2012年04月

2012年04月29日

最近お気に入りのドラマ、「孤独のグルメ」

つい最近までやっていたこのドラマ、かなり渋いですが面白くてはまってます。

「孤独のグルメ」というドラマで、漫画がベースになってます。
テレビ東京の夜中1時くらいに放送していたようです。渋すぎ!
でも、普段からブレのないテレビ東京!視聴率など気にせず、いい仕上がりとなっています。

ドラマ「孤独のグルメ」
異色のグルメコミックを松重豊主演で実写ドラマ化!輸入雑貨商を営む男・井之頭五郎は、仕事で様々な街を訪れ、立ち寄った店で食事をする…。

1話「門前仲町 焼き鳥と焼き飯」

2話「豊島区 駒込の煮魚定食」

3話「豊島区 池袋の汁なし坦々麺」

4話「千葉県 浦安市の静岡おでん」

5話「杉並区 永福の親子丼と焼うどん」

6話「中野区 鷺ノ宮のロースにんにく焼き」

7話「吉祥寺 メンチカツに懐かしケチャップナポリタン」

8話「神奈川県 川崎市 八丁畷の一人焼肉」

9話「世田谷区 下北沢の広島風お好み焼き」

10話「豊島区 東長崎のしょうが焼目玉丼」

11話「文京区根津 飲み屋さんの激辛カレー」

12話(最終話)「目黒区 中目黒 ソーキそばとアグー豚の天然塩焼」

漫画そのままに、主人公の井之頭五郎がナレーションで独り言を言いながらひたすら食べます。
どの店も汚い系、B級グルメというのもいいですね。ふつうこんな店取り上げないだろうというところもありました。たとえば5話の永福の親子丼と焼うどん、は釣堀の上にある、食堂ですからね。目の付け所がすごいです。

私の一番のお気に入りは8話、川崎の一人焼肉です。年季の入った店で、カウンターで一人で肉を焼いて行きます。ここめちゃくちゃ行きたいです。

料理ごとに、字幕で説明があり、一人でたくさんの料理を食べます。BGMは縦笛の演奏だったり、太鼓がひたすらドンドコなったり、これも面白い。
そして何より驚いたのは、ドラマの後に実際に漫画の作者がその店に訪問して料理を食べることです。もうすでにドラマじゃなく、グルメリポートになっています。でも店の汚い感じとか、実際の店長、店員さんを紹介したりして面白いです。

店を探すとき、主人公の井之頭五郎は口癖で「今日の俺は何腹なんだ?」と言います、これはお決まりです。ドラマ好評のため、DVD化が決定したようです。嬉しいです。

ほのぼのしたドラマですので良かったら見てみてください。かなりお勧めです。

PS 去年やっていた、「深夜食堂」というドラマも捨てがたいです。



shiroyuki11 at 07:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)日常 

2012年04月26日

スゥエーデンで気になったこと

今日はスゥエーデンで見つけた不思議なもの。
Stockholm37Stockholm56
進入禁止などの標識、日本でも、オランダでもイタリアでも赤と白ですが、スゥエーデンでは白ではなく黄色です。

なんでだろう。
スゥエーデン人に聞いたのですが、みんな分からず。。。逆に、なんで気になるの?と聞かれてしまいました。雪が多いわけでもないので、雪との区別のためでもなさそうです。どなたか分かる方いたら教えてください。

Stockholm53Stockholm43
スゥエーデンでも日本食、寿司は大人気!ただ、純粋の日本食レストランは非常に少なく、他のアジア料理と一緒になっていることが多いです。

「Sushi & Thai(寿司とタイ料理)」という店を何軒も見かけました。

寿司と餃子も当たり前。正直あんまりおいしそうじゃないです。。。

Stockholm55スゥエーデンでは、玉子のことをキャビア(Caviar)と言います。

ここに置いてあるのは全部キャビア!タラのキャビアを買いました。サラダにのせると美味しいそうです。






Stockholm44去年行ったノルゥエーもそうでしたが、スゥエーデンにはセブンイレブンが多いです。

私はずっと以前から疑問なのですが、どうしてセブンイレブンの看板は、ELEVEnなんでしょう?最後のnだけ小文字です。

日本のセブンイレブンも同様にELEVEnですよね。なんで最後のNはnと小文字なんですか?誰か教えてください。


Stockholm54スゥエーデンで有名な酒は、Absolute Vodka(アブソリュート・ウォッカ)。日本でも有名ですよね。

スゥエーデンのビールを飲みたかったのですがあまりなく、オランダのHeinekenやデンマークのCarlsberg(カールスバーグ)などが多かったです。

ようやく見つけたスゥエーデンのビール。味がしっかり濃くて美味しかったです。

Stockholm40これがスゥエーデンの通貨、スゥエーデンクローネ(SEK)です。
1SEK=12円くらい。

スゥエーデン人に聞くと、絶対に通貨はEUROにしたくないと言ってました。そりゃそうですね。

というわけでまた!








2012年04月22日

ストックホルムの町並み、その2

Stockholm52Stockholmの町並み、その2です。

北欧は、南欧とは違って比較的新しい建物が多いです。


4月初め、天気は良いですが零下で寒いです。




Stockholm41Stockholm42









北欧は、シンプルで洗練されたデザインの家具や小物が世界でも有名です。
Stockholm49
建物も現代アートのような変わったものも多いです。
今回はストックホルムにしては安いということで「デザインホテル」に泊まりました。

デザインホテルとは、有名デザイナーがデザインした斬新なホテルのこと。
Nordic Light Hotelのフロントの様子。


Stockholm45Stockholm48朝食の様子。デザインホテルのレストラン、Barは斬新すぎて落ち着かなかったです。。。

朝飯の時にこのライトアップはないでしょうという感じ。




Stockholm47Stockholm46ホテルの部屋にも赤色のライトアップがあったり、かなり変わっています。

ちなみにこのホテル。私の大事な日本製の耳栓を掃除中に捨ててしまったようですが、謝罪もなく。I don't knowで終わりです。ひどいサービスです。

Stockholm51Stockholm50末期がん患者などが過ごすホスピス(左)。2つの塔のような建物が特徴的です。

カラフルな建物が円弧上に並んでいます(右)。

Stockholmはちょっと変わった雰囲気の建物が多く面白いです。


2012年04月19日

Stockholmの街中

4月の初め、スゥエーデン出張行ってきました。
仕事の前日、日曜日にStockholm(ストックホルム)入りしたため、日曜日の午後2,3時間観光しました。

4月の初めだというのに零下、時折雪が降りとても寒かったです。

まずは市庁舎、宮殿のような作りです。ただのコンクリビルの大田区役所とは大違いです。
ここでは毎年12月10日、ノーベル賞受賞祝賀晩餐会が行われることでも有名です。
Stockholm01Stockholm02
この右の写真はブルーホール。青くないですけどね。

ここで長テーブル、たくさんの椅子が準備され、晩餐会が行われるんです。


他にも色々とあるのですが飛ばしてハイライト、黄金の間。ここでノーベル賞晩餐会後に舞踏会が開かれます。1900万枚の金箔モザイクで飾られた部屋、すごいですね。
Stockholm08Stockholm09










Stockholm11
ここはストックホルム旧市街、ガムラ・スタンです。細い道にたくさんの店があっていい雰囲気です。






Stockholm16Stockholm12ここはドイツ教会。17世紀に造られた教会です。内部は新しく、非常に綺麗。修復がきちんとされているんですね。

身廊タイプの教会ではなく、単に正方形のような空間、珍しいです。

Stockholm14Stockholm15










Stockholm17Stockholm18ここは大聖堂内部。13世紀創建のストックホルム最古の由緒ある教会。

黒壇と銀による祭壇、バロック様式の玉座があります。



Stockholm19Stockholm20
正面の祭壇も立派です(左)。

右は「セントジョージと龍」の木彫り。





Stockholm36Stockholm23大聖堂の横にある大広場。
写真左の右側はノーベル博物館。ノーベル賞100周年を記念して2001年にオープン。ノーベルはもちろんスゥエーデン人。ダイナマイトを発明した方ですね。


私は物理を勉強していたので、学生の頃からノーベル物理学賞の受賞者たちにあこがれていました。このノーベル博物館は非常に楽しみでした。
Stockholm35Stockholm33こちら内部。上の方にあるペラペラした束は、歴代受賞者たちの写真と名前が書かれたパネル。これがゆっくりと回って一人ずつ紹介されていきます。





Stockholm321901年の最初の受賞者から10年ごとに全ての受賞者をタッチパネルディスプレイで調べることができます。







Stockholm27Stockholm26何と言っても湯川秀樹と朝永振一郎ですね。







Stockholm25Stockholm28ファインマン(左)と、イタリアの大天才物理学者フェルミ(右)です。

「ご冗談でしょうファインマンさん」は物理学生の必読書です。



Stockholm29Stockholm30そしてやっぱりアインシュタイン(左)と、量子力学の父、ニールス・ボーア(右)ですね。

見ていてわくわくしました。




4月初めなのに最高気温が-5度ですが、ストックホルムの町並みよかったです。


2012年04月17日

アムステルダム、ゲイパレードにトルコ人グループも参加

今日はこの記事から。

ゲイパレードにトルコ人グループも参加
アムステルダムで今夏開催される2012年ゲイプライドのボートパレードにはトルコ人のコミュニティも参加すると発表があった。
ゲイパレードに参加できるボートは80隻と限られているが、参加を表明したのは188グループ。昨日抽選で参加グループが決定した。

オランダには約2万人のトルコ人のゲイ・レズビアンが住んでいると推定されている。しかしながら、トルコ人社会ではホモセクシュアルはタブーであるため、これまでパレードなどのイベントには表立ってでてこなかった。今回の参加表明は大きな変革である、と主催者。

ゲイプライドは7月28日から8月5日までに開催される。ボートパレードは8月4日。
---------------------

トルコはイスラム教の国なのでゲイはタブーです。イスラムの経典コーランには、ゲイを禁じており、イラン、イラクなど特に厳しい国ではゲイと分かっただけで死刑です。。。
旧約聖書でも、ゲイの町ソドムとゴモラは、天からの硫黄と火によって神によって滅ぼされいます。カトリックの国では処罰こそありませんが、今でもゲイに対して冷たいです。

オランダは世界で最初にゲイの結婚を認めた国で、国内にはそのための移住者も含めて多くのゲイ既婚者カップルがおります。男と男、女と女それぞれのカップルがおり、代理母、精子バンクなども充実していて、みんな自分の遺伝子の子供を持っております。

ゲイの地位向上、そしてアピールのためにヨーロッパ各国で、夏場に「ゲイパレード」という催しが行われます。ニューヨーク、トロント、ベルリン、パリ、サンパウロなどがゲイパレードで有名です。

アムステルダムのゲイパレードの特徴は、何と言っても運河上をボートで行うこと。
写真は2009年、アムステルダムで行われたゲイパレードの様子。
GayParade08GayParade01








GayParade04GayParade05








GayParade07GayParade06








今年は2012年8月4日(土)に行われます。トルコ人グループが参加ということで今年は盛り上がることでしょう。無料ですのでよかったら見に来てください。



2012年04月15日

オランダ、4月のニュース

2012年4月、オランダのニュースです。

警察、違反チケットの代わりに子供の絵
北オランダ州ラングダイクで木曜日の朝スピード違反をした人は違反チケットの代わりに子供の絵を渡された。絵はラングダイク市の小学校の子供たちが描いたもので、学校の周辺地区で30km速度制限の道路での速度違反を取り締まるためのもの。この朝、スピード違反で捕まったのは30人。中には時速50kmで通り抜ける運転手もいた。この朝は警察に止められても罰金は払う必要がなく、絵を渡された。
小学校は警察の交通違反取り締まりに協力し、子供たちに絵を描いてもらった。パトカー、救急車などのほかに事故での負傷者の絵を描く子供もいた。警察はこのやりかたで学校の周りのスピード違反者が減ると期待している。

→オランダ警察の発想がすごいですね。日本では無くなってしまった、ほのぼのした優しさを感じます。日本でやったら、「ラッキー、罰金なしだ」となりそうですが、オランダでは、むしろ子供に怒られている感じで、もうスピード違反は止めようと思うのでしょうか。

オランダ人の幸福度世界4位
オランダ人は世界でも4番目に生活に満足している国民らしい。3人の経済学者によって作成されたランキングは国連の幸福会議の前夜に発表されたもの。経済学者は過去数年間に行われた、所得、自由、政府への信頼感、寿命などの調査を元にこのランキングを作成した。

世界で最も幸せだと感じている国民はデンマーク人、次がフィンランドとノルウェー。これに続くのがオランダ、カナダ、スイス、スエーデン、ニュージランド、オーストリア、アイルランドである。世界で最も不幸な国はこの3人によれば、アフリカのトーゴであるらしい。

国連幸福会議は国民総幸福度(GDH)が一番高いと言われているブータンが議長となっている。
オランダの4位は、昨今の不況による失業や貧困の増加を鑑みると少し違和感のある結果であるといえる。

→日本は何位なのでしょうか?きっと真ん中よりはだいぶ下でしょう。オランダに住んでみて分かりますが、みんなゆとりをもってのんびり、楽しく暮らしています。もちろん問題もありますし、最近は経済少し悪くなっていますが日本とは比較できないほどまだまだ裕福です。ちなみにデンマークは何年も前からずっと幸福度1位です。


225年前の風車焼失
オランダのフリースランド州のブルムにあった225年前の風車が焼失した。日曜日の夜10時半ごろ出火し、11時には全焼した。この風車はまだ使用されているものであった。
出火の原因はまだ不明だが目撃者によれば風車の上部から火が出たという。
Kinderdike

→写真は世界遺産キンデルダイクの風車です。
戦後、近代化してからオランダ国内の風車は激減しましたが、いまでも1000くらいはあるようです。昔は1万以上はあったようです。
225年前の風車がまだ使用できていたなんてすごいですよね。全焼してしまってとても残念です。



ボーダフォン火災で不通に
ボーダフォンのロッテルダム拠点で大きな火災が発生したため、ボーダフォン電話回線に支障が起きている。おそらく混乱は終日続きそう。担当者によれば、ロッテルダム、ハーグ、ケネマーランド地域での電話が不通になっているほか、オランダの他の地域でも支障が出そうだという。
水曜日の朝起きた火災で保全のためロッテルダムのネットワークセンターのすべての電源が落とされている。このためロッテルダム地域の2G回線(電話とSMS)そして3G回線(携帯インターネット)がほとんど不通となっている。

政府各省庁もボーダフォン回線を利用しているためトラブルが起きているが、別回線への切替でしのいでいる。
さらに気象台KNMIの回線もボーダフォンであるため各地からのデータが送信できなくなるという状況に陥っている。

→これは4月4日のことで、私の携帯電話はVodafoneだったので朝からずっと不通で被害を受けました。日本だったらもっと大きなニュースになってもいいのに、オランダでは、「まあ仕方ないか」くらいでした。確か先月日本でDocomoの通信障害がニュースで報道されていました。Docomoの社長が謝罪し、役員の給料カットというニュースでした。ヨーロッパで同様のことが起きても謝罪もなにもないですよ。今回の火事でも、とくに何もなし。ヨーロッパの人はよっぽとのことがなければ謝りませんから、、、仕事上でももちろんそうなので大変なんです。。。

というわけでオランダ、今月の気になるニュースでした!



shiroyuki11 at 14:19|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)日常 

2012年04月11日

私のネタ、情報などがテレビで紹介されます

みなさん、こんにちは。

最近、私のブログやYoutubeを見たテレビ局の関係者から情報が欲しいという連絡をもらうことがありました。

1件目は既に放送済みですが、イタリアにある日本の物の情報を欲しいということで5,6回メールでやり取りしました。例えば、日本の包丁がイタリアで売られているとか、日本の漢字やひらがなが書かれた服が人気があるなど。みなさん以下の番組見ましたか?私の情報が番組ないで使われたようです。

番組名:テレビ東京系列「和風総本家」
放送日:2012年2月16日(木)
放送時間:21時00分〜21時54分

2件目はこちら。
私は「shiroyuki11」`というユーザー名で旅行等の動画を多数アップロードしております。フジテレビの関係者が私が以前ギリシア旅行に行った時の動画を見て、是非動画の一部を番組内で使わせて欲しい、という連絡がありました。
 
フジテレビ「行ってみたら、ホントはこんなトコだった?!」
2012年4月16日(月) 23:15〜23:45
ギリシャ編がいよいよスタート!経済不況…文明の発祥…美しきエーゲ海…魅力と謎多きギリシャの真の姿とは?家に居ながら絶対行った気になれるお得な30分!

来週月曜日のギリシア編見てみてください!私の動画、または静止画が番組内で出ます。たのしみだなあ。

この番組、私は以前から知っていてよく見ていました。芸能人ではなく、番組のADやディレクターの方々が世界各地を紹介するというちょっと変わった番組。でも面白いです。皆さん是非!


shiroyuki11 at 08:00|この記事のURLComments(12)TrackBack(0)

2012年04月10日

フランス、ロワールから戻りました

みなさん、こんにちは。

スゥエーデン出張から戻り、すぐにイースター休暇、車でフランス、ロワール地方の古城めぐりとワインとフレンチ料理三昧、行ってきました。今回の旅行では、シャルトル、ロワール渓谷、サン・サヴァン、ブールジュと4箇所の世界遺産にも行くことができました。走行距離2000km以上、いやあ疲れました。

昨日、ブールジュの近くにセント・ヴァレンタイン村(Saint Valentin)にも行ってきたのですが、そこにあるミシュラン1つ星レストラン、AU 14Fovrierのシェフ、浜野さんに偶然会い、それから村を案内していただいたり、レストランを紹介していただいたり非常にお世話になりました。
昨日は日曜日で郵便局は休みだったのですが、村長の奥様に電話をしていただき、特別に開けていただきました!ペイネグッズをいろいろと買うことができてよかったです。

浜野さん、本当にどうもありがとうございました。バレンタイン村の紹介を近々ブログでさせていただきます。どうぞよろしく!

ではまた!


shiroyuki11 at 05:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年04月03日

Sweden出張中

今出張で、Sweden、Stockholmに来ております。

とにかく寒い。昨日も今日も雪降りました。風も強くて、歩いていると顔が痛いです。
fsweden
さてこれがスゥエーデンの国旗です。
青と黄色が特徴的。

Stockholm市内のバスはこの青色です。きっと青と黄色がスゥエーデンのナショナルカラーなのでしょう。



IKEAこれはSweden発祥の格安家具ブランド、IKEAのロゴ、やっぱりSwedenカラーですね。



Stockholm03Stockholm、Arlanda空港からArlanda-Expressという急行に乗って市内まで来ました。

やっぱり電車もSwedenカラーです。

奇抜な青と黄色、そしてモダンな建築、芸術がSweden風のようです。
Sweden発祥で有名なものはたくさんあります。Swedenは国土は日本よりも大きいですが、人口は1000万人くらいと過疎の国。でもお金持ちで福祉も充実してます。1年のほとんどが寒いし、人口も少ないけど効率よく産業を発展させています。興味深い国ですね。


shiroyuki11 at 23:00|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)