりです。でも全部は無理だなあ



人気blogランキングへ←ポチっと押してくれると嬉しいな!留学生も長期滞在者もよろしく!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Clay   2008年09月15日 06:38
イタリアの暫定リスト、沢山あるのですね! そして増え続ける(笑) それに比べると、日本は少ないですね。イタリアの歴史の重さを感じます。

制覇を目指せる環境にいらっしゃれること、とても羨ましく思います。
2. Posted by シロユキ   2008年09月15日 17:46
Clayさん
→大きさも似ている日本とイタリアでこんなに違うのはびっくりですよね。日本は昔から地震や台風、津波など自然災害が多く、また木造の建物が多かったので残りにくいのが問題です。でも基本的な考え方として、イタリアやヨーロッパ人の方が、古い街並みや古いものを残そうという考え方があるので、こんなにもたくさんの世界遺産があるのだと思います。日本は古いものは取り壊して近代ビルですから。。。。

先日、イタリア人に東京、大阪、福岡に行ったけどビルだらけで違いが分からなかったと言われ、そのとおりだと改めて悲しくなりました。
3. Posted by ヒロシです   2008年09月15日 18:47
イタリア世界遺産多すぎ!
周るの大変ですね。
もうめんどくさいから
イタリア半島丸ごとをひとつの世界遺産にしちゃえばいいのに
4. Posted by シロユキ   2008年09月15日 23:27
ヒロシです、さん
→確かに多すぎですね。たまに何これ?的な世界遺産もありますが、ほとんどは素晴らしいものばかりです。イタリアは奥が深いですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔