2012年11月

2012年11月30日

Sardegna、Cagliariからすぐ近くのビーチ、Poetto(ポエット)

Cagliari01Sardegna(サルデーニャ)島、州都のCaliari(カリアリ)は島の南部にあります。

Cagliariは大きな町で商工業が発達しているので港も大きく、さすがに泳ぐことはできません。

しかし東に5劼曚匹發い韻倥採錣淵咫璽舛あります。






Sardegna010Sardegna011
Poetto(ポエット)
おすすめ度;★★
場所;サルデーニャ南部
ビーチ;白い細かい砂
水際;遠浅
透明度;高い
魚、生物;魚はあまりいない



Sardegna012
Sardegna013_1カリアリの中心部からすぐ近くと言っても十分に綺麗なビーチです。







Sardegna013Sardegna013_2
岩場が少ないので、あまり多くはないのですが、水中には魚は少しですがいました。







Sardegna015Sardegna016
今回のSardegna旅行でかなり役立ったのがこれ。







Sardegna014


簡易テントです。開くと2秒でテントの出来上がり!片付けも簡単なので、パラソル代わりにおすすめですよ!








Sardegna017今回は1週間レンタカーで移動しました。

イタリアだと青線は有料のParkingです。近くでチケットなど買って、フロントガラスに見えるように置きましょう。

 というわけで、今は冬ですが、地味にSardegna特集スタートです!


2012年11月29日

ローマ法王、ツイッターで定期発信へ

ちょっと前のニュースですが。。。。

ローマ法王、ツイッターで定期発信へ
バチカンのローマ法王庁は9日、法王のベネディクト16世が年内にも簡易ブログのツイッターで公式アカウントを持ち、ツイートを発信すると発表した。ツイートはバチカン関係者が執筆し、法王の承認を得て発信されるという。

私が勝手に思う、Papaさま(法王)につぶやいてほしいこと。
・神様ってほんとにいるのかなあ。
・クリスマスって聖書のどこにも書かれてないんだよね!(事実)
・イタリアのビール、まずいわぁ(Papaさまドイツ人なので)
・この前のミサ、爆睡だったわ。

絶対にないだろうなあ。


2012年11月25日

高速道路を走る珍しいマラソン、Westrandweg-Run

この前記事に書いた、高速道路を走る珍しいマラソン、Westrandweg-Run、ハーフマラソンに出てきました。Amsterdamで新しい高速道路が開通するのですが、その前に高速道路を走ろう!という最初で最後のマラソン大会です。

Westrandweg Run
http://www.westrandwegrun.nl/

Westrandwegrun01Westrandwegrun02高速道路の標識がロゴに入ったTシャツ、10ユーロ。記念にゲットしました!






Westrandwegrun03Westrandwegrun0411/24(土)16時スタート。

15分前の様子。みんな準備運動してますね。
この日は天気が悪く、気温3度くらい。今にも雨が降りそうです。



Westrandwegrun05Westrandwegrun06スタート地点まで走りました。








Westrandwegrun0716時直前。
いよいよスタートです。








Westrandwegrun08Westrandwegrun09(左)スタート直前。オグリキャップ、ナリタブライアンの気持ちが少しわかります。

(右)オランダは世界一平均身長が高い国。2mクラスの人たちがたくさんいます。コブクロのでかい方よりでかい人たちが立ちはだかり、前が見えません。。

Westrandwegrun10Westrandwegrun11
(左)新しい高速道路が見えてきました。

(右)真新しいアスファルト、綺麗な高速道路です。



Westrandwegrun12Westrandwegrun13
途中から大雨。そして強風。気温は3度。

なんで自分は走っているんだろうと後悔。。。

ドンドン遅くなり、ほぼビリに近くなってきて、周りには人がいなくなりました。足が重く、とにかくきつい。
風邪をひいていて薬を飲みながらのラン。
ヘルニアの影響か右足がずっと痛くつらい。
16時スタートなので食事をちゃんととってなくて、スタートから腹ペコでスタミナ切れ。

棄権する言い訳をいろいろと考えましたが、最後は絶対完走するぞ!完走か死ぬかのどちらかだ、と自分に言い聞かせて頑張りました。


Westrandwegrun142時間26分というかなり遅いタイムでゴール。。。

でも実況の人が私がゴールするときに私の名前を叫んでくれて、うれしかった。






Westrandwegrun15Westrandwegrun16光のスペクタクルということで期待していたのですが、ただのライトアップでちょっとがっかり。

でも完走できてよかった。




Westrandwegrun17Westrandwegrun188ユーロでメダルの裏に名前とタイムを刻印してくれるサービスがありました。いい記念になりました。

びしょびしょで寒くて本当につらい中、帰りました。。。


Westrandwegrun19帰りの地下鉄駅にて。

20時半からは10劼Fun-Runというのがあって、シンタクラースに仮装したランナーたちを発見!これから走るのでしょう。

大雨だから衣装ぐちゃぐちゃになったんだろうなあ。。。





westrandweg21westrandweg20記念Tシャツはこんな感じで珍しくてなかなかいいです。

中国製で、右下には社名が入ってました。

北京マラソンは日本人を一度拒否したくらいなので、日本人の私が来たら怒られないかなあとちょっと心配。
というわけで、劣悪の環境、状況の中、完走できたのは本当によかったです。今後つらいときも乗り越えられそうです。
来年は念願のワインマラソン、Medoc-Marathonに参加したいと思ってます。トレーニング頑張ります!!


shiroyuki11 at 09:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年11月19日

Sardegna(サルデーニャ)島、南部特集はじめます

今年の夏は、イタリアのサルデーニャ島(Sardegna)に遊びに行きました。

4年前はサルデーニャ島の北部に行きました。今年は南部。
今回サルデーニャ南部を特集すれば、サルデーニャ全土について網羅します。

今日からコツコツ書いていきますのでよろしくお願いいたします。
Sardegna(サルデーニャ)特集はここ。

Sardegna07ヨーロッパ在住のみなさんは夏休みにサルデーニャ島にバカンスに行く方が非常に多いです。

でもサルデーニャのガイドブックってほとんどないですよね。
私はこの本をお勧めします!

サルデーニャの綺麗なビーチが写真メインでいっぱい紹介されています。



Sardegna09Sardegna08お勧めのビーチや、美味しいレストラン、現地の生活の様子など。

一時帰国時に買っておくとよいでしょう。

お勧めですよ!


2012年11月15日

オランダ、最近のニュース、2012年11月

オランダ最近のニュースです。

出産で、高速道路A12渋滞
11/12月曜日の夕方、高速道路A12のズーテルメアに向う車線が出産のために渋滞となった。AD紙によれば、妻の陣痛が始まったスミット夫妻が、車でハーグからズーテルメアに向かった。ところがブロノボ病院が満員であることがわかり、別の病院に向かったが、間に合わずに車内で出産することになった。この出産イベントで高速道路は渋滞。父親のトムはツイッターで「ドライバーのみなさん、A12で渋滞を起こしてすみません。娘がそこで生まれたがっていたもので。」というメッセージを送っている。

→たしかにうちのそばの高速道路が大渋滞してました。高速道路上で車内で出産、すごいですね。でもオランダは基本、家で出産します。産婆さんが来てくれるのです。首都のアムステルダムでも、出産できる病院は2つ、3つしかないそうで9割以上の人は家で生みます。びっくりですよね。


ドラッグ密輸でスキポール空港従業員逮捕
アムステルダムのスキポール空港の従業員が、バゲージ倉庫でドラッグの密輸補助をしていた容疑でこの数ヶ月に計20人が逮捕されている。
合計約70キロのコカインはカリブ地域から運ばれてきたもの。空港警察による調査は4月から始まっていたが、9月にバゲージ倉庫で働いている従業員8人が逮捕され、10月に10人そして先週また2人が逮捕されている。
空港警察の捜査はまだ終了していないというが、この組織犯罪の背後にいる容疑者はすでに逮捕済みである。

→船のコンテナでコカイン8000垈ーというニュースがあったばかりですが、今度は空港で70圓離灰インが見つかり逮捕です。それにしても規模が大きいですよね。日本だと1kg以下の場合が多いですから。。。オランダでは死刑はないので、よしあしですね。


shiroyuki11 at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年11月12日

2つのマラソンにエントリー

先週、以下2つのマラソン大会にエントリーしました。

Westrandweg Run
http://www.westrandwegrun.nl/

これは11月24日の土曜日、Amsterdamの西に新しい高速道路A5が開通する前に行われる、最初で最後のマラソン大会!新しい高速道路の上を走ることができます!
普通マラソンは朝スタートするのですが、このハーフマラソンは16時スタート!ライトアップして、ゴールはスペクタクルショーがあるのだそうです。楽しみです。

こちらはまだ先ですが、既に募集締め切りそうなので応募しました。
paris half marathon 2013
http://www.semideparis.com/2013/index_us.html

2013年3月3日の日曜日に行われるハーフマラソン大会。4月の第一日曜日に行われるパリフルマラソンが有名ですが、これはその前に行われます。
私は今年の初め、ヘルニアが再発して数か月リハビリをしたので、なるべくフルマラソンは走りたくありません。

これは私の個人的な見解ですが、フルマラソンは人間の身体には決して良くないと思います。ハーフマラソン、21劼らいなら、健康的に気持ちよく走ることができます!去年Rotterdamフルマラソン出ましたがほんとにきつかった。。。

というわけで2つのハーフマラソンにエントリーしました。
私は、首からデジカメをぶら下げて、パシャパシャ撮りながら走るので、いつも沿道の応援者たちに笑われます。。。でもいい記念になりますし今後もラン写しますよ!



shiroyuki11 at 23:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年11月05日

イタリア、レストランで常習化しているぼったくり

ミラノの友人Nさんからの情報です。

今更言うまでもないのですが、イタリアのレストランでは頻繁に会計の水増しが行われています。
3年ほど前に、ローマでのぼったくりで、警察が動いてそのレストランが一時閉鎖されるということが話題になりましたよね。

残念なことなのですが、イタリアではこのようなぼったくり、お客に大目に請求するというのは、日常茶飯事なんです。

皆様に注意、お願いです。
イタリアのレストランでの会計時は、内容、金額を必ずチェックして、納得してから支払うようにしてください。
レシートを細かくチェックすることは決して恥ずかしいことではありません。特に日本人は文句も言わず、レシートの合計金額だけ見てパッと払うので狙われやすいです。
そして、間違いを見つけたら、恥ずかしがらずに、指摘して訂正してもらってください。まあいいや、と払ってしまうと、店側は図に乗って、後の人たちがまた狙われます。

以下実際に会った被害例を書きます。
-------------
例その1:
先日日本からのお客さんを連れて、ComoのVilla d’esteに行きました。
そして、ランチをホテル内にあるVerandaで食べることになりました。
お客さん2名はタルトゥフォビアンコのタリオリーニを食べ、他にも色々食べお会計は3人でトータル320EURO。ちょっと高いけど、超高級ホテル内のレストランだから仕方ないか、と思いながら、
Tartufo biancoのパスタの値段が知りたくて伝票を見ると、メチャクチャ。。。
他のパスタ(25Euro)と魚のグリル(25Euro)が各一でしか頼んでいないのに各2で付けられていました。。。。
その他、インサラータミスタは24Euro。。。。(これは仕方なし)。結局50Euro近く多く払う所、間違えを指摘すると直ぐ訂正してくれました。確信犯ですね、残念ながら。5つ☆Lのホテルが情けない。。。。。。

例その2:
数週間前はBolognaの Da Cesariでも同じことがありました。
ここも有名店です。とっても美味しいお店です。ただ、こちらが日本人だと思って、サラダとパスタの値段を倍に請求してきました。

両店とも、本当に良いお店だと思います。
ただ、残念ながら日本人を見ると、必ず会計を誤魔化します。これらの店に行くな、とは言いません。是非行って欲しいです。ただ、お会計の際は確認していただきたいです。

例その3:
ミラノではIsolottoというサルデーニアの店が、かなりピンハネします。
ここはピンハネで有名みたいです。美味しいのに残念ですね。
私はかつて常連だったのですが、最後の3回は3回とも多く請求されました。

ということで、お店に対するクレームではなく、日本の方にもっと注意して欲しいというお願いです。
因みに店は実名を出してください。
------------

私も9月のミラノ出張時に騙されそうになりました。ちょっと前に記事にした、IL Quarto(イル・クアルト)です。
ここで、
Pinot Grigio, Tramin=18euroを2本注文しました。会計では同じPinot-Grigioですが、Pinot Grigio, Villa Russiz=28euroが2本となっていました。私は値段も憶えていたし、テーブルには空き瓶も残っていたので、すぐさま注意し、訂正してもらいました。1本10ユーロで2本なので20ユーロの違い。10人で行ったので1人あたりにすると大した金額ではありませんがそういう問題ではありません。
同じPino-Grigioのワインでも高い方を会計に載せるというのはかなり巧妙、手の込んだぼったくりですよね。発見しづらいです。

非常にずるいのは、間違いを指摘すると、「ごめんごめん間違ってたよ」と言って訂正します。間違ってごめんと言って訂正するので、それ以上こちらとしてはやりようがありません。。。
何も言われず払ってくれればラッキー!なわけです。

これはいつまで経ってもやめるわけないですよね。
多くのレストランでこのような軽いぼったくり、水増しは常習化しており、完全にモラルが崩壊してます。後から何を言ってもだめです。きちんと会計を確認してその場で注意してください。

接待、デートなど、会計を確認しづらい環境もありますが、そこは後の人たちのためにも確認して、不正は許さない!という態度をとりましょう。

自分のためにも、ほかの人たちのためにも是非よろしくお願いいたします。


2012年11月02日

美食ストリート、via Carlo Ravizza

9月の出張時に満席で残念ながらいけなかったのがここ。
Casa Lucia01Casa Lucia02









Casa Lucia03
Casa Lucia
address: via Carlo Ravizza 2
TEL: 02-498-6691
www.ristorantecasalucia.it

Casa-LUCIA(カーザ・ルチア)、肉系のレストランで、フィオレンティーナのステーキが絶品だそうです。次回のミラノ訪問時には是非行きたい。




Casa Lucia05Casa Lucia04








ba asianmood
address: via Carlo Ravizza 10
TEL: 02-469-3206





その他にも、De-Angeli近辺のCarlo Ravizza通りはオシャレなバーやおいしいレストランがたくさんあります。asianmoodは高級中国料理です。ミラノでは中華料理=激安なので、ここはかなり珍しいですね。

次回のミラノ訪問時にはこの通りの店をいろいろと行ってみたいです。皆さんもぜひ!