2012年07月

2012年07月31日

五輪 空席はチケット再販売で対処

今日はこのニュースから。
-----------
ロンドンオリンピックで、体操など一部の競技の会場でまとまった空席がでている問題で、ロンドンオリンピック組織委員会は、チケットを持っていた競技団体などから返却を受け、再販売して対処していく方針を明らかにしました。
ロンドンオリンピックでは、体操や水泳など一部の競技の会場で、競技団体やスポンサー企業などオリンピック関係者用の、一般には販売されていない座席にまとまった空席が目立ち、市民から批判が集まっています。
この問題について、ロンドンオリンピック組織委員会は30日の記者会見で、国際競技団体などと交渉した結果、およそ3000枚のチケットを確保し、29日夜、一般客向けに販売したことを明らかにしました。
販売されたのは、体操やビーチバレー、それに水球などの競技のチケットで、一般のチケットショップでの取り扱いはせず、インターネットを通じてのみの販売だということです。
会見で、ロンドンオリンピック組織委員会の報道担当者は「競技1回1回について、同じようにチケットの持ち主と協議し、再販売することで対処していく」と述べ、空席を埋めるために最大限の努力をしていると強調しました。
-----------

このニュース、ヨーロッパ在住の我々の間では数か月前から言っていた話です。一般向けのチケットは発売後すぐに売り切れで我々に回ってきません。。。女子サッカーのリーグ戦など、おそらく満席になるはずもない試合でも売り切れ。。。ほんまかい!と言っていたのですがやはりそうでしたか。。。。スポンサー用のチケットが多数あるため一般向けのチケットはかなり少なかったようです。

でもテレビでオリンピックを見ていると多くの競技で空席が目立っていてもったいないです。。。

今さら空席を販売って言われても、イギリス以外の国に住む人たちにとっては、すでにフライトチケットめちゃくちゃ高いし、もう今さら予定立てられないし。。。誰がこのいきなり発売されるチケットを買うのでしょうか?もっと前からちゃんとしてほしかったなあ。残念です。


shiroyuki11 at 22:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年07月26日

【お知らせ】7月29日(日)アムステルダムにて被災地や原発を考える集まり

今日はこの記事から。

【お知らせ】7月29日(日)アムステルダムにて被災地や原発を考える集まり
7月29日(日)にアムステルダムのダム広場にて「Human Chain Action」を行ないます。

7月29日の同時刻(日本時間では19時)、東京では大規模なデモ行進と国会議事堂をキャンドルで囲む集会が予定されており、海外からも是非応援を、との声が届きました。この呼びかけをきっかけに、アムステルダムでも、被災地や日本の原発を巡る現状をオランダでも知るきっかけを作るため、そして未来を共に考えるため、ダム広場に集まる集会を行います。

この集いは、一丸となって「反対」を叫ぶ趣旨のものではありません。

二時間、ダム広場にそれぞれの思いをもって共に立ち、脱原発の意思表示を日本に向けて行うこと、そしてオランダやヨーロッパ、そして世界に共通の課題である原発問題を、もっと多くの人たちと共に考え行動する輪を広げていくことを目的としています。この集会の様子はUstreamにて中継される他、各メディアへの呼びかけも行っています。

※非常に天候の悪い場合には予定を一時中断することもあります。

日時:2012年7月29日(日)、12時〜14時
場所:アムステルダム、ダム広場にて
情報:Wise Amsterdamサイト http://www.tegenstroom.nl/
Hope Step japan!のサイト http://hopestepjapan.com/?lang=ja


キャンドルで囲む集会というのはどういうものなのでしょうか。今度の日曜日、時間が合えば行ってみたいと思います!



shiroyuki11 at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年07月11日

ナポリで●●●●が大量発生、暑さと不適切なごみ処理が原因か

今日はこの記事から。

----------
イタリア南部のナポリ(Napoli)で、季節外れの温暖な気候と不衛生が原因で体長が7センチにもなるという大型の赤いゴキブリが大量発生し、公衆衛生当局は昼夜兼行で下水に殺虫剤を散布するなどの対応に追われている。
 
ナポリではごみが社会問題になった
 
 同市のごみ処理事業はマフィアが関与しており、これまでにも頻繁に問題を起こしてきた。今回の事態を受け、同市ではあらためてごみ処理をめぐる議論が巻き起こっている。
 
 市の公衆衛生責任者は、暑さに加え早朝の回収に間に合わせるために前夜から屋外に放置されるごみがゴキブリ大量発生の原因だとみている。
 
 一部の専門家は腸チフスやA型肝炎がまん延する恐れがあると警告しているが、市の広報担当者はその可能性を否定した。またゴキブリが街を「侵略」していると言うのは大げさだとしつつも、今年の夏は前年と比べて大幅に数が多いことは認め、以前の市当局が下水道の清掃を怠ったのが原因だと語った。
 
 イタリア語で「船のゴキブリ」とも呼ばれるこのゴキブリは、世界中の熱帯地域に生息する一般的な種で、国際船舶に紛れ込み世界各地の港に広がっている。

----------------
非常に嫌なニュースですね。
体長7僂農嵜А?でかいし赤いし、やだなあ。しかも船から世界各地の港に広がるってのも嫌な話ですね。

オランダは夏でも寒いし、雨が多いけど、この虫がいないのがいいところです。一度も見たことないです。この虫たちの北限はベルギーあたりかもしれないですね。
でも世界各地に広がるのはやだなあ。日本にも上陸しそうですね。。。

来月ナポリからそこそこ近い島に行くので今から嫌になってきました。。。
でも行くけど。

特におちはないですが、皆さん気を付けましょう。気を付けようがないですが。。。



2012年07月09日

オランダ、ライデンの魚屋、ニシン味見テストでトップに

今日はこのニュースから。

ライデンの魚屋、ニシン味見テストでトップに

オランダの新聞アルヘメン・ダハブラット(AD)が毎年行なっている全国のニシン味見調査(Haringtest)で、ライデンにある魚屋アトランティックがトップとなった。
トルコ人のタジ兄弟が営むこの魚屋のニシンは10点中10点を獲得した。「何年も優勝を逃していたが、やっと勝利の味を知った。」とタジ兄弟。「ニシンを下ろすのは最近では機械でやっているところが多いが、うちはいまだに手作業。これは味の違いを生むだけでなく、雇用機会も増やしている。技術や知識の継承にも貢献しているはず。」

Haring02Haring01オランダ名物のニシンの酢漬け、ハーリング(Haring)の記事です。

毎年、全国のニシン味見調査なんてあるんですね、びっくり。

ハーリングはオランダで唯一と言っていいのですが、美味しい料理です。

まったりしたニシンに玉ねぎのみじん切り、ピクルスと絡めて食べるととてもおいしいです。
私は、ワサビ醤油でご飯と食べることもあり、まさに刺身定食です。

ちなみにLIDEN(ライデン)はシーボルトの亡くなった町で、日本からなんとか帰国したシーボルトが晩年過ごしました。そのゆかりのため、ライデン大学には日本語学科があり、日本語堪能なオランダ人がたくさんいます。
シーボルト博物館もあって、オーディオガイダンスは、オランダ語、日本語、英語の3か国語のみ!緑あふれる綺麗な町です。

LIDEN(ライデン)の魚屋、アトランティックのハーリング、今度是非食べてみたいです。オランダに来たらハーリング!パンにはさんでサンドイッチにして食べたりもします。お勧めですよ!



shiroyuki11 at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年07月04日

夏至のオランダ、北欧

先週木曜日、6月21日は夏至でした。1年で最も陽が長い日です。

Geshi01オランダは北緯52度。
北海道稚内市の宗谷岬先端が北緯45度ですからオランダはもっともっと北、樺太と同じ緯度です。

さらにオランダのタイムゾーンを見ると、タイムゾーン内でかなり西に位置しています。つまり日の入りがだいぶ遅いんです。

これは2012年6月21日、今年の夏至の日、22時半ごろ撮った写真です。まだほんのり明るいですね。

オランダの6月から8月は本当に日が長くて、朝は6時前に明るく夜は22時過ぎても明るいです。日本のみなさんも是非ヨーロッパの夏を体験してほしいです。夜でも明るいというのは非常に気持ちがいいものです。

日本人には欧米のサマータイム制度は合っていません。半年に一度1時間進んだり、戻したりするのは時間に几帳面な日本人には受け入れられないでしょう。

なので私は以前から日本のタイムゾーンを1つ分右側、東側にずらすことを提案しております。
日本、サマータイム導入より、タイムゾーンをずらせ!

1時間ずらすのは1度きり。これでずっと日の入りが遅くなります。現在の日本のタイムゾーンの位置は東にありすぎるので、日の出が早すぎ、日の入りが遅すぎるんです。
何党でもいいのでいつか実現してほしいです。

そんな日が長いオランダでも23時になればさすがに真っ暗になります。それが普通ですよね。

でも6月始めにFinlandとEstoniaに行った時大変驚きました。
Geshi02Geshi03
23時過ぎても明るく、0時ごろ暗くなるのですが、この写真のように夜中になってもほんのり明るく、真っ暗にならないんです!

そして3時、4時には日が昇ります。


学校では北欧の白夜とか勉強しましたが、現実に体験するとすごいです。これは本当の白夜ではなく、もっと北に行かないと白夜とは言えませんが、それでも十分驚き、そして感動しました。
夏の北欧には暗闇はない!
すごいことです。でも夜が暗くないって結構つらいです。眠れないですし。。。。

でももっと大変なのが北欧の冬でしょう。この真逆になるわけですから。。。クリスマス時期の様子を聞いてみると、朝は11時すぐまで真っ暗、昼の2時か3時には日の入りとなるそうです。1日の日照時間が2,3時間。雨の日は1日真っ暗。いやあ本当にきついですよね。冬の北欧は精神的な病気になる方が増えるんだそうです。そりゃそうでしょう。

私が気になるのは野生動物たち。。。。夏、暗くならないのにどうやって眠るんでしょう。明るくて寝たら天敵に襲われます。。。また夜行動物は夜がないのにどうやって活動するんでしょう???
冬はその逆です。気になります、どなたか知っている方教えてください!

というわけでオランダ、北欧の夏の様子でした!


shiroyuki11 at 07:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年07月01日

EURO2012、優勝はスペイン

いやあ昨日の試合はいろんな意味ですごかったですね。スペインがイタリアを4対0で破り、2大会連続チャンピオンとなりました。
--------------
欧州選手権2012(EURO2012)は1日、共催国ウクライナのキエフで決勝が行われ、前回王者のスペインがイタリアと対戦した。

前半14分、イニエスタがセスクに絶妙なスルーパスを送ると、キエッリーニの裏をとってクロスを上げ、これをシルバが先制点を奪った。同41分にはシャビがアルバの得点の起点となり、スペインは前半だけで2得点を奪い試合の主導権を握った。

前半20分にキエッリーニが負傷してバルザレッティとの交代を余儀なくされていたイタリアのプランデッリ監督は、後半開始からカッサーノに代えてディナターレを投入した。ディナターレはアバテのクロスからヘディングシュートを狙うも、ボールはクロスバーをわずかに越えて得点には繋がらなかった。さらにイタリアは、後半12分に投入したモッタがそのわずか5分後に負傷してプレー続行不可となり、交代枠を使い切っていたため10人での戦いを強いられた。するとスペインは後半39分、再びシャビのパスから途中出場のフェルナンド・トーレスが3点目を挙げ、同43分にはトーレスのアシストからマタが追加点を挙げ、試合を決定付けた。

2008年大会決勝のドイツ戦で決勝点を挙げているトーレスは、2度の欧州選手権決勝で得点を記録した初の選手となった。スペインは欧州選手権で大会初の連覇を達成するとともに、2010年サッカーW杯と合わせて史上初の主要国際大会3連続優勝の快挙を成し遂げた。また、決勝戦での4点差の勝利は、旧西ドイツが3−0で旧ソビエト連邦に勝利した1972年大会を上回る最大得点差となっている。

また、今大会の得点王はスペイン代表のフェルナンド・トーレスが選ばれた。ドイツ代表のマリオ・ゴメスらとともに3ゴールで並んでいたが、UEFAの規定により、アシスト数で他を上回った同選手が得点王となった。

なお、2016年の次回大会はフランスで開催され、チーム数も現在の16チームから24チームに増えることとなっている。
----------------
Balotelli前試合、ドイツVSイタリアで2得点を挙げてヒーローになったバロテリが泣いていました。イタリアは残念ながら1点も挙げられませんでした。

イタリアが最強のスペインを破りチャンピオンになったら、最高のハッピーエンドだったでしょう。でもそれだと出来すぎで、ハリウッド映画のようです。

日本人的には今回のように、頑張ったけど最後はちょっと残念、また次回頑張ろう!という終わり方が好かれるような気がします。イタリア代表、よく頑張った、感動をありがとう!

現在最強のスペインをどの国が破るか!楽しみです。意外と日本かも!