2008年02月08日

イタリア世界遺産(22/41)ヴァルカモニカの岩絵群(Rock Drawings in Valcamonica)

イセオ湖周辺特集3日目!いよいよイタリア世界遺産「ヴァルカモニカの岩絵群(Rock Drawings in Valcamonica)」のある国立ナクアーネ岩絵公園にやってきました。

 

ここは、もう本当に分かりづらかった!何人かの人に聞きながらようやく到着(車で)!細い道に入っていくので普通じゃ来れませんよ。。。

ガイドブックにも殆ど情報が出ていないので、苦労しました。今日はなるべく分かりやすく紹介しようと思います。

国立ナクアーネ岩絵公園Parco Nazionale delle Incisioni Rupestri di Naquane
Tel:  0364-42140

開園時間 8:30−18:30(夏季は19:30まで,冬季は14:00まで)
休:月曜
入園料:4Euro
公園見学所用時間 約2時間程度

ガイド付き案内の予約可能

エードロ−ヴァルカモニカ観光案内所I.A.T. Edolo - Vallecamonica
Piazza Martiri della Liberta, 2, 25048 - Edolo (BS)
Tel: 036471065 Fax : 036471065
Email: iat.edolo@tiscali.it
http://www.provincia.brescia.it/turismo

参考サイト
http://www.invallecamonica.it/
http://www.rupestre.net/

 

 

 

 

ここがチケット売り場兼、入り口です。月曜日が休みです。ここで岩絵の説明付の本、Mapなどを買うことが出来ます。

 

すぐ横には入り口があります。ちゃんと世界遺産のマークがありますね〜。

 

 

入り口の奥は国立の自然公園になっています。かなり広そう。その国立公園の一部で「ヴァルカモニカの岩絵群」と呼ばれる岩に書いた絵を見ることが出来ます。


まず、「ヴァルカモニカの岩絵群」って何?ってところから簡単に説明します。下記はほとんどネットからとったものです。

「ヴァルカモニカの岩絵群」は、紀元8000年前に描かれた岩壁線刻画(L'Arte rupestre della Val Camonica)のことです。すごい!!紀元前8000年って、、、、1万年も前じゃないですか!

「ヴァルカモニカの岩絵群」は先史時代に岩壁に刻まれた岩絵のことであり、ブレーシャ県北部にあるヴァルカモニカという渓谷にあります。1979年にユネスコ世界遺産に登録されました。イタリアの数あるユネスコ世界遺産の中で第一号に登録されたものです。ユネスコ委員会では世界遺産登録の理由として、これほど古い先史時代における多数の岩絵が広大に集中し保存されている場所は世界で他に事例のないことをあげています。

ヴァルカモニカの岩絵は、農耕、狩猟、航海、戦争、魔術などのテーマや人生の節目や伝統に直接結びついた図柄の線刻画で、普遍的で類稀な価値を持つ思想、信教、芸術活動に満ちたものです。今から1万年前にすでにヴァルカモニカに居住していたカムニ人の岩絵は、ヴァルカモニカ地域の約50の地点で発見されており、線刻画14万点が描かれています。現在、8つの公園・保護地区が制定され見学が可能となっています。 そのうち最大のものが国立ナクアーネ岩絵公園Parco Nazionale delle Incisioni Rupestri di Naquane でみることができます(今から紹介します)。ここでは30ヘクタールの敷地内で林の中を散策しながら石器時代から鉄器時代にいたる100以上の岩絵を見学することが可能です。

紀元前8000年頃の石器時代から始まり、紀元前16年のローマ侵略まで営々と歴史が刻まれています。しかし、ローマ侵略後この文化はまもなく消滅し、未だに多くのなぞを含んでいます。


入り口からはなだらかな上り坂になっています。

 

 

 

登りきると、眼下には街並みが見えて素晴らしい眺めです。

 

 

 

071219 Naquane8

ありましたよ!大きな岩がありますね。その横に看板があり、説明書きがあります。岩のどの位置のどのような絵があるかMap付です。確かに線画はだいぶ薄いので、大きな岩のどこに絵が描いてあるか分かりづらいのでこの看板は頼りになりました。

でも入り口のチケット売り場で説明入りの本を買うともっと分かりやすくてよいでしょう(イタリア語版、英語版のみ)。

さて、以下に私が気になった岩絵の一部を紹介します。

071219 Naquane9

写真をクリックしてよく見てください。これは狩猟をしている人を表していて、武器を持って両手を挙げながら追いかけている様子です。

 

 

 

071219 Naquane12

これはたくさんの鹿と人がいるようですね。遊牧を表しているのでしょうか。

 

 

 

071219 Naquane13

これは珍しく、くっきりとした絵ですね。馬でしょうか。大きさは10cm2くらいだったと思います。1万年も前に石器を使って彫りながら描いた絵、、、、興味深いですね。

 

 

071219 Naquane10

ここの岩はデカイ!たくさんの絵が描かれていました。

 

 

 

071219 Naquane27

思ったよりもたくさんの人がいました。みんな興味深そうに見ていましたよ。

 

 

 

071219 Naquane11

ここでちょっと休憩。作ってきたおにぎりを食べました。うまかった!

 

 

 

071219 Naquane14

去年の夏に行った時はたくさんの緑がありました。これはホウズキですね。和風だなあ。

 

 

 

071219 Naquane23

071219 Naquane15

071219 Naquane16

 

 

 

 

一部は室内で保存してあります。左側の写真の絵は、くっきりしていて、さらにとてもきれいな構図の絵ですよね。素晴らしい。

 

071219 Naquane17

これは模型。当時このようにして石器時代の人たちは描いたのではないか、ということでしょう。

 

 

 

071219 Naquane18

三角屋根の高床式住居の絵ですね。1万年前でもちゃんとこうした家があったのでしょうか。

 

 

071219 Naquane19

狩猟、または戦争の時の絵でしょうか。馬かなあ、でも角がありますね。

 

 

 

071219 Naquane22

071219 Naquane21

看板(左)と、その岩絵(右)です。キレイに描かれていますね。迫力があります。

 

 

 

 

 

071219 Naquane20

071219 Naquane24

私の一番のお気に入り!

ボンバヘッドの人が走っている様子です。なんか可愛らしくて気に入りました。髪の毛が風でなびいている感じがよく表されていて素晴らしい!走っている様子がが漫画みたいでいい感じですよね。

 

 

071219 Naquane25

071219 Naquane26

これも非常に興味深い!アルファベットが描かれていますよ、ビックリ!!意味は分かりませんがでも文字が描かれている事は確かです。アルファベットはまだ無い頃だと思いますが、、、、すごい。ちょっと薄くて分かりづらいのですいません。

この看板が99番!100個の岩絵が公園の所々にあり、ハイキングをしながら絵を見ていくという感じでした。緑に囲まれ、1万年前の石器人たちが描いた絵だなあと感心しながら見て周り、とても楽しかったです。

ミラノからは車で1時間ちょっとで着くので暖かくなったら是非行ってみてください!



人気blogランキングへ←ポチっと押してくれると嬉しいな!留学生も長期滞在者もよろしく!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぱっくん   2008年02月08日 15:15
紀元前8000年 
エジプト文明もヘナチョコに思えるほど昔ですね〜
ましてやローマ遺跡なんて新し過ぎです
そういうものがイタリアにあるなんて、全然知りませんでした。

それにしても野ざらしで心配!風雨で消えちゃわないのかなぁ。
2. Posted by 麻   2008年02月08日 19:27
すばらしい!
義両親の山の別荘がベルガモの北にあってよく行っていたんですが、こんなすごいものが近くにあるとは知りませんでした。

でも、もう1つ強く心を動かされたのは「おにぎり」だったりします(笑)。
ここでおにぎりを食べたい!
3. Posted by シロユキ   2008年02月08日 22:50
ぱっくんさん
→確かに紀元前8000年ってすごいですよね。
世界一古い、文化世界遺産かも!
(自然世界遺産ならもっと古いのはありますが)
確かに野ざらしなのは気になりました。昼間でも薄くてかなり見えずらかったし。でも自然のままの方がいいかなあ。

麻さん
→さすがイタリア人は別荘持ってますねえ。
紀元前8000年以来、私が初めてここでおにぎりを食べた人間ではないか!とひそかに思っています

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔