2006年06月17日

おばかなトッティ

今日の夜、ワールドカップの試合でイタリアVSアメリカが行われます。

イタリア代表の選手ではトッティが有名です。もちろんイタリアでも人気が高いです。サッカーは抜群なのですが、でもイタリア人達にはトッティはちょっとおばかな人と思われています。

トッティはローマ生まれです。ローマの方言はしゃべれるのですが標準語のイタリア語はあまり得意でないらしく、インタビューでもローマ弁丸出しで、なになまってんの!という感じらしいです。そのためトッティはイタリア語の家庭教師をつけているそうです。

この話を聞いてちょっとびっくりしました。それは以下の2点についてです。

.ぅ織螢⊃佑覆里縫ぅ織螢語がうまく話せないこと

⊆鹽圓任△襯蹇璽泙慮斥佞覆里砲覆泙辰謄瀬気い隼廚錣譴襪海

,砲弔い董まずイタリア語について簡単に説明します。イタリアは1861年まではそれぞれの州が独立していて別の国でした。それをトリノ国王がイタリア全土を統一したわけです。ちょうど日本の明治維新(1868年)とほぼ同じころというのが興味深いです。イタリア統一前はそれぞれの国で別々の言葉を話してましたが、統一後にイタリア語ができたわけです。もちろんそれぞれの国はまったく別の言語ではなく、近い言葉であったと思います。よってイタリア語自体はまだ出来てそれほどながくなく、今でもお年寄りなどは方言を話す人も多いそうです。それぞれの国での方言は今でも使われています。

うちの同僚のイタリア人達の中でも、彼のしゃべっているのはイタリア語じゃない、とか今の単語はイタリア語じゃない、とかよく聞きます。

△砲弔い董イタリアは北に行くほど経済が発展してます。ミラノが一番発展していて、Fiatがあるトリノも経済的には豊かです。そして南に行くほど失業率も高く、経済も停滞してます。首都であるローマはイタリアの中央くらいに位置してます。もちろんミラノよりも貧乏。。。。治安もミラノより悪いです。おしゃれでセンスがいいのは北のほうなのです。よってローマ弁でもダサい、となってしまうようです。

ちなみに先日、イングランドのプレミアムリーグのチーム「リバプール」に所属するアンリ(Henry)がセリエAのローマに移籍する話が出たとき、

アンリは「ローマのトッティから誘われた。俺はイタリア語は話せるけどローマ語は話せないので行かない」と言ってました。このようにローマ弁はダサいのです。

ちなみにトッティは去年結婚しました。奥さんは女優かモデルの人らしいですが、この人は問題が多かったらしく、イタリア人達はなんでトッティはあんな子と結婚したんだろう?ばかだなあ、と思っているらしいです。

ちょっとおばかなトッティですが、今日の試合は活躍してくれるでしょう。



人気blogランキングへ←ポチっと押してくれると嬉しいな!留学生も長期滞在者もよろしく!

shiroyuki11 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)サッカー | イタリア語

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔