2012年03月

2012年03月29日

★3分で読める!イタリア最新ビジネス・ニュースから

ミラノ駐在の頃からの友人、ムッチーナさんはメルマガで「3分で読める!イタリア最新ビジネス・ニュース」を毎週書いております。

無料で定期購読可能。イタリアの最新ニュース、裏話など面白いネタ満載なので良かったら是非!

■3分で読める!イタリア最新ビジネス・ニュース■
購読・解除はこちら⇒
http://www.mag2.com/m/0000225576.html
発行者: 関原 睦恵
本メルマガの著作権は発行者に帰属します。
◎3分で読める!イタリア最新ビジネス・ニュース
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000225576/index.html


今週の記事は以下の通りで、私のことが出ています。
=================================

  ★3分で読める!イタリア最新ビジネス・ニュース★

 ○。○ 第179号 サマー・タイム開始。 。○ 
             
=================================
今週のひとこと【サマー・タイム開始。】
さてイタリアを含む欧州各国は25日からサマー・タイムに切り替わりました。
時計の針を1時間進めましたので、7時に起きていた人は
もともとの時間では6時に起きることになります。
実際この時期は朝はちょっと辛いです。
逆に夕方は就業時刻になっても日がまだ暮れていないので、
公園でジョギングなどする人がこの時期になると増えて来ます。

ところでイタリア人だけかもしれませんが、
みんな生まれた時から必ず毎年 年に2回、
夏時間と冬時間の切り替えをやってきているにもかかわらず
切り替わりの時に時計の針を1時間先に進めるのか、
はたまた後に戻すのか、覚えていない人がほとんどでびっくりします。

今回も先週、同僚の間で夏時間の話になり、例によってまた、
「で、1時間多く眠れるの?それとも1時間早く起きなきゃいけないの?」
「えーと、どっちだっけ?」
という議論に。

この質問に答えるには実は、お友達のシロユキさんがとっても分かり易い
法則を作ってくださっています。
http://amstelveen.doorblog.jp/archives/1785987.html
「秋の夜長はゆっくり寝坊できる」これなら覚えられます!
今回は春ですから、1時間早く起きなければいけないわけですね。

ところでシロユキさん、この「どっちだっけ?」の議論になるのは
イタリアだけですか?オランダではどうでしょうか?
ブログに是非書いてくださ〜い。
---------------

というわけで、早速私もブログに書きます。
まずオランダのニュースから。
オランダ人もみんなこの1時間の時差について、よくわかってないようですね。
--------------
25日(日)から夏時間が始まる。これまでの午前2時が1時間早まり午前3時となる。つまり朝7時に起床していた人は、冬時間の朝6時に起床しないと間に合わない。
夏時間の開始日にはオランダ人の16%は寝過ごすという調査結果がでている。夏時間には朝明るくなるのがこれまでより遅く、夜暗くなるのも遅くなるということを知っている人は10人に一人だという。

10人に6人は1時間寝足りない分をどこかで補いたいと考えている。さらに女性の半分は夏時間と同時にスカートやワンピースを着たいと思っている。男性も同様に、女性のスカート姿を見たいという人が56%に上る。

夏時間は3月の最終日曜日に始まり、10月の最終日曜日まで続く。
--------------

なんかよくわからんアンケートをしてますが、オランダで会社の同僚に聞くと、やっぱりよくわかっていませんでした。日曜日の朝起きたら分かるから別に気にしないという人がほとんで。
中には、日曜日気にしてなくて、月曜日会社に1時間遅刻した、なんて人もいます。。。。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類あります。
交感神経は働く神経。
副交感神経は休む神経。

日本人は交感神経が優位に働くタイプの人が多いと言われています。つまりアクセク働きます。
それに対して、ヨーロッパ人、特にラテン系の人たちは副交感神経優位タイプが多いそうです。つまり、のんびり屋さんですね。


ヨーロッパではみんなのんびり屋さんなので、サマータイム開始、または終了時に1時間進もうが戻ろうがどっちでもいいんです。その時になれば分かるワイ、という感じです。一生死ぬまで毎回こういう感じでしょう。

半年に一度1時間進んだり、戻ったりなんて、交感神経優位タイプが多く、また時間に非常にシビアな日本人が許せるはずがありません。
私は日本でサマータイム制度を定着させるのは難しいと思います。

なので、何度か書いていますが、日本のタイムゾーンを1つ東側に、つまり1時間進む方向にずらすべきだと思います。
http://shiroyuki.doorblog.jp/archives/52125099.html

1時間ずれるのは1度だけ!その後はずっと変わりません。これによって日の出時間が早すぎる東京などは1時間遅くなり、日の入りが1時間遅くなり、日照時間を有効に使えますし、夜も明るくて気持ちいいです。

今後も何度も書きますよ!



shiroyuki11 at 19:43|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)日常 

2012年03月27日

千葉県警に苦情300件超 習志野署の旅行批判 長崎ストーカー事件

私は毎日日本のニュース、動画やネットで見ておりますが、先週はこのニュースが大きく取り上げられておりました。

千葉県警に苦情300件超 習志野署の旅行批判 長崎ストーカー事件
長崎県の2女性殺害事件に絡み、千葉県警習志野署員がストーカー被害の届け出受理を先送りした直後に署内の親睦旅行に行っていた問題で、今月5日に事件対応の検証結果を公表した県警本部生活安全部の安達泉己・生活安全総務課長が、昨年12月の検証開始当初から旅行の事実を把握していたことが24日、県警への取材で分かった。習志野署の大場仁志署長が署員の旅行を認めた際、被害届受理の先送りを把握していたことも判明した。
 

テレビのニュースでは、このニュースのタイトルで”旅行”が””で括られ、協調されています。上記の記事ではストーカー被害の届け出を先送りして親睦旅行に行っていた問題、と書かれています。

マスコミが歪曲しているのがよくわかります。まず本件、悪いのは「犯人」です。そして次に悪いのは、届出受理を先送りしたことでしょう。他の部署や残る人に引継ぎして受理すべきでした。
親睦旅行に行くこと自体は全く悪くありません。マスコミは「旅行」を強調しておりますが、随分と前から計画していた親睦旅行だったのでしょう。数日前に旅行をキャンセルする方がおかしいです。
きちんと業務を引き継ぐべきでしたね。

日本人はすぐに、「休む」とか、「旅行」を悪いこと、「働くこと」=素晴らしいこと、と思いがちですが、世界から見れば日本人が異常です。
警察、医者、先生、公務員、駅員などはすぐにやり玉に挙げられますが、欧米では休むこと、旅行など当たり前で、その前に言っても何も対応などしてくれません。
電車が何時間遅れようとも駅員は知らんぷり。3分遅れただけで、申し訳ありませんと謝る日本の方がちょっと変です。


話は飛びますが、イタリアの警察の話をします。

私は2006年9月、ミラノに駐在していた時、武装強盗団にはいられました。

このとき、犯人の一味は壁の金庫を電気ドリルで破壊し、コンクリごと金庫を持っていきました。その時にけがをしたらしく、布団やシーツに血がべっとりついていました。

イタリア警察は初めからやる気がなく、現場検証もあっさり終了。鉢合わせていたらあんた、殺されていたよと脅されました。
被害額はプリウスを買えるくらいでした。でもそれよりも家がかなり破壊され、警察からは、また何度もその強盗団は入ってくるよと脅され、毎日が怖かったです。

血の付いたシーツをイタリアの警察署に持っていくと、
「俺たちの仕事を増やす気か!とっとと持って帰れ!」と逆切れで怒られました。これがイタリアの警察です。警察は泥棒たちとグルと言っている人もいます。

さらに、当時の同僚には、「お前犯人を捕まえようとしているんじゃないのか?イタリアでそんなことしたら復讐のためお前は殺されるぞ」と言われ、当時はイタリアが心底嫌いになり、会社の人事に日本に帰国させてほしいとせがみ、それがダメと言われたので、では会社を辞めますと言いました。当時は、特例で引っ越しをさせてもらい、ようやく落ち着き、それから数年かかりましたが、今ではようやくイタリアが好きになりました。
ただ今でもイタリア警察は信用しておりません。船の船長が真っ先に逃げるくらいですから、みんないい加減なんです。


話を戻しますが、日本の警察の不祥事も多いですが、大半の人たちは必死に頑張っています。親睦旅行もよいでしょう。ただしその際の業務引き継ぎをきちんとするというシステムを確立してほしいです。警察官の親睦旅行禁止、などとはしないようにお願いしたいです。

本事件の被害者ご家族には心からお悔やみ申しあげます。


shiroyuki11 at 06:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月23日

ミシュラン2つ星の寿司、大田区、初音鮨

絶品の高級寿司店を紹介します。

Hatsunesushi01Hatsunesushi02








初音鮨(はつねすし)
住所: 東京都大田区西蒲田5-20-2
TEL 03-3731-2403
交通手段: JR蒲田駅西口徒歩10分
休: 日曜・祝日
営業時間 [月〜金]17:30スタート、20:00スタートの2回制
[土]11:30スタート,19:00スタート
オススメ度:★★★★★
雰囲気:★★★★
●大田区が誇る、ミシュラン2つ星の寿司屋。20貫15000円のコースのみ。どのネタも最高の質なのでコストパフォーマンスが高いです。一生の思い出に残る寿司を是非一度試してみてください。(2009年来訪)


まずは店内から。
Hatsunesushi03Hatsunesushi04








Hatsunesushi12Hatsunesushi13








Hatsunesushi05Hatsunesushi06








Hatsunesushi30お勧めはカウンターです。ご主人の詳しい説明を聞くことができますし、握ってすぐに食べることができます。






ここの店の決まりは、握って3秒以内に食べてください、という「3秒ルール」!
握った直後が一番おいしいのだそうです。
Hatsunesushi07Hatsunesushi17







大間のマグロ!すごい、初めて見ました。鱧(ハモ)も初めてです(右下)。
Hatsunesushi10Hatsunesushi15








Hatsunesushi16Hatsunesushi37








Hatsunesushi34店主のこだわりは、「寿司は漬けること」。
ネタはすべて醤油ベースのタレにつけています。

シャリは煮詰めた赤酢を合わせているので茶色いシャリです。





絶品の寿司コース、紹介します。

あおりイカ→佐島であがったアオリイカ。
赤酢のシャリなので茶色いです。
Hatsunesushi09Hatsunesushi11








星鰈(ホシガレイ)→肝つき。まぼろしの星ガレイ。お腹に星がある。左下。
鰆(サワラ)→甘みあり、右下。
Hatsunesushi14Hatsunesushi38








赤貝                   車海老→江戸前の車エビ
Hatsunesushi19Hatsunesushi20








鱧(ハモ)→骨切り。柔らかくフワフワ
Hatsunesushi18Hatsunesushi21








Hatsunesushi22関東人の私は鱧を食べたことがありませんでした。

骨切りした鱧、本当に美味しかった。






甘海老→2匹の甘エビ、上にエビ味噌(3匹分)、左下。
鮪(マグロ)の赤身→大間のマグロ。赤身を漬ける、最高!!右下。
Hatsunesushi23Hatsunesushi24








金目鯛(キンメダイ)→甘みがある、まったり、左下。
鯵(アジ)→塩でしめる、右下。
Hatsunesushi25Hatsunesushi26








鮑(アワビ)→肝ツキ。でかい!
Hatsunesushi27Hatsunesushi28








海胆(ウニ)→最高級の赤ウニ(バフンウニ)と白ウニ(ムラサキウニ)。バフンウニと言えば北海道産。白ウニよりも赤ウニの方が高級かと思っていましたが、それぞれの最高級があるようです。
Hatsunesushi29Hatsunesushi31








海胆(ウニ)→赤ウニ(バフンウニ)と白ウニ(ムラサキウニ)のMIXを軽くあぶる
本当に素晴らしい、最高でした!
Hatsunesushi39

















大間のマグロ、中トロです。漬けているので色が濃くなっております。
Hatsunesushi32Hatsunesushi33








鮪(マグロ)の中トロ→大間のマグロ。
生涯で最初で最後かも。もちろん、最高!
Hatsunesushi35Hatsunesushi36








コハダ→ひかりもの、左下。
穴子→上にワサビ、右下。
Hatsunesushi41Hatsunesushi44








いよいよ大間のマグロ、大トロです!
Hatsunesushi42








鮪(マグロ)の大トロ→大間のマグロ
泣きそうでした、一生の思い出になりました。
Hatsunesushi43

















鉄火巻き→大間のマグロ、赤身と中トロの余りを巻きました。これまた絶品!左下。
かんぴょう巻き→唯一の砂糖つけ、右下。
Hatsunesushi45Hatsunesushi46








Hatsunesushi47ここのもう一つの名物、タマゴ。







タマゴ→カステラのようなタマゴ。
こんなの食べたことないです。うまい!
Hatsunesushi48Hatsunesushi49








以上、最高のネタの寿司、20貫、1万5千円は高くないと思います。銀座なら2倍はしますよ!
コストパフォーマンス最高の蒲田の初音鮨、是非行ってみてください!



2012年03月22日

東京の美味しいもの

今年初めに、東京の美味しいものを紹介しますと書きました。

頑張れニッポン!ということで、紹介するつもりでしたがまだあまり紹介出来てませんね。。。。

これからしばらくはいくつか東京の美味しい店を紹介しますよ!

その後はイタリア特集にしようと思います。イタリア各地のお勧めを紹介します!

よろしく!


shiroyuki11 at 21:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月21日

和製LCC「ピーチ」、欧州LCC「Ryan air」

今日本で話題の格安航空、LCCのピーチ。もう乗った方はいらっしゃいますか?
LCCとは、LCC(Low Cost Carrier)の略。

今日はこの記事から。
---------
2012年3月1日、関西国際空港(関空)を拠点とする初の和製LCC(格安航空会社)「ピーチ・アビエーション(以下、ピーチ)」がついに就航。その初就航便に搭乗し、乗る前の手続きや乗り心地、サービスをチェックした。

 2012年3月1日、関西国際空港(関空)を拠点とする日本初の本格LCC(格安航空会社)「ピーチ・アビエーション(以下、ピーチ)」がついに就航した。。。。

--------
日本ではようやくLCCができたようで話題ですね。

欧米ではだいぶ前から当たり前で、ヨーロッパには60ものLCCがあります。
ヨーロッパに住む人たちは旅行や仕事で頻繁に飛行機を使います。その際、LCCをよく使います。

ただし、LCCは安かろう、悪かろうで問題も多いです。
・サービスが悪い
・欠便や遅れが多い
・格安航空専用空港を使用する都市では中心地から遠い
・マイルを貯めるサービスがない

よって、利用者はそれを十分理解して利用しております。きちんとしたサービスを受けたい人はKLM、Air-France、BAなどを利用します。

私が今までヨーロッパで利用したことがあるLCCは以下の通りです。
Aer Lingus(エア・リンガス)
Ryan Air(ライアン・エア)
EasyJet(イージージェット)
BMI Baby(BMIベビー)
Transavia.com(トランサビア・コム)
Norwegian Air Shuttle(ノーウィージャン・エア・シャトル)
Condor Airlines(コンドル・エアラインズ)


Easy-Jetがヨーロッパでもっとも有名だと思います。便数も多く、サービスはそれほど悪くなく、安定しています。
激安で有名なのはアイルランドのLCC、Ryan-Airです。ネットで予約しようとすると、なんと片道1ユーロから予約できます。ただし最後の清算時にはなんたら税とかいろいろ入り結局安くても20ユーロくらいになります。それはいいのですが、サービスが劣悪で、安全性も悪く、もめごとをよく起こしております。私も一度利用したことがありますが、トラブルに巻き込まれました。
Ryan-Airは絶対に利用してはいけない航空会社だと思っております。

まず、航空券は自分で事前にプリントアウトしてこないで空港で発見すると4000円かかります。
最近、機内のトイレ利用を有料にしました。
以前、「デブは航空運賃を2倍払え」ということで体重が重い人は航空料金を多くとろうとしたこともありました。

私は、荷物預けで料金を2倍払わされたことがあります。
まずカウンターで、重さを量ってもらい、「15圓覆里如▲船吋奪肇ウンターで4000円払ってまたもってきてください」と言われ、言われる通りに払ってその控えを持っていくと、「ああ、18圓任垢諭3堋恐瓩4000円払ってきてください」と言われビックリ!あんたさっき15圓4000円って言ったじゃないか!というと、「知らん、とにかく払え」ということで、大ゲンカ。1時間近く言い争いになりました。
結局払ったのですが、最後に「これがRyanの金儲けのやり方か?」というと「アハーン!」と一言。要するにYESの意味なのですが、あの時の一言は絶対に忘れることができません。

私以外にももめている人は多くて、カウンターでは何組か喧嘩していて、怒号が飛び交っていました。一見安いですが、あとから金をせしめるひどい航空会社です。

調べてみると、訴訟問題になるケースも多いみたいです。安全性確認もきちんとしておりませんので、いつ事故が起きるかわかりません。絶対に乗るのはやめましょう。
RyanAirの問題点

というわで日本でも今後はLCCが増えると思いますので、賢く上手に使い分けましょう!



shiroyuki11 at 08:00|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2012年03月19日

イタリア政府、中国で偽ブランド取締り

今日はこの記事から。

-------------
イタリア対外貿易委員会の知的財産権部門がこのほど、中国当局に対して中国国内に存在する計30件の偽イタリアブランドを報告した。偽ブランドはイタリア製であると偽証し、国名や地名、さらにはイタリア国旗を用いた商標などで消費者に販売していた。イタリア政府は偽ブランドの存在は「イタリア国家のイメージを損なう」として、中国政府に適切な措置をとるように呼びかけた。中国青年報が17日付で報じた。

 イタリア製として寝具用品を販売していた「嘉加夢」という企業は、会社紹介としてイタリア・フィレンツェの住所を記載していたが、実は上海に本店を置くれっきとした中国企業だった。イタリア当局の調査により、イタリアの住所は虚偽だったことが明らかになった。

 「嘉加夢」はマットレスを3万4000元(約44万円)で販売しており、その原価は6000ユーロ(約65万円)と偽っていた。本物のイタリア高級ブランドのマットレスでも600ユーロ(約6.5万円)を越えることはない。イタリア当局はこのような偽ブランドは中国に数多く存在すると指摘した。

 イタリア当局の対外貿易委員会は2010年7月、北京に知的財産権事務所を開設、1年間にわたって中国市場を調査し、偽イタリアブランドを販売する企業を数多く発見してきた。こうした企業はイタリア製という名のもとに、価格を何十倍にも釣り上げて販売していた。

 イタリア当局は偽イタリアブランドがイタリアの国家イメージを損なうものとして、こうした企業に対して適切な措置をとるよう中国政府に訴えた。中国当局の関係者は、指摘された企業に問題があったかどうかは現在調査中とし、「知的財産権は中国の法律に従うものだけが保護されるものであり、中国政府も知的財産権を非常に重視している」と回答した。
---------------------
イタリア国内にも中国製イタリアブランド品がありますが、このニュースは中国内で、偽イタリアブランドを取り締まるというもの。

それにしても、マットレスの原価を65万円と偽るってすごいですよね。これが真実だとしたら、売値44万円じゃ、売るたびに赤字ですよね。。。

でも最近は中国国民も偽物ってわかっているようです。たとえば、日本製電化製品も中国国内では信じられないので、日本に来て買うようです。

ミラノ市内、via sarpi(サルピ通り)は通称、中華街です。ここがイタリアか?と思うような雰囲気です。さすがに店内で偽ブランド品は売ってませんが、革製品を安く売っているので、賑わっています。
でも以前からイタリア政府はこの中華街をMetro2線終点、郊外にあるAbbiategrasso(アッビアテグラッソ)近辺に移設しようとしていたのですが、現状どうなっているのでしょうか?

ミラノ在住のみなさん、近況教えてください。



shiroyuki11 at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月18日

ブログの更新、予約投稿について

最近、いろいろなところから、「シロユキさん、平日の昼間にブログ更新してますよ」という噂があるようです。
答えはNO。

blog02私は土日、または平日夜、帰宅後にブログを書いて、「時間指定の予約投稿」しております。

左はLIVEDOORのブログ設定画面です。

そのまま、記事を「公開」することもできますが、左画面の赤枠のように、「予約」で時間指定することができます。

つまり、ブログを作成した後、未来に時間指定して、その時間になると自動的に公開してます。


blog01これが作成した記事の一覧の例です。

ちなみに左は去年から再開したオランダに特化したブログです。

時間指定を0:00にしてます。Livedoorは日本時間基準なので、ヨーロッパですと8時間前の16:00に自動的に公開されてます。

なのできっと、読者の皆さんは、あの人、仕事サボってブログ書いてるでぇ~~、と思っているのかもしれませんが、実はこういうカラクリでした。

今後は変な誤解を避けるため、予約投稿の設定時間を8:00にします。そうするとヨーロッパ時間の0時になりますから大丈夫でしょう。


今後ともよろしくお願いいたします。



shiroyuki11 at 08:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年03月17日

オランダ企業、福島にバイオ燃料植物の生産を計画

今日は画期的なこのニュースから。

オランダ企業、福島にバイオ燃料植物の生産を計画
NRCハンデルスブラット紙によれば、オランダ企業ウォーターランド・インターナショナルは、福島の原発事故で放射能汚染されている地域にバイオ燃料用作物の生産を計画している。
同社はすでに同地域の農協と2000から3000ヘクタールの土地を借りて作物を生産する契約を結んでいる。これはライデン市全体の広さにあたる。

対象となっている土地は放射性物質であるセシウム137を大量に含んでいるため、食料用の植物の生産は禁止されている。しかしバイオ燃料用の植物の生産は農民にとって福音となりうる。ウォーターランド・インターナショナル社が生産計画をしているのは、アブラナ科に属するカメリナという植物。このカメリナの種からバイオ燃料が抽出される。

日本政府はカメリナの植付けによって土壌に含まれるセシウム137が減少する可能性を研究する計画だという。チェルノビルの被曝の際には土壌のセシウム量を減らすためにヒマワリが植えられた。しかし福島での実験ではヒマワリは効果がなかった。

ウォーターランド社はこの計画が成功すれば生産地域を拡大する予定である。現在約80万ヘクタールの土地が食料用食物の生産に不適切となっている。もしこのバイオ燃料用植物生産が成功すれば、日本の代替エネルギー生産拡大にも大きく貢献するはずである、と同社。
----------------------
このニュース、すごくないですか?

福島の原発事故で汚染されている地域にバイオ燃料の植物を植える計画がある、というニュース。土壌のセシウムが減少すればなおよいことです。経済問題、エネルギー問題がこれで改善するとよいですね。

ちなみにこれはオランダ国内のニュースですが、日本でも報道されてます?



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2012年03月15日

日本のドラマ、2012年1月〜3月シーズンの感想

以前から何度か書いてますが、私は日本のドラマが好きで、今も最新のドラマをかなりよく見ています。

日本に帰任すると、普通に日本語でテレビがやっているので、日本にいると逆にドラマを見なくなるのですが、海外に住んでいると、たとえばイタリア、オランダのテレビは面白くないので、日本のドラマばかり見てます。

今シーズン(2012年1月~3月)のドラマは恋愛ドラマが少なく、シリアス系のドラマが多くて、私としては面白いドラマが多かったです。運命の人、ストロベリーナイト、ラッキーセブンなど結構面白かったです。

私が今シーズン、一番面白いと思ったのは、「聖なる怪物たち(テレビ朝日)」です。

内容がしっかりしていて、先が読めず、毎回どんでん返しがあって次週が楽しみでした。
いまどきのドラマとしては珍しく、ジャニーズタレント、お笑いタレントがゼロ。
音楽はクラシックやキリスト教のミサで流れるような曲などでいい曲が多かったです。

内容が素晴らしく、役者ぞろいで、音楽もとてもよいこのドラマ、視聴率を調べてみると、20時から22時スタートのドラマの中では今シーズン最下位の平均7.8%。。。。なんで???

私の趣味が変なのでしょうか?それとも日本人はやっぱりジャニーズ、お笑い、韓流じゃないとだめなの?・・・・ちょっと悲しいです。

テレビ朝日のサイトで無料動画配信やっているようなのでよかったら一度「聖なる怪物たち」見てみてください。お勧めですよ!


shiroyuki11 at 07:58|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年03月13日

個人識別番号利用法案、日本は早く始めるべき

 以下は先週土曜日の記事です。

 

<個人識別番号利用法案>監視社会化への懸念も広がる

学者や弁護士らが参加した市民グループ主催の院内集会=東京・永田町の衆院第2議員会館で6日

外国人を含め住民票を有する全員に割り当てた個人番号を使って、行政機関や企業が保有する個人情報を利用するための個人識別番号利用法案(マイナンバー法案)が国会に提出された。15年1月の導入を目指す番号は、将来的には民間利用にも道を開く事実上の国民背番号だ。法案では捜査機関への情報提供も認めるなど監視社会化への懸念も広がる。どのような内容なのか整理した。


個人識別番号、いわゆる「国民背番号」導入についてはもうだいぶ前から議論されています。
イタリアとオランダに住んだ経験から言わせてもらいますと、

日本はつべこべ言わずに速やかに個人識別番号を導入してください!

ということです。学者や弁護士、ニュースキャスターなどが街頭演説で、「我々は囚人ではないです。背番号をつけないで、番号で管理しないで!」と力説しているのを聞いたことがあります。マスコミもそろって同じ論調。「個人情報の利用」ということで国民は情報漏えい等心配で世論は反対の流れ。。。

国民背番号なんて言うからよくわかんないんです。欧米では当たり前の「IDカード」のことです。イタリア、オランダ、ほとんどの国で採用しているIDカードです。我々外国人もみんな持ってますよね。個人の証明にもなりますし、ないと不便です。

日本では公式な写真入りIDカードというものがありません。うちの祖母はパスポートも持ってませんし、運転免許も持ってません。住基ネットはいまいち普及してませんし。。。

日本のような人口が多く、先進国はIDカードがないといけないんです。今の日本はあまりにも個人が特定されずらい社会です。管理されなさすぎです。それがいいんだ、管理されたくないと、お偉い学者さんたちは言いますが、クレジットカード、銀行ATMカード、携帯電話などで我々は番号をつけられて管理されています。今さら管理しないでというのもおかしな論理です。

IDカードのメリットを以下に書きます。
1.写真入り証明カードなので、ホテル、フライト、携帯電話契約、何かの会員に入るときなどこれ1枚でOKです。
2.収入、納税情報が分かるので、新政策にもすぐ対応できます。


1について→今の日本はホテルチェックイン時に手書きで名前を書きます。何も証明を見せないので偽名などされた場合は本人かどうか判別不能です。よって犯罪がらみのときに足がつきません。フライトも同様です。事故、火事などがあってもだれか判別できませんので別途調べるのが大変です。

2について→消えた年金問題、子供手当の年収による選別、その他年収や税収で選別する新政策の際、IDカードがないと、いちいち市役所の方が市民全員について調べなくてはなりません。無駄な労力、人件費の無駄、公務員が多いのもこういう余計な仕事があるためです。IDカードがあれば、公務員も減らせるし余計な費用を減らせます。年金が消えたなんてばからしい事件は起きません。

まとめると、
1については「犯罪防止、悪い人、犯罪者の足取りを追うことができます」、「個人を容易に識別できます」
2については「税金の無駄遣いを減らせます」


きちんと情報を管理さえすればIDカードはとても良いシステムです。

オランダ人、イタリア人に「日本にはIDカードがないんだよ」と話したことがありますが、みんな「信じられない、考えられへん!」と言っておりました。実際彼らはIDカードがあればパスポートがなくてもEU圏内の移動ができますし、何をするにもIDカードが証明になりますし、なくてはならないものです。

欧米人に言わすと「日本にIDカードがない」というのは、「日本には携帯電話がない」、「日本にはインターネットがない」のと同様です。

以前、台湾に長期出張した時、当然台湾にはIDカードがあり、日本にはないと言うと、「どうやって個人を証明するんだ?信じられない」と言っていました。

ちなみに今、中国では政府が国民全体にICチップ入りのIDカードを導入するために準備しております。海外でやるからやろう、というのではなく、IDカードは社会においてなくてはならないシステムなんです。中途半端なものではなく、すべて網羅した、きちんと使えるIDカードにして早く国民に配ってください。
携帯電話だけでなく、こういうところも「ガラパゴス日本」ですね。
早急な対応、よろしくお願いいたします。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年03月11日

パリ、ノートルダム寺院で東日本大震災の被災者と被災地への祈りをささげるミサ

今日でちょうど一年ですね。2日前にパリのノートルダム寺院で被災者のためのミサが行われました。


パリ、ノートルダム寺院で東日本大震災の被災者と被災地への祈りをささげるミサ
 
 フランス・パリのノートルダム寺院で9日、東日本大震災の被災者と被災地への祈りをささげるミサが行われた。
 2011年、震災の2日後に追悼ミサが行われたノートルダム寺院には9日、1,000人余りが集まり、震災の犠牲者の鎮魂や、被災地の復興への祈りがささげられた。
 そして、パリ在住の日本人の代表が、この1年のフランスから日本への支援に感謝を述べ、被災者への連帯を呼びかけた。
 参加した人は「われわれは、日本の人たちを忘れていない。『これからも支えていきたい』と言うために来ました」と話した。
 また、指揮者・佐渡 裕さんが、阪神・淡路大震災の被災地、兵庫県の小中高校生たちとともに、被災地にささげる演奏を行った。
 佐渡さんたちは、11日にパリのユネスコ本部でチャリティーコンサートを開く予定。

指揮者・佐渡 裕さんは、去年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演で話題になりましたね。1999年、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団首席客演指揮者に就任しました。

今日3月11日(日)は世界中で被災者のためのミサ、復興イベントが行われます。オランダでもアムステルダムでチャリティーイベントが行われます。

HOPE STEP JAPAN !アムステルダム

ミラノ、ドゥオーモでもきっとミサが行われることと思います。

ヨーロッパ在住のみなさん、復興イベントに参加して日本復興のために頑張りましょう!



shiroyuki11 at 00:58|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年03月08日

ウィーン中心街の様子

ウィーンから戻りました。

出張だったので忙しく観光はできませんでしたが、帰る前の日の夜、時間が空いたので同僚たちで街中に出ました。

ちなみに日本語はドイツ語通りウィーンと言いますが、ヨーロッパ他国では、Vienna(ヴィエンナ)と言います。
まずはド中心にあるシュテファン寺院(Stephansdom)、ドイツで3番目に高い塔があります。Vienna08Vienna13










オーストリアで最も古い、500年前から営業しているバイスル(Beisl)に来ました。バイスルとはドイツ語で居酒屋のようです。レストランよりは庶民的という感じですね。
グリーヒェンバイスル(Griechenbeisl)、かっこいいです。
Vienna19Vienna20









Vienna21オーストリアでは歴史的建築物、博物館、美術館などにはこの旗が掲げられています。この建物もそういうことです。








バイスルといってもここは高級感があります。モーツァルトもきたそうです。
Vienna24Vienna38









やっぱりオーストリアの地ビールが美味しいです。
Vienna28Vienna32









猪のフォアグラ、テリーヌ(左下)、ぱさぱさしてあんまりでした。やっぱりカモのフォアグラじゃないとダメですね。右下はターフェルシュピッツ(Tafelspitz)という郷土料理、これがまずい。ビーフブイヨンで茹でた牛肉にソースをからめた食べるのですが、肉が硬く残念な感じ。かなり残しました。。。
Vienna30Vienna34









後輩が注文したシュニッツェル。やっぱこっちにしてけばよかった。ラデツキー将軍がミラノからミラノ風カツレツを持って帰り名物になりました。ラデツキー将軍はヨハン・シュトラウス父の名曲、「ラデツキー行進曲」で有名ですよね。日本人でこの曲を聞いたことがない人はいないでしょう。CM、テレビでよく流れます。
Vienna35Vienna36









Vienna39この店の創業者?
または芦屋雁之助???

「僕はシュニッツェルよりおにぎりが好きなんだな」と言ってきそうです。






食事後、どうしても見たかった「マークトゥエインの間」に案内してもらいました。
モーツァルトのサインもあります​。

Vienna41Vienna45









Vienna44Vienna43








Vienna50
パバロッティ(Pavarotti)もサインしてるじゃないですか!
きっと近くにある国立オペラ座でのコンサート後に寄ったのでしょう。







Vienna51街中を散策していると怪しい日本食の看板が!
AKAKIKO、あかきこ、、、、、日本語なの?

あきひこ?あきこ?ワカチコ(古い)?どれも違いますね。





というわけでカフェ・ザッハー(Cafe Zacher)に到着。さきほどのバイスルであえてデザートを食べずにここに来ました。
Vienna52Vienna53









Vienna59Vienna58









ホテルザッハーに併設されているカフェ、ザッハー。高級感がありますね。天井は5m位あります。
Vienna60Vienna61








Vienna64









きました、名物のザッハートルテ。チョコケーキです。中にはアプリコットジャムのペーストが練りこんでいます。
Vienna65Vienna67









Vienna68Vienna66









Vienna69生クリーム入りのウィナーコーヒー。
うまい。





というわけでウィーンの夜の様子でした!



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月06日

ウィーンから戻りました

ウィーン出張から戻りました。
Vienna06忙しかったのでほとんど街中には出れなかったのですが、一日だけ夜ウィーン中心に行きました。

国立オペラ座のライトアップです。息をのむほど綺麗です。





1500年創業、ウィーンで最も古いレストラン、グリーヒェンバイスル(Griechenbeisl)に行きました。天井にはモーツァルトなどの著名人たちのサインで埋め尽くされています。
ウィーン名物シュニッツェル。元々はラデツキー将軍がミラノからミラノ風カツレツをウィーンに持ち帰ったのが始まりです。
Vienna10Vienna08









ウィーン名物、ザッハートルテ(左下)!そして、ウィナーコーヒー(右下)。ウィナーコーヒーとはウィーン風コーヒーのこと。決してウィンナーソーセージが入っているコーヒーではありませんよ。
Vienna11Vienna12








ではまた!


shiroyuki11 at 06:46|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年03月04日

ウィーンに出張中

みなさん、こんにちは!

今ウィーンに出張中です。ウィーンは4年前旅行で来たことがあります。
久しぶりのウィーン!町はやっぱり綺麗、素晴らしいです。

また報告します!


shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年03月02日

オランダ、移動安楽死扶助、3月から稼働

今日はこの記事から。オランダらしいニュースです。

移動安楽死扶助、3月から稼働
医師一人、看護士一人を含む6人の安楽死専門家チームの訪問が来月から開始する。
死ぬ権利の会(NVVE)によれば、安楽死を希望しかつオランダの法律の下で安楽死を受ける資格を持ちながらこの意志を阻止されている人々が訪問の対象となる。例えばホームドクターが患者の安楽死希望を真剣に考慮しないというような場合に、この移動安楽死扶助グループが患者を訪問する。

NVVEはまた3月1日から「人生を終えるクリニック」をハーグで開園する予定。ホームドクターで安楽死を受けられない人は2012年の半ばからこのクリニックで人生を終えることが可能となるはず。NVVEによれば年間1,000件程度の利用が予測されている。ただし、単なる自殺願望者は利用することはできない。あくまでもオランダの安楽死法の下で規定されている安楽死を受ける手続きをクリアした人のみが、クリニックでの安楽死措置を受けることが可能である。例えば、不治の病で苦しみ、かつ安楽死の希望が考慮の末で自発的である場合などがこれに当たる。

これまで安楽死の対象者は治癒の見込みのないがん患者などがほとんどであった。しかしNVVEによれば、初期の痴呆患者や慢性的な精神病患者も安楽死を受ける可能性があると発表している。



オランダは非常に合理的な国。世界一合理的な国だと思います。悪く言えば何でもあり。
世界で最初にゲイの結婚を認め、代理出産もOKなので、男と男、女と女のカップルでも子供が持てます。
売春、ドラッグ(ソフトのみ)もOKです。

今日の記事は安楽死について。合理的なオランダでは安楽死も認められています。

以下は、知人から聞いた話で、実話です。
あるオランダの老人は末期の癌で、安楽死を近々する予定ということで色々と計画を立てているのだそうです。
自分の葬式に呼んでほしい人リストを作成し、葬式に出してほしい料理を考え、葬式の際に流す音楽まで決めているのだそうです。
自分の死に対して客観視し、段取りを決めていく、、、まるで楽しんでいるかのようです。
この人は苦しまずに死のうと決めて、葬式も自分の好きなようにアレンジしたいのです。

イタリア人はこうはいかないでしょう。先月の豪華客船の事故でもわかるように、イタリア人は恥も外聞もなくとにかく生きていたい人たちですから。

日本人はまた別の意味で、このオランダ人のようにはいかないでしょうね。

それにしてもオランダ人の合理的な考え方には驚きです。