2008年03月

2008年03月31日

ミラノ市民マラソン、Stramilano(ストラミラノ)〜4月6日(日)

来週の日曜日、4月6日(日)はミラノ伝統の市民マラソンStramilano(ストラミラノ)が開催されます!毎年、4月の第一日曜日に開催されるマラソン大会で、ミラノ市民なら誰もが知っています。

Stramilano(ストラミラノ) ←クリック

私も去年6kmコースを走りました!

第36回、ミラノ市民マラソン大会〜STRAMILANO

ストラミラノは6km(子供用)、ハーフマラソン(21km)、フルマラソン(42.195km)の3種類のコースがあります。ドォーモをスタートし、ミラノ中心街の車道を走る機会はこのときしかなく、とても爽快ですよ!

今ならドォーモに行けば特設テントがあり、申し込みを簡単に行うことが出来ます(1人10ユーロ程度)。ストラミラノ特別Tシャツももらえるし、その他にもおまけがいろいろと入っています。

健康のためにも今年はみなさん、参加してみてはどうでしょうか!

(ちなみに私は今日からまたエジプトに行ってきます!4月6日に帰ってくるので今年は不参加・・・)



2008年03月30日

欧米でサマータイム開始!

いやあ、ようやく待ちに待ったこの日がきました!

欧米の各国では、3月の最終日曜日から1時間分、時間をずらすサマータイム(夏時間)となります。これは10月の最終日曜日まで続きます。

具体的に言うと、3月の最終日曜日の夜中、1時になると同時に2時になります。2008年の場合は、3月30日(日)の夜中1時=2時となります。

1時間先に進むので、例えば30日(日)の朝9時に起きると、既に朝10時になっています。この日に予定や約束などがある方は1時間早くなってしまっているので注意してください。

サマータイムが始まると、いよいよ春、そしてイタリア人の大好きな夏を迎えることになります。夜の8時、9時でもまだ明るくてとにかく楽しくて気分が最高になります。

エネルギー削減などを考慮して日本も導入しようとしておりますが、省エネももちろんのこと、とにかく陽が長いと気持ちいいので導入して欲しい。一度体験してみると、サマータイムは最高!と思うはず!日本の場合は夏は朝4時には明るいので、2時間分ずらすべきだと思います。


ところで、このサマータイム制度。毎年3月と10月に1時間シフトするわけですが、イタリア人たちは毎回1時間進むのか戻るのか分かっていません。私がイタリアに来たばかりのときに、同僚達に聞くと、

「分からない。朝テレビをつければ進んだか、戻ったか分かるから気にするな」

「俺も毎年迷うんだ。今回は進むか?戻るか?もし分かったら俺に教えてくれ」

などという返事でびっくり!!30年以上もサマータイムを体験していて、1時間進むか戻るか分かっていないのです。

以前にも書きましたが、簡単な判別方法を書きます。

3月のサマータイム開始時→1時間先に進む。この日は1時間眠れる時間が短くなります(朝7時が既に朝8時なので)
覚え方:「春眠暁を覚えず」→春は寝過ごしてしまう

10月のサマータイム終了時→1時間戻る。この日は1時間眠れる時間が長くなります(朝8時がまだ朝7時なので)
覚え方:「秋の夜長」→秋の夜は長いのでゆっくりと寝よう

よかったら参考にしてみてください!



shiroyuki11 at 00:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年03月29日

フランス料理とイタリア料理

今回のフランス、ブルゴーニュへの旅行の目的はワインとフランス料理!正直に書くと、ワインはイタリアも負けていませんでしたが、料理はフランスに完敗でした。

私は元々、味噌汁やスープ、ソースなど、液体系が好きなので、その点からもフランス料理の方がおいしいと感じたのかもしれません。


正しい定義ではありませんが、誤解を恐れずにざっくり書くとイタリア料理とフランス料理の違いは以下のようになると思います。

イタリア料理→素材の新鮮さを重視し、素材そのものの味を楽しむ。ソースは基本的に無く、塩、コショウ、レモンなど。オリーブオイル、トマトをよく使う。大体は味の予想がつく。

 

080329 Italian01

イタリア料理のメインの例、魚介のグリル。

新鮮なエビ、以下、サーモンをあぶったもの。ソースは無く、塩が少しふってある。レモンをかけて食べる。

 

 

 

フランス料理→素材に加えて、長時間かけて作ったソースや、芸術的な盛り合わせが特徴。バター、生クリームをよく使う。特製ソース、スープなどは食べるまで味の予想がつかないものがある。

080326 Monte Biancho05

フランス料理のメインの例、エビのソース添え。

エビとエビ味噌を使った濃厚なソース添え。真ん中は麦を蒸したもの。

エビ味噌のソースが濃厚で比類なき味

 

080329 French01

ブルゴーニュ名物の牛肉のワイン煮込み。ブロック状の牛肉は触っただけでほぐれるほど柔らかい。ワインのソースはシチューのように濃厚で最高の味!

 


まあ、私はまだまだイタリア料理もフランス料理もそれほどたくさん食べていないのですが、ざっと特徴を書くと上記のような感じです。

ただここで1つ重要なことは、フランス料理は元々はイタリアから持ち込まれているんです。なのでオリジナルはイタリア料理です。本家を超えてしまったのかもしれませんが。。。。でもフランス料理にはピザもパスタもないのでその点はちょっとさびしいですね。

 

080326 Monte Biancho06

最後に1点!コーヒーは絶対にイタリアのコーヒーの方がおいしい!!!

写真はブルゴーニュで飲んだコーヒーです。見た目はイタリアのカフェ・マキアートなのですが、味は全然違います。うまく説明できませんが、フランスのコーヒーはどこで飲んでもこくが無く、アメリカンコーヒーを少し濃くしたような味でした。

ブルゴーニュで会った日本人の方にも、「イタリアはコーヒーが美味しいからいいですよね!」と言われました。納得して、なるほどと思っていたのですが、よく考えると、「コーヒー以外はフランスの方が上だよ」という意味にもとれる。みなさんはどう思いますか?



2008年03月28日

フランスのおばか番組

イタリアのTV番組はかなりくだらない物が多く、若い女の人が意味も無く水着を着て横にいたりする番組が多いです

フランスは芸術的な番組が多いのかと思って、ブルゴーニュのボーヌのホテルでテレビを見てみました。

080328 TV09

どうやらクイズ番組のようですね。

 

 

 

 

080328 TV01

この人が司会者のようです。股間にバナナをつけてみたり、子供でもやらないようなアホっぽいことばかりしていました。

 

 

080328 TV07

080328 TV02

080328 TV03

 

 

 

 

パネルの穴埋め問題でしょうか。なんだかかなり怪しい雰囲気です。本当にクイズ番組なのでしょうか?・・・・

 

080328 TV05

080328 TV06

080328 TV08

 

 

 

 

もうなんだか無茶苦茶です。なんでも有りの番組のようですね。

 

080328 TV04

マスコットの犬が度々出てくるのですが、犬が一番まともに見えました。

人間ってバカだなあ、と言っているようにも見えます。

 

う〜ん、フランスのTV番組もイタリアに負けず劣らずおばか番組をやっていました。このあたりは同じラテン民族だからなのでしょうね



2008年03月26日

ブルゴーニュに行ってきました

3月22日(土)〜25日(火)の4日間、車でフランスのブルゴーニュ地方に行ってきました。

ブルゴーニュの州都である、ディジョンを始め、シャブリ、ボーヌ、その他の田舎の村を回りました。目的はワインと美味しいフランス料理!いやあ、本当に素晴らしかったですよ!

080326 Monte Biancho01

標高4800mのMonte-Biancho(モンテ・ビアンコ)のイタリア側です。日本人にはフランス語のモンブランという名前の方が一般的ですね。綺麗な景色でした。

 

 

080326 Monte Biancho02

長いトンネルをくぐってフランス側に抜けると大雪!アルプス山脈を境に雨雲が遮断され、フランス側は雪や雨で、イタリア側は晴れることが多いようです。

 

この4日間の天気は最悪で、毎日雪が降って、気温も零度以下。。。でもワインと料理はおいしかったですよ!

ちょっとずつブルゴーニュの様子をお伝えしていきます!!



2008年03月24日

イタリアのパスクワ

キリスト教の復活祭、イースターは日本人にはあまりなじみがないですよね。イースターのことをイタリア語でPasqua(パスクワ)といいます。

080324 Pasquetta01

復活祭は基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わります。去年は4月8日(日)が復活祭、パスクワでしたが、今年は3月23日(日)がパスクワです。そしてパスクワの次の日はPasquetta(パスクエッタ)といって祝日となります。

パスクワはキリストの復活を祝うイベントなので、復活や誕生を象徴した卵の形のチョコレートをみんなで食べます。上の写真のようにカラフルで大きめの卵型のチョコレートです。私は一度も食べたことはないですが。。。。

ちなみにイタリアのことわざで「クリスマスは家族みんなで過ごそう、パスクワは御勝手に」というものがあります。

というわけで、クリスマスは家族が本家に集まりみんなでゆっくりと過ごすのですが、パスクワはそれぞれ勝手にします。ほとんどは連休を利用して旅行に行くようで、民族大移動が起こり、各道路は大渋滞となります。

みなさんはパスクワ、どこに行きますか?



2008年03月21日

ローマダービー、Lazio対Roma

昨日(19日)、セリエAの試合でローマダービーがありました。

ダービーについてはここ。

ダービーとは、同じ地元のクラブ同士の試合のことです。例えば、ミラノダービーと言えば、同じミラノのクラブ同士のミランVSインテル。トリノダービーといえばこれまた同じトリノ同士のユベントスVSトリノのことをいいます。同じ地元同士の試合なのでファンも選手もかなり白熱します。

昨日のローマダービーは、同じローマ同士のLazio(ラツィオ)VS Roma(ローマ)の試合でした。

 

試合前にまず追悼式が行われました。去年11月にサポーター同士が衝突し、警察の威嚇発砲で運悪くあたり、ラツィオのサポーターが亡くなったのです(クリック)。

080321 Lazio01080321 Lazio02080321 Lazio03

 

 

 

 

ラツィオの選手とともに、ローマのトッティも追悼に参加していました。ラツィオの選手たちは彼のためにも絶対に勝つと思ったことでしょう。

080321 Lazio04080321 Lazio05

なぜかいつもより試合が45分も遅い21:15スタート!イタリアのサッカー開始時間は通常でも20時半など遅いのですがこの日はさらに遅かったですね。

 

というわけで、試合結果はここ。

080321 Lazio062対2の引き分けかと思ったら後半ロスタイムにラツィオが3点目を決めて3:2でラツィオが勝ちました!

亡くなったサポーターの彼の思いが3点目を決めさせたのかもしれませんね。

 

 

080321 Lazio09

080321 Lazio07

080321 Lazio08

 

 

 

 

080321 Lazio10試合後は選手はもちろんのこと、サポーター、コーチも大喜び!

ラツィオのサポーターには記憶にずっと残る試合となりました。優勝を狙っているローマとしては残念でしたが、たまにはこういうことがあってもいいですね



2008年03月20日

気になるイタリア語その8、私がよく使うイタリア語

私はイタリアに2年半も住んでいますが未だにイタリア語を話すことが出来ません

でも私なりに単語、単語は使っています。挨拶やお礼などの単語を除いて最も私がよく使う言葉を紹介します。

その1:Occasione(オッカジオーネ)

私が一番よく使うイタリア語の単語はOccasione(オッカジオーネ)という言葉です。英語で言えばOccasion(オケージョン)。意味はいろいろとあるのですが、私は「チャンス」という意味でよく使っています。

バーゲンで安くなっていたとき、誰かがドルチェを買ってきてくれたとき、今度の週末が3連休だとわかったとき、・・・・など様々なケースで「オッカジオーネ!」と言うとイタリア人たちは大体分かってくれます。 あまりにもよく使うので笑われることもあるのですが、幼児が覚えたばかりの単語を頻繁に使うような感じですね。

今度の月曜日はイースターで休み、3連休になるので、これはかなりのオッカジオーネです!

 

その2:Peccato(ペッカート)

これは日本にいたとき、NHKのイタリア語講座でよく使われていた単語です。番組内では「残念」という意味でペッカートがよく使われていました。実際に辞書をひくと、「(神のおきてにそむく)罪」とあります。おそらく日本語の残念とは微妙に意味が違うらしく、サッカーで負けた次の日に「ペッカート」というと笑われることもあります。でもまあほぼ「残念」という意味で使えるみたいなので私はよく使っていますね。

Occasione(オッカジオーネ)=チャンス!

Peccato(ペッカート)=残念!

この2つは逆の意味なので、いろいろなケースで使えて便利ですよ。よかったら皆さんも使ってみてください。



2008年03月15日

しばらく更新できません

みなさん、こんにちは。

ちょっと仕事が忙しくてしばらくブログの更新が出来ません。

よろしくお願いいたします。



shiroyuki11 at 13:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年03月14日

(超おすすめ)絶品、ミラノ名物「フカフカ、カリカリ」ピザ

ピザはもちろんイタリア発祥の食べ物です。ピザを大別すると、ナポリ風ピザとローマ風ピザに分けることが出来ます。

ナポリ風ピザはもちっとしたパンの生地のようなピザ、ローマ風ピザは薄く延ばしたパリっとした生地のピザです。
 071205 pizza12

 

 

ローマ風ピザ

私は元々日本にいるときから薄生地のパリパリのピザが好きでした。ミラノでもピザといえば薄生地のローマ風ピザが多い気がします。

しかし今日は、ローマ風でもナポリ風でもない、言うならば「ミラノ風ピザ」を紹介します。

まずここでミラノ風ピザを定義します。
(厚くフカフカしているが、底は揚げてあるようにカリカリしている
基本的にはマルゲリータ(トマトソースとモッツェレラのみ)しかない
ピザの直径が40cmくらいあり、かなりでかい

特に,離侫フカしているけどカリカリしている、というのが最大の特徴です。これは日本ではまず食べることが出来ません。とにかく美味しいので食べて欲しいです。

私の知っている限り、上記 銑を満たしているミラノ風ピザは以下の3軒あります。


NO1:Pizzeria SPONTINI(ピッツェリア・スポンティーニ)

080329 Spontini01

住所:C.so Buenos Aires 60
地下鉄Lima駅そば
Tel:02-2047-444  月曜日定休
休:月曜

 

まず結論から書くと、今から紹介する3軒のうち、ここSPONTINIが一番美味しいです。地球の歩き方にも出ているので、みなさんよくご存知だと思います。以前一度紹介しました(クリック)。

080329 Spontini06

これがメニュー。壁にかかっているメニューしかなく、みんなでこれを見て注文します。

ピザは1種類、マルゲリータしかありません。
以下の2つから選んでオーダーします。
・TRANCIO  NORMALE(トランチョ・ノルマーレ)
・TRANCIO  ABBONDANTE(トランチョ・アッボンダンテ)

Tancioは一切れという意味で、Normaleは普通、Abbondanteは大盛りなので、「普通の一切れ」か「大盛りの一切れ」か選びます。日本でも、普通か大盛りしか選べないラーメン屋がありますが、同じようなものですね。通常イタリアのピザ屋ではいろいろなトッピングがあり、数十種類ものピザがあるのですが、ここは1種類のみ!頑固なこだわりと自信が感じられますね。

 

080329 Spontini02

080329 Spontini03

 

 

 

 

 

これがそのマルゲリータの大盛りです。チーズがたくさんのっていて、トマトソースもたっぷりでジューシーです。スープのようにトマトソースとチーズが乗っているので、手では食べれません。みんなナイフとフォークで切って食べます。

080329 Spontini04

特徴はこのピザの生地の裏にあります。油で揚げたようにカリカリになっています。実際に作っているところを見ると、石釜の中に入れて焼いているだけでした。ただ円形の鉄板に油を多く塗り、そのため揚げたようになるのではないでしょうか。注意してみていると、焼いている最中に上から水みたいなのをかけていました。

分厚いピザ自体はやわらかいのですが、裏だけはサクサクしていて、食べた時の感触がとてもよいです。タイトルにも書きましたが、名づけてミラノ名物「フカフカ、カリカリ」ピザです。

とにかくSPONTINIのピザは最高です!

 

080329 Spontini05

他にもラザーニャがあり、これまた美味しいです。でもとにかくピザが美味しいのでここではピザを食べてみてください。

 

 


No2:Pizzeria 40(ピッツェリア・クアランタ)

080329 40_01

080329 40_02

住所:Via Panfilo Castaldi 40(地下鉄Porta-Venezia駅そば)
Tel:02-2940-0061
休:火曜夜、水曜

 

080329 40_03

080329 40_04

番地が40番なので40(クアランタ)という名前のピッツェリア。

ここも基本はマルゲリータのみですが、ハムやオリーブなどをトッピングすることが出来ます。

 

また前菜盛り合わせやその他のメニューもあります。

 

080329 40_05080329 40_06

店内は素朴な感じ。いつ来ても混んでいます。

 

 

 

080329 40_07080329 40_08

もちろん、ちゃんと釜で焼いていますよ!

 

 

 

 

 

080329 40_09080329 40_10080329 40_11

 

 

 

 

ここも上記のSPONTINIと同様に揚げてあるようなサクサクした食感が特徴です。底を見ると、カリっとしています。

先週行ったのですが、どうもあまり美味しくなかった。ジューシーな感じがなく、生地もザラザラした食感であんまりという感じでした。

でもここもいつも満員で、ミラノ風ピザの特徴を持ったピッツェリアです。


No3:La Pizza dal 1964(ラ・ピッツァ・ダル・1964)

071205 pizza1

住所:Via Casoretto 44(ang Via Teodosio)、Lambrate駅から歩いて15分
Tel : 02-284-6659
時間:月〜土 12:00-14:30,18:30-22:20
日 17:30-22:30
休:月曜日

071205 pizza2

ここはうちに近いのでよく行きます。SPONTINI、40は有名なので皆さんご存知だと思いますが、ここはあまり知らせていません。でもここもいつも満員で、そしてかなり美味しいです。

 

071205 pizza11

メニューはやはりマルゲリータのみ。でもハム、サラミ、アンチョビ、マッシュルームなど簡単なトッピングをすることができます。

 

 

 

 

071205 pizza6

いつも混んでいるので、入り口にある番号札を取らなくてはなりません。店の奥には電光掲示板があり、そこに番号が表示されていて、カウントされて行き、自分の番号になったらピザをもらうことができるわけです。

 

 

 

 

071205 pizza3071205 pizza4071205 pizza5

 

 

 

 

こだわりの石釜です。そしてやはり大きくてフカフカしているのが特徴です。

071205 pizza7

この店の特徴は、ピザの量り売り!

1kg=13.50ユーロです。

 

私はこのとき0.426kgだったので、0.426kg×13.50=5.75euroでした。定量的に料金が決まるので明瞭会計でよいですね。

 

071205 pizza8

071205 pizza9

071205 pizza10

 

 

 

 

見てください、この大きさ!そしてやはり底が揚げてあるようにカリカリしています。チーズもたっぷり!フカフカ、カリカリしていて最高においしいですよ!


私のお勧めはSPONTINIとLa Pizza dal 1964です。ミラノ名物フカフカ、カリカリピザを是非試してみてください!



2008年03月13日

自然食品、スローフードのEataly(イータリー) in Milano

080312 Eataly03去年トリノにある自然食、スローフードにこだわった巨大スーパーマーケットEataly(イータリー)を紹介しました(クリック)。

Eatalyは自然食品を買うことができるだけでなく、魚売り場では魚介の美味しい料理のミニレストランが併設され、同様に肉、チーズ、ハム、ワイン、ビールなど各コーナーごとにそれらを食べたり、飲んだりすることのできるコーナーが併設されているんです!!私はあまりに気に入ったため、1泊2日のトリノ旅行で3回もEatalyに行ってしまったほどです。

最近、Mixi仲間のNobyさんに教えてもらったのですが、なんとミラノにもこのEatalyがあるんです。

080312 Eataly02080312 Eataly01写真はミラノ中心から少し東に行った所にあるチンクエ・ジョルナータ(Cinque Giornata)広場です。ここにガラス張りのビルのCOIN(コイン)が見えますよね。この地下にEatalyがあるんです。

080312 Eataly04

日曜日も空いていて無休です。素晴らしい!

ただ、トリノのEatalyとは比べ物にならないほど狭いですが、、、

 

 

080312 Eataly06

080312 Eataly05

ワイン、ビール、酒類は種類が豊富で厳選されていました。

 

 

 

080312 Eataly07080312 Eataly08080312 Eataly09

 

 

 

 

 

 

その他、パスタ類、チーズ、ハム類などそれほどたくさんではありませんが厳選されている感じでした。

中央には狭いですが、これらの食材を料理して食べることができるコーナーがあります。ここではチケットレストランもつかえるので便利ですよ(ただしワインやその他の食材には使えません)。

土日も開いているのでとっても便利!いろいろな自然食品、高級食材があるので見ているだけでも楽しいです。今度の週末は是非Eatalyに行ってみてください!



2008年03月12日

自然食スーパー、Naturasi(ナチュラシ)

ドイツでは中国製の食物の輸入が法律で禁止になっているそうですね。イタリアではそこまではいっていませんが、最近健康的な食べ物、自然の食べ物が注目されているようです。

普通のスーパーマーケットよりも、より自然食にこだわった「NaturaSi(ナチュラシ)」というスーパーに行ってみました。

080313 Naturasi01080313 Naturasi02

NaturaSi(ナチュラシ)
住所:Via Melzo 15
Tel:02-2951-8703
休:日曜

Web-Site

ミラノでは他にも中央駅付近、その他にもありますが、上の写真はProta-Venezia付近にあるNaturaSiです。

080313 Naturasi03080313 Naturasi04

こんな感じで北イタリアを中心にチェーン展開しているようです。

 

 


080313 Naturasi05

080313 Naturasi08

早速中に入ってみるとかなり混んでいました!普通のスーパーには置いていない高級な自然食であふれていました。

 

 

080313 Naturasi15

おおお!すごい!!これは「ごぼう」です。ごぼうは輸入でもほぼ手に入らないので、私はイタリアでは食べたことがありませんでした。

ちょっと枝っぽく、触ってみると中が空洞でした。微妙だったので買いませんでした。。。

 

080313 Naturasi06

080313 Naturasi07

豆腐やがんもどきなど、大豆製品も豊富に置いてあります。びっくりです。

 

 

 

080313 Naturasi09

080313 Naturasi10

しょう油だけでなく、甘酒まであります!日本製ではなさそうですが、和風の調味料など多数ありました。

 

 

 

 

 

080313 Naturasi11

すごい、「ひじき」「こんぶ」ですよ!ひじきまであるなんて素晴らしい!でもかなり高くて、200gで6ユーロくらいしました。イタリア人は絶対ひじきなんて買いそうもないのですが。。。

でもあるだけすごいですよ。

 

 

 

 

080313 Naturasi12

にがり(NIGARI)までありますよ!日本のスーパーで液体のにがりを見たことはありますが、固体のにがりは初めて見ました。うちでは豆乳メーカーで豆乳を作っているので、このにがりを入れれば自家製豆腐が作れますね。

 

 

 

 

 

080313 Naturasi13

よく種類はわかりませんが、豆類も豊富です。

 

 

 

 

 

 

080313 Naturasi14

すごいです。北海道あずき(AZUKI Hokkaido)、北海道黒豆(SOIA NERA HOKKAIDO)までありますよ!500グラムで9.2ユーロとかなり高いですが、売っているのがすごいです。

 

NaturaSiは買わないで見ているだけでも楽しいですよ。良かったらお近くのNaturaSiに行ってみてください!



2008年03月10日

雨の中の花見

今日は待ちに待った桜の花見!

でも当日はかなり寒く、11時過ぎから雨が降ってきましたよね

080310 Hanami01

中止にしようと思ったのですが、おそらく集合場所に来る方もいるだろうということで、雨の中集合場所に行きました。

 

 

先週の下見の時は気温23度!たくさんの人がここで寝っころがっていたのですが今日は一人もいませんよ。。。。気温8度、雨が降っていたので当然ですよね。

080310 Hanami02

080310 Hanami04

080310 Hanami03

 

 

 

 

080310 Hanami05

見てください!満開の桜!本当に綺麗で感動しました。

時期はばっちりだったのですが、この気候じゃどうしようもないですね。

 

 

080310 Hanami07

しばらく桜を見ていると・・・・少しずつ人が集まってきましたよ!!

結局8人集まりました!この気候にしてはすごいです。

 

 

080310 Hanami06

なんとおにぎりまで作ってきてくださってどうもありがとうございました。鮭と昆布、マヨツナのおにぎり、最高でした!

そしてワインもおいしかった。

 

さすがに凍えるように寒くて、さらには雨が強くなってきたのでお開きにして、歩いてBreraに行き、みんなでカフェに入りました。最終的には10人集まり、いろいろと話ができて楽しかったですね。

また来年も花見を是非やりたいです!そのときはパーッとやりましょう!

PS 来週もう一度、という声もありましたが、すいません私は来週末は仕事が入っていてできません。みなさん、もしよかったら来週は暖かくなるそうなので花見をしてみてはどうでしょうか?

4月以降に桜はないけどみんなでまたピクニックやりましょう。また詳細は皆さんにお知らせします!



2008年03月09日

センピオーネ公園の花見(3月9日予定)

みなさんこんにちは。

いよいよ9日(日)は待ちに待った桜の花見ですね。

詳細情報はここをクリック。

第2回、センピオーネ公園の花見
日にち:3月9日(日)
集合場所:12時30分、Lanza駅、Piccolo Teatro前
花見の場所:センピオーネ公園の芝生


080309 Sakura01これは8日(土)の街中の様子。桜は満開になっています!

ただ残念ながら週末は天気が悪く、さらに気温がかなり低いですね。8日は午後には少し天気が回復しましたが、でも寒かった。。。

 

9日(日)の花見は今の所やる予定ですが雨天は中止にしましょう。9日の午前中に最終的にやるかどうか決めます。このブログ、Mixiのコミュに中止の場合はその旨を書きます。

よろしくお願いいたします。


3月9日(日)11時です。さきほどみなさんにはメールでご連絡いたしました。

今日は天気も悪く、寒いですね。
ただ、雨は降らないようです。

いろいろ考えた結果、楽しみにしている方が多いので花見はやりましょう。
*********************************************
センピオーネ公園の花見
日にち:3月9日(日)
集合場所:12時30分、Lanza駅、Piccolo Teatro前

Festa di Hanami(Fiori)
9 Marzo , domenica , le 12:30
Posto : alle Piccolo Teatro , Lanza-statione

飲み物、食べ物は持ってこないでOK、手ぶらで集まりましょう。
寒いので、座らずにセンピオーネ公園を散歩しながら桜を見て、その後希望者はランチに行きましょう。
*********************************************
出欠は取りません。

座って、食べたり飲んだりする花見は風邪を引きそうなのでやめます。散歩しながら桜を見ませんか?
とても寒いので、来られる方は暖かい格好をしてきてください。

以上、よろしくお願いいたします。



2008年03月08日

3月8日は女性の日5

日本人の我々にはなじみがあまりないですが、3月8日は「La festa delle donne(ラ・フェスタ・デッレ・ドンネ)」=女性の日です。
この日、イタリアでは男が女にミモザという花を贈る習慣があります。

女性の日の起源はここ。

080308 Fiori03というわけで、8日朝、奥さんが寝ている間に花を買いにいきました。
場所は、以前紹介した花の問屋、
Orto-Mercato(オルト・メルカート)です。

 

 

080308 Fiori01

080308 Fiori02

普段はもっと空いているのですが、今日はかなりの人だかりで、みんな花を買いに来ているようでした。

 

 

 

080308 Fiori05

この黄色い花がミモザです日本ではあまり見かけませんが、ギンヨウアカシアという名前の花だそうです。

今朝は路上でもミモザを売っていたり、赤信号待ちしているときに窓越しにミモザを売ってきます。

 

 

 

080308 Fiori04

日本人的にはミモザだけだとつまらないので、いろいろな花が入っている花束にしました。

写真の下のほうにチョコッとだけミモザが入っています。

 

 


080309 Mimosa10080309 Mimosa11080309 Mimosa12

 

 

 

 

 

街中に出てみると、至る所でミモザが売られていましたよ!!まあ彼らも先ほどのオルト・メルカートで仕入れたミモザを売っているのでしょう。


奥さんに花束をあげると喜んでくれました、よかったです。皆さんはミモザあげましたか?もらいましたか?