2008年05月06日

音楽の都、森の都、古都ウィーン

ウィーンは森の都、音楽の都と言われる古都で、200年から300年前にはモーツアルト、ベートーベン、シューベルトなどが活躍しました。歴史の教科書に出てきたハプスブルク家が支配していた街です。

今日はざっとダイジェストでウィーンの町を説明します。詳しくはまた後日1つ1つ紹介したいと思います。

まずはウィーン郊外にある2つの宮殿から。

080505 Austria01

まずはシュンブルン宮殿。ハプスブルク家の夏の離宮で、宮殿の前には巨大な庭が広がっています。マリー・アントワネットが子供の頃はここに住んでいる時期もありました。

 

モーツアルトが6歳の時に皇帝の前でピアノを演奏した部屋も見学できて非常に興味深かったです。

 

080505 Austria03

080505 Austria02

080505 Austria04

 

 

 

 

次はベルベデーレ宮殿。ベルベデーレ(Belvedere)はイタリア語で「良い眺望」という意味。イタリア人軍師のオイゲン公の居城でした。

私としては、このベルベデーレ宮殿がウィーンの中で最も良かったです。キレイな宮殿、庭、そして2階にはオイゲン公が集めた豪華な絵画!有名なクリムトの「接吻」の絵もここにあり、感動しました。

 

さてウィーンの市内です。

080505 Austria14080505 Austria15

中心近くにある公園です。モーツアルトの像があります。キレイですねえ。

 

 

080505 Austria16

これは旧王宮のミヒャエル広場です。この王宮がハプスブルク家の本拠地!素晴らしいです。

連休ということもあって非常にたくさんの観光客が来ていました。豪華でキレイです。

 

 

080505 Austria17

080505 Austria18

080505 Austria19

 

 

 

 

080505 Austria20

ウィーン中心の通りです。建物は古くてきれい、オシャレな店、カフェも多くて歩いているだけで楽しくなります。

イタリアのような落書きは殆ど見られませんでした。

 

 

080505 Austria22

080505 Austria21

中心の大聖堂です。左右の塔は100m以上もありかなり大きく、圧倒されました。斜めの屋根の部分の模様もとてもきれいです。

 

内部も素晴らしい!

 

 

080505 Austria07

080505 Austria06

080505 Austria05

 

 

 

 

「美術史博物館」です。ここはパリのルーブル、マドリードのプラドに続く、ヨーロッパ3大美術館の1つ!ラファエロ、カラバッジョ、ティッツィアーノ、ルーベンス、レンブラント、その他大勢の巨匠の絵があり、とても素晴らしかったです。閉館まで2時間見たのですが全然足りませんでした。ちゃんと見るなら、4,5時間は必要ですね。

 

080505 Austria08

080505 Austria23

オーストリアの公用語はドイツ語!もちろんビールが最高に美味しかったです!ソーセージもよく合う!

 

 

080505 Austria10

080505 Austria09

日本人が多く通うラーメン屋「ほのぼの」に行ってみました。味噌ラーメンはまあまあだったかな。チャーハン、餃子も美味しかったです。

 

080505 Austria12

080505 Austria11

楽友会ホールでモーツアルトのコンサート!全員が白髪のモーツアルト風のカツラをかぶっていて雰囲気がありました。

 

 

080505 Austria13

ミラノ、パリに続く3大オペラハウスの1つもありました。ライトアップが美しい!

 

 

というわけでかなり駆け足で紹介しました。とにかくどこを歩いてもキレイで素晴らしく、感動しました。

詳しくはまたそのうち紹介しますね。



人気blogランキングへ←ポチっと押してくれると嬉しいな!留学生も長期滞在者もよろしく!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔