2007年10月

2007年10月31日

ミュンヘンのビアホール

ミュンヘンの街中を歩いていると、バーやカフェではみんな生ビールを飲んでいました。

イタリアでも夏場はバーでビールを飲みますが、それほどは飲みません。イタリアのビールはあまり美味しくないですし。。。。やはりイタリアはワインですね。 

ミュンヘンに行ったとき、やはりビアホール、ビールが飲めるカフェに行きました。どこも美味しい生ビールを置いていて最高でした。

ここは地下鉄「Munchener Freiheit駅」そばのカフェ。ドイツ料理、ビールを飲むことが出来ます。

 

 

 

生ビールだけでも10種類以上もあります。すごい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から、バイス、ドゥンケル、ピルスの生ビールです。私は小麦で作ったバイスが一番好きです。ドゥンケルは黒ビール、ちょっと濃いかな。ピルスは日本のビールと同じです。

 

 

料理もおいしかった!これは豚肉を揚げたシュニッツェル!カツレツです。

 

 

 

 

これはスペアリブです。味が染み込んでいてうまかった!

 

 


ここはミュンヘンのど真ん中、新市庁舎の地下にあるラーツケラー(Ratskeller)というビアホール。ミュンヘンに住んでいる人ならみんな知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

置き物や内装も素晴らしく、雰囲気が出てます。

 

左がバイス、右がピルスです。こうやって見ると、バイスが濁っているのがよく分かりますね。でもやっぱりバイスは最高です!

 

 

 

 

 

 

プレッツェルは硬くてしょっぱいですが、ビールと合います。

 

 

 

ジャガイモのポタージュスープ。ドロドロしていて濃厚で美味しかった。

 

 

 

これがミュンヘン名物の白ソーセージ、ヴァイスヴェルトです。このソーセージは必ず茹でて食べます。すぐ腐ってしまうので、昔はできたての新鮮な白ソーセージを午前中に食べる習慣があったそうです。今では冷蔵庫もあるし、保存もよいのでもちろん夜でも食べることが出来ますが、伝統を守るレストランでは今でもこの白ソーセージは午前中しか出さないのだそうです。

 

 

そして白ソーセージには写真右側の甘いマスタード、ズューサー・ゼンフをつけて食べます。

本当は皮はとってから食べるのだそうですが、私はそのまま食べました。柔らかくて大変おいしかったです。

 

 

これもソーセージです。焼いてありますね。キャベツの酢漬けも酸っぱくておいしいです。

 

 

 

これはなんだっけかな。。。。羊かブタを煮込んだものです。簡単にボロっととれて柔らかくてうまかった。

 

というわけで、ビアホールにはビールに合うおいしい料理がたくさんありました。

またミュンヘンのビアホールに行きたいなあ。



2007年10月30日

ミュンヘンの老舗ビアホール、ホーフブロイハウス(Hofbrauhaus)

ミュンヘンの中心地に16世紀に出来た老舗のビアホール、ホーフブロイハウス(Hofbrauhaus)があります。

Webサイトはここ。

071029 Hofbrauhaus3

071029 Hofbrauhaus1

071029 Hofbrauhaus2
 

 

 

 

ホーフブロイとは宮廷ビール製造所の意味で、かつてはバイエルン王室の御用製造所だったそうです。王室御用達のビールなんてドイツらしいですね。イタリアだったら絶対ワインでしょう。

 

なんとヒトラーがこのビアホールに人を集めてよく演説を行ったそうです。彼の著書「わが闘争」によると、1919年秋にナチスの前身、ドイツ労働者党の最初の大集会がここで開かれたのだそうです。やっぱりドイツらしい!ビアホールからナチスが始まったなんてビックリです。

071029 Hofbrauhaus9

071029 Hofbrauhaus11

071029 Hofbrauhaus6

 

 

 

 

 

 

 

071029 Hofbrauhaus7

 

 

もちろん、今はそのような雰囲気は全くありません。中は明るい雰囲気のビアホールで、観光客、地元の人達でにぎわっていました。

 

071029 Hofbrauhaus4

生演奏もあって大賑わい!

 

既に満員で席が空いていません。。。でも一人だったので、店員に「一人だけだし、ビール1杯飲むだけだからちょっと入れてよ」とお願いしました。

 

071029 Hofbrauhaus5

071029 Hofbrauhaus8

相席でなんとか入れてもらいました。

私の大好きなヴァイスビールを飲もうかなあとメニューを見ていたら。。。。

 

 

 

071029 Hofbrauhaus10

まだ注文もしていないのに生ビールがドカっと置かれてビックリ!

しかもマスビール(1リットルジョッキ)じゃないですか!!!

 

 

店員に、「すいません、まだ注文してないけど」と言うと、店員さんは「えっ、さっきビール1杯飲むだけって言ってたでしょ。だからビール持ってきたんだけど」と言い返しました。

 

ええーーーっ!!確かにビール1杯飲むだけって言ったけど注文したわけじゃないのに!しかもビール1杯=1リットルビールかっ!この後和食を食べに行こうと思っていたのでそれほど飲むつもりはなかったのです。

でも店員は何か問題でも?という顔しているし、仕方なく飲みました。もちろん美味しかったので文句はないですが、ドイツ人の日常がよく分かったような気がしました。

みなさん、ドイツでは「ビール一杯!」と注文する時に注意してください。



2007年10月29日

ミュンヘン大学

先月行ったミュンヘンのことを書きます。

私の後輩のAくんは市内にあるミュンヘン大学に研究者として勤務してます。物理学の研究室で実験をやったり、論文を書いたりしているわけです。

地下鉄「Universitat駅」を下りるとすぐにミュンヘン大学があります。このレンガ色の建物がミュンヘン大学。正面にあるのはルートヴィッヒ教会です。

 

 

 

大学の壁、レンガに穴があいています。これは古いからではありません。

戦時中、大学生達がナチスの人権侵害に反対するでもを行った時、ナチス軍が彼らに銃を乱射した跡だそうです。。。。惨事を忘れないため二度とこのようなことを繰り返さないために保存しているそうです。この銃痕の跡はすごいです。驚きました。でも普通に自転車とか止めちゃってますが。。。。

さて、この壁沿いがずっとミュンヘン大学です。

ここがAくんの研究室のある棟です。

 

 

 

Aくんは2005年にノーベル物理学賞を受賞したヘンシュ(Hansch)先生の研究室に所属しています。すごい!!

詳しくは書きませんが、光学分野の研究です。

 

 

 

 

 

これがノーベル賞のメダルです。このメダルはその人の功績に合わせて一枚ずつ異なるデザインなのだそうです。なのでこのヘンシュ先生のメダルは世界に1つだけのメダルなのです。

 

実験室内も見せてもらいましたが、すごかったです。私も10年前にはAくんと一緒に大学の研究室で同様の実験を行っていたので、久しぶりに見ました。もちろん、こちらの方がもっとだいぶ先を行っていますが。

もちろん、観光客は入ることができないので注意してください!



2007年10月28日

エアーフランス欠航

みなさんこんにちは、今、成田空港のYahooCafeから書いてます。今日はミラノに帰る日!朝、両親に最寄り駅で見送られ、11時成田空港に到着しました。

12時45分のエアーフランス、パリ行きに乗ろうとしたのですが様子がおかしい。。。。近づいて係員に聞いてみると、

「今日はエアーフランスのストのため欠便です。ただいま振り替え輸送を行っています」とのこと出ました、これがラテン人ですよ。せっかくここ数日イタリア人やラテン文化をほめていたのにその矢先・・・・

いやあ、びっくり。行きも3時間出発が遅れて大変だったのですが、帰りは欠便ですよ!私は前回のアムス出張でも2時間出発が遅れ、その前のドレスデン出張ではバッゲージロスト・・・毎回何かが起こります。

というわけで14時20分成田発パリ行きのJALに振り替えになりました。第一ターミナルから第二ターミナルまでの移動も大変でした。。。。さらには、預け荷物10kgオーバーで7万円の請求!急いで手荷物に移してナントカOKとなりましたが、朝からクタクタです。

でもあとは飛行機に乗るだけ!パリの経由がちょっと心配ですが・・・まあ大丈夫でしょう。


ちなみに、フランスのことはよく分かりませんが、イタリアではバス、地下鉄、飛行機など公共機関はよくストをやります。ストのことをショーペロ(Sciopero)と言います。イタリアでは彼らの給料が安いため、月に2,3度ショーペロを行います。テレビを見ていると、天気予報の後などに今週のショーペロ情報(何日、何時から何時までなど)を普通に伝えてます。

私は同僚のイタリア人に、

「なんでこんなに頻繁にショーペロをやるんだ?その分収益も減るので、余計に給料が上がりにくくなるだろ?」と聞いたことがあります。

そうしたら彼は、

「何言ってんだ。会社の収益がどんなに上がろうと、彼らの給料はまずあがらない。どうせ上がらないんだったら休みが増えるのでショーペロやった方がいいだろ?」と言いました。

う〜ん、なるほど。でもこれではどんどん悪循環で誰も得しません。でも基本的にイタリアでは仕事はしない方向に自然と流れていきます。。。。国民も文句を言わずに受け入れているところがすごい。

というわけで、また今日からこのラテンのノリに慣れないと。。。

では、今から搭乗口に向かいます!!



2007年10月27日

サマータイム終了

10月最後の日曜日に欧米のサマータイムが終了となります。

つまり今年は、10月27日(土)から28日(日)に日付がかわった夜中の2時になった瞬間、1時になります。1時間時間が戻るわけです。

というわけで今度の日曜日は1時間多く寝ることができますよ!!朝8時に起きても実際はまだ7時だからです。

私は2年前にミラノに来た当初、イタリア人の同僚たちによく聞いていました。1時間進むの?戻るの?でも彼らはいつもわからないらしく、「どっちだっけなあ、お前誰かに聞いてわかったら俺に教えてよ」と言っていましたええっ!30年以上もイタリアで生きていてまだ覚えてないのか・・・・さすが「良い加減の国イタリア」です。

私の覚え方は、「秋の夜長は1時間長く眠れる」という覚え方です。逆に3月の最後の日曜日は1時間進むので1時間眠る時間は少なくなります。

というわけでミラノの皆さん、今度の日曜日はあわてずゆっくりと1時間多く寝てください!



2007年10月26日

イタリア時間と日本時間

人間は自分がいる環境に慣れてしまうようです。

ミラノに来て2年が経ち、知らないうちにイタリアの環境、文化に慣れてしまったようです。

まず今回、久しぶりに日本に帰国して驚いたことは、日本人は時間に非常に厳しい、細かい、ということです。そして慌ただしい。。。。

‥甜屬了刻表

日本にいると当たり前なのですが、日本の電車はほとんど定刻に発車、到着します。たぶん世界一正確なのではないでしょうか。先週、新幹線に乗って会社に向かうとき、2、3分遅れ、降りるときにアナウンスがありました。「3分ほど遅れて到着いたしました。遅れまして大変申し訳ありませんでした」

私はこれを聞いて非常に驚きました。ええっ!たった3分しか遅れてないのに謝っている!すごい。。。イタリアの電車なんて1時間遅れるのも普通ですし、謝ることなんて絶対ありません。3分遅れなんて定刻ですよ。

 

⊃事の時間

イタリアはご存知のとおりスローフードの国。ファーストフードの日本とは真逆です。先週末、1年ぶりに両親と外食しました。二人は食べ終わって十分話したと思い、じゃあ行こうかと席を立ちました。でも私にはかなり早く感じて、もう行くの!!??という感じでした。逆に親から驚かれ(私は元々せっかちなので)、イタリアに行ってずいぶん変わったなあ、と言われてしまった。

会社の社員食堂なんてもっとすごい!5分、10分で食べてすぐに席を立つ!軍隊のようです。夕食の社員食堂なんて16時半に開いて19時に閉まるんですよ!イタリアなんて20時にならないとレストラン開かないのに、、、、

 

その他にも日本に来たら細かい規則、きまりごとがたくさん。なんだか今回の出張で日本にいるのが非常に窮屈に感じてしまいました。やばい、イタリア人化してきたかも。

簡単な図を書くとこんな感じなのではないでしょうか?

・几帳面、正確、細かい: 日本人

↓↑

↓↑

↓↑

・普通

↓↑

↓↑←←←私は今このへん

↓↑

・いいかげん: イタリア人

でも本来人間はもっと大らかでいい加減の方がいいのかもしれないと思い始めてきました。

イタリア人は「いいかげん」、ではなく「良い加減」なのではないでしょうか?

あさって、良い加減の国、イタリアに戻ります!



2007年10月23日

アムステルダム名物

ただいま日本出張中!今日はなんと朝、昼、夜と3食も社員食堂で食べてしまいました、激務です。。。

でも全然かわいそーではないです。社員食堂の焼き魚定食最高!日本米、味噌汁、納豆、焼き魚!!いやあ最高においしかった。これで480円、=3ユーロですよ。

すいません、さっき帰ってきたのでネタがない。。。


この前行ったアムス出張のこと書きます。

オランダはご存知の通り、食事が非常にまずい国です。プロテスタントの国は節制して食事があまり美味しくないそうです。オランダはカトリックではなく、プロテスタントの国。なので食事は残念なことになってます。

071021 AMS9

オランダの名物の1つがこのフライドポテト!まあ普通のポテトなのですが、オランダ人は大好きでみんな行列して買って行きます。

以前の植民地、インドネシアのレストランも多く、これも名物になっているそうです。

あと、オランダ、特にアムステルダムは日本人が非常に多く住んでいるので、おいしい和食の店がたくさんあります。

今日本出張中なので和食ネタ書いても説得力ないのですが、、、、

・和食「たぬき」

Amstelveen(アムステルフェーン)で有名な和食レストラン「たぬき」ですよ!

071021 AMS1071021 AMS2071021 AMS3

 

 

 

 

 

071021 AMS4

071021 AMS5071021 AMS6

 

 

 

 

 

071021 AMS7

日本と変わらないものを食べることが出来ます。素晴らしいですね。

 

 

 


・和食「楽」

071021 AMS8

夜は居酒屋、昼間はラーメン屋

ここの味噌ラーメン定食は絶品ですよ!これで13ユーロ、約2000円です。濃厚な味噌スープ、最高!

ホテルオークラの横にある串焼きやも美味しいです。

というわけで、私はあえてオランダ名物は「和食」と言いたい!!オランダに来たら是非和食を食べてみてください。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)和食 | 日常

2007年10月22日

日本の食べ物

期限切れでもいいから赤福食べたい!!

さて、1年ぶりに帰国して、いろいろと美味しいものを食べました。


一番はやっぱりラーメン!う〜ん、やっぱ日本のラーメンはうまい!私は若い頃、いろいろなラーメン屋を食べ歩くのが好きだったので、ミラノにきてラーメンが食べられないのがつらかった。。。。ミラノで唯一ラーメンが食べられる「大阪」では、餃子3つがついたラーメンセットが15ユーロ、日本円に直すと2000円以上もします。それでもラーメンが食べたくなると、大阪に行きます。
逆に日本でラーメンを食べた時、ユーロに換算してみると3ユーロ〜5ユーロ程度でラーメンが食べられる!!ミラノだったらチーズとハムが挟まった固いパニーノでも3、4ユーロもします。以前はヨーロッパの人達は、「日本は世界一物価が高い!出張でもないと日本になんて行けないよ!」と言っていましたが、今は逆。。。。。ユーロ高のため、日本からヨーロッパに来ると非常に割高になります。今、1ユーロは167円くらい、でも両替のレートはもっと悪くなるので1ユーロ=180円〜190円くらいにもなってしまうのです。それでもヨーロッパは旅行者にとって魅力ある国々が多いので世界中からたくさんの人達がやってきます。


さて、今回私が食べたものをちょっとだけ紹介。全部写真には撮ってませんが。。。。

・ラーメン
その1:なんつっ亭
マー油という黒い脂のようなものが浮いています。これを絡めて食べると絶品!いやあうまい!ここでは社員としてしばらく働くと支店を出すことができる制度があるそうです。ここで修行してイタリアで支店だそうかな。

071022 food1

071022 food2

 

 

 

 

071022 food5

「大地の瞳」という北海道ラーメンの店。味はまあまあかな。

 

 

 

・ドーナツ(クリスピー・クリーム・ドーナツ
071022 food3071022 food4アメリカから上陸した、高級ドーナツで、毎日長蛇の列が出来ているのだそうです。今のところ、新宿と銀座の2店のみ。おじが銀座で並んで買ってきてくれたので、食べてみました。ドーナツはスカスカしてあまり好きではないのですが。、。、、、うまい!!!メチャクチャ美味いです。外側の砂糖もおいしく、ドーナツがもちもちしていて噛んでいるとドンドン旨みが出てきます。これはみんな並ぶわけですね。

・とんかつ(さぼてん
日本のどこにでもあるとんかつチェーン店さぼてんのとんかつを食べました。ひれカツ、エビフライ、サラダ、ご飯、味噌汁、おしんこ、抹茶アイスがついて1580円!きゃべつ、ごはん、味噌汁はお代わり自由ですよ!1580円=約9.5ユーロ。。。。。イタリアでこれだけの料理が出たら、30ユーロくらいはするでしょう。10ユーロ以下でこんなに食べられるなんて驚き!

 

・実家の手作り料理
プライスレス。やっぱり母親の料理が一番美味しかった。父親は重度の糖尿病、心臓病で目が見えず歩くのもやっとなのですが、人工透析を始めたお陰でだいぶ調子がよさそうなので安心しました。

というわけで、来週の日曜日にミラノに戻ります。今週はなんとか結果を出してミラノに戻りたいと思います。そして、そろそろミラノねたも書かないと。。。

 

anime_charhan01

人気blogランキングへ←ポチっと押してみよう(ミラノ駐在ブログ)

2007年10月21日

日本の猫

昨日、1年ぶりに実家に帰りました。

6匹いた猫も1匹ずつ亡くなってしまい、今では2匹だけです。私のブログの左上の写真のシロは一番のお気に入りの猫でした、5年前に亡くなりました。

071021 gatto

昨日撮った実家の猫です。お気に入りの風呂場での写真です。

湯が沸いているので、暖かく、ここで寝るのが大好きのようです。もちろん、水にぬれるのは大嫌いです。

この2匹は親子(三毛猫がお母さん)で大の仲良しです。

さて、今おばの家に来ていますが、面白いサイトを教えてもらいました。

ねこ鍋(くりっく)

とてもかわいらしく、なごむ動画ですよ、よかったら見てみてください。猫好きは必見!



2007年10月20日

イタリアの素晴らしさ

一昨年の夏、日本からイタリア、ミラノに赴任する時、上司から海外に出ると日本のよいところ、悪いところが良く見えるようになるよ、と言われました。確かにその通り!私の場合、イタリアに来た当初は、イタリアの悪いところばかりが見えてしまい、日本のよいところばかりを考えてしまいました。

さらには去年の強盗団事件、、、、、去年末の日本一時帰国時には日本に帰りたい、ということばかり考えていました。

幸いみなさんのお陰で立ち直り、そして2年が経過してイタリア生活にもだいぶ慣れてきました。イタリアで生活を始めるのは非常に大変ですが、手続き、インフラが整い、生活にも慣れ始めてくると、イタリアのよいところが次第によく見えるようになってきました。私は、お茶目で陽気で楽しく生きようとしているイタリア人達が好きです。彼らは口は悪いですが、親切、親身になってくれ、人情に厚い人達ばかりです。底意地の悪いイタリア人にはあったことがありません。残念ながら日本人には陰湿な気質、いじめの体質というのがあると思います。

というわけで、私はイタリアに慣れるのになんと2年もかかったわけですが、この慣れる時期を過ぎると、だんだん快適な生活に感じてきて、このままもうしばらくミラノに居たいと思っています。そして子供も欲しい、子供をミラノで育てたいです。

最初に戻りますが、今回久しぶりに日本に帰国してみて、2年前とは逆に、日本に来てみてイタリアのよいところがよく見えてきました。

イタリアはたとえ不便になっても、古い物、古い建物、文化、歴史を大切にします。古いもの(文明、文化)の中で自分達は生きていこうという考え方があるようです。そしてキレイなものが大好きで残そうとします。その結果、イタリアのどの街に行ってもそれぞれが特徴があり、素晴らしい街並みになっていて、世界中から観光客が集まります。

日本は近代化、効率化、機能化優先で、古い物はドンドン壊して新しいものを作ります。だから戦後これだけ発展できたのですが、魅力のない街が多いように感じます。中堅都市などは中途半端に近代化してますがあまりきれいでないし、金も大都会ほどないので中途半端な近代化。。。。。それに対して古い街並みを残した飛騨高山、伊勢、武生(たけふ)などは魅力ある街だと思います。

東京の日本橋も、高速道路を地下にして、あの辺りを観光地化する計画があるそうですね。難しいかもしれませんが、江戸時代の日本橋を再現するようになればいいのになあと思ってます。「無理やり作った昔の街並み」にならないといいなあ。

というわけで、今回出張である地方都市に来て、日本の各都市、街が個性を生かした街づくりをするといいなあと思いました。

今までではありえなかったことですが、今回始めて「仕事終わって早くミラノに戻りたい!」と感じました。イタリア人化してきたのかな?

 

anime_charhan01

人気blogランキングへ←ポチっと押してみよう(ミラノ駐在ブログ)

2007年10月19日

イタリアのトイレ

今日本出張中。

いやあ、やっぱりウオッシュレットいいね。清潔だし最高!イタリアのトイレには便器の横に別の便器みたいなビデがありますが、イマイチ使い道がわからない。その点ウオッシュレットはいいですね。

前から書こうと思っていたことを書きます、イタリアのトイレについて。

その1:便座がないトイレが多い
イタリアのBarや大衆レストランなどでは、便器はあるのですが、便座がないトイレが結構多いです。男女共用だったりして、女の人は大変だろうなあ。。。とかわいそうになります。なぜ便座がないのでしょうか?よく分かりません。私の家の近くにトイレや水周りの物が売られている店があるのですが、ここではなんと便座だけ展示してあって、便座だけ売っているんです。イタリアでは便座はオプションなのでしょうか?・・・・

その2:イタリアのトイレは流れにくい
今回日本に来て改めて思ったのですが、日本のトイレには便器を洗うブラシがついてません。でもイタリアでは、トイレには必ずブラシが横についてます。なぜなら、イタリアのトイレ、便器は、大が流れにくいのです。した後、大体の場合この横にあるブラシを使って掃除しないとなりません。だからこのブラシが備え付けてあるのでしょう。日本の便器は水の流れがよく考えられていてきれいに流れるようになっています。しかし、イタリアの便器はそうではないので、残ってしまうのでしょう。。。。すいません汚い話ですが、真面目に書いています。
最近、日本では3ヶ月お掃除不要という謳い文句の「アラウーノ」という新型便器が大人気だそうです。イタリアの便器は言うならば、「毎回お掃除必要トイレです。

キレイな便器にウォシュレット!日本のトイレは最高です。

 

anime_charhan01

人気blogランキングへ←ポチっと押してみよう(ミラノ駐在ブログ)

2007年10月18日

日本到着初日

なんとか無事日本につきました。でもフライト大変でした。

うちはリナーテ空港に近いので、リナーテ→パリ→成田というパリ経由のAir-Franceを選びました。あとAir Franceに乗ったことなかったので、乗ってみたかった。

でもリナーテにつくと、いきなり1時間遅延。。。1時間経つと1時間半遅延という具合に遅延が延びていきました。最終的には2時間遅延で離陸。でもパリー成田のフライトまで元々2時間しかなかったので間に合うのかとても不安でした。。。。

071018 Japan1

ミラノの北にあるアルプス山脈!飛行機がなかった時代はこれを超えるのは非常に大変だったでしょう。

 

パリに着くと、パリ発成田行きの便出発まであと15分!!スチュワーデスに歩いて10分くらいで搭乗口があるよ、と言われたのですがとりあえず走りました。他にも走っている人がいました。。。。

手荷物が13kgくらいあったので、非常に重い荷物を担ぎながら走って大変疲れました。。。。。しかも遠い!!全然歩いて10分じゃないですよ。走って10分くらい、2km以上は走ったのではないでしょうか。。。。クタクタで到着。もう全員搭乗済みで私ともう一人の日本人だけです。しかもなぜか飛行機入り口前で10分ほど待たされました。もう出発時間は過ぎてます。ようやく搭乗が許され、歩いて自分の座席へ!1席だけ空いててあとは満席です!そして一斉に乗客たちが私の方を見ています。ちょっとにらんでいる感じ

「お前の遅刻のせいで出発遅くなっただろう」と言わんばかりです。ええーーーー自分のせいじゃないのに。むしろかなり走ったのに。そう思っているとアナウンスが入りました。

「ただ今、数名の乗客が到着しましたので、これより離陸します」と言いました。

おおおお、違う!正しく説明してよ!これじゃ私が自分のせいで遅刻したように聞こえます。その前のフライトが遅れたため!といって欲しかったのに。。。。まあとにかく乗れてよかった。しかも奇跡的に預け荷物も間に合い、バッゲージロストにはなりませんでした。よかった。


成田に午前中に無事到着。さっそく東京へと向かいました。

071018 Japan2

この前も書きましたが、10月1日から民営化した郵便局がどうなっているか!これを確かめたかったので、東京駅前の郵便局の本局に行ってみました。

 

071018 Japan3

3つの事業に分割されたんですね。

中に入ると、、、、、昔の制服は深緑だったと思いますが紺色のようでした。

そして、、、、相変わらず愛想が悪い。。。。。まずは変わったばかりで忙しいのでしょう。

 

中に入っただけで何もしなかったのですが、出口を出るとき、一人の社員が「ありがとうございました!」と言っていました。これからきっとサービスも向上していくのでしょう。

というわけで明日から仕事です。

anime_charhan01

人気blogランキングへ←ポチっと押してみよう(ミラノ駐在ブログ)

2007年10月17日

ナポリ料理のレストラン「Alice(アリーチェ)」 in Milano5

Alice01今日は、先月教えてもらったミラノにあるレストランを紹介いたします。Porta Romana(ポルタ・ロマーナ)近くにあるナポリ料理のレストラン、Alice(アリーチェ)です。

Alice(アリーチェ)
住所:Via adige 9
Tel:02-5462-930
休:日曜日

www.aliceristorante.it


Alice02Cuoca(クオーカ)(=料理人)の1人は日本人の女性です(フミさん)、2007年現在、2008年フミさんは別のレストランに異動しました。以下にこの日のコースの詳細を説明します、和のテーストが加わった素晴らしい料理でした。




 
Alice04Alice07








 

 

Alice03 店内はシンプルで落ち着いた雰囲気です。大人の感じがします。


 
テーブルの真ん中にあるのはトリノ名物のグリッシーニです。これは手作りで、このレストランで焼いたもの。香ばしくてとてもおいしかったです。


Alice08Alice09










まずは前菜の1つ目。小松菜(のような野菜)の上にマグロのグリルがのっています。さらにその上にモッツェレラチーズ!見た目にもキレイで、大変おいしかったです。 

前菜2つ目。生牡蠣ですね。右側のレンゲに入っているのが特製ソース!牡蠣にレモンを絞り、このソースをちょっとつけて食べると最高にうまかった
Alice11Alice12




 



前菜3つ目。生のスカンピ(手長エビ)ですよ!生でスカンピが食べられるんだ!びっくりです。

とろけるような食感、味は甘くて大変美味しかったです。生地の中にもエビが入っていて、これも美味しかった。 

1品、1品が素晴らしく、イタリアでは食べたことのない料理ばかりなので、わくわくしてきました。


Alice13前菜4つ目。

これは何だろう?まるい!エビのようです。


 






Alice14ナイフを入れると中に具が入っています。ズッキーニ、その他にも野菜のみじん切り、そしてエビのすり身も入っているようです。

こんな料理は初めて食べました。外側は海老がプリプリしていて、中はしっとり。非常に美味しかったです。

 

 

Alice15Alice16









前菜5つ目。これはホタテ料理です。ホタテを揚げ、トマトソースで絡めてあります。

大きなホタテに美味しいソース、これもうまかった!前菜だけで5品も出てきました。どれもおいしかった! 


Alice05Alice06










ワインセラーを見せていただきました。たくさんのワインがありますね。この日は4人で3本も飲みましたがどれも美味しかった。

Alice17 ようやく前菜が終わり、次はプリモ。 

これはナポリ名物のパスタだそうです。中にチーズが入っていました。ミートソースにからめて食べると大変おいしいです。






 Alice18

いよいよメインのセコンドです。4人とも別の料理を頼んで少しずつもらおう、ということになりました。


すげー!!オマール海老(Aragosta:アラゴスタ)料理ですよ!しかもスプーンの上にあるのは生のオマール海老!最高です!

 

 

Alice19フォアグラと白身魚です。マッタリとしたソースと一緒に食べると非常に美味しいです。

 

 






 

Alice20

これは白身魚のグリルと野菜が添えられています。さっぱりしていておいしかったです。

 





Alice21これはナポリ料理のZuppa di Pesce(ズッパ・ディ・ペーシェ)=魚介のスープ、です。

魚介類から出た出汁がトマトソースによくなじんで美味しかったです。チェリートマトが甘くてうまいっす! 



Alice22Alice23










最後にデザート!これまたたくさんの種類が出てきてどれもおいしかった!

ミルフィーユ(左上)、ナスとチョコレートのケーキ(右下)など。どれも手作りです。

 

 

Alice24 食後酒のレモンチェッロを飲みました。手作りのレモンチェッロのようです。濃厚で美味かった!

 

というわけで、見て分かっていただいたと思いますが非常に素晴らしいレストランです。

ミラノに住んでいる方は是非一度はこのAliceに行ってみてください!昼間はお得なランチメニューもあるそうなので是非!!

絶対おすすめです!



2007年10月16日

ロンバルディアにある巨大Outlet、Franciacorta-outlet(フランチャコルタ・アウトレット)

今日はまた別のOutlet(アウトレット)の紹介です。

Franciacorta Outlet Village(フランチャコルタ・アウトレット・ビレッジ)

住所:Rodengo Saiano
Tel. 030/6810364

ミラノからは高速A4に乗ってVenezia方面へ行き、Brescia(ブレーシャ)の1つ手前の出口で降りるとすぐです。ミラノからは車で1時間くらいかな。

Franciacorta(フランチャコルタ)はロンバルディア州の有名なワインの名前です。私はたまたまこのアウトレットを見つけたのですが、最初はワインのアウトレットなのかな?と思いました。看板の矢印を追っていき着くとかなり巨大なアウトレットなのでびっくりしました。

071020 outlet1

071020 outlet2071020 outlet3

 

 

 

 

店の数は160軒もあります。敷地もかなり広いので全部見て回るには午前中に来ないとだめでしょう。

071020 outlet4071020 outlet5

スイスのチョコレートLinz(リンツ)や、イタリアの電化製品Delonghi(デロンギ)のアウトレットもあるのは珍しいですね。

このアウトレットはまだあまり知られていないらしく、人もそれほど多くなかったです。

1月、7月のバーゲン時にはさらに安くなるのでいいですね。ロンバルディア州の巨大アウトレット、是非行ってみてください!!



2007年10月15日

Gucci直営のアウトレット「The Place」

071015 Place2

071015 Place1

071015 Place3

 

 

 

 

皆さんご存知ですか?ミラノからトリノ方面に高速4号線を走って約1時間ちょっと。Novara(ノバーラ)のさらに西のSandigliano(サンディリアーノ)という小さな街にThe Placeというまだできて2年のアウトレットモールがあります。非常に小さなアウトレットで、5,6件しか店はありません。

071015 Place4

071015 Place5

でもこのアウトレットの目玉は「グッチ直営のアウトレット」です。グッチ直営のアウトレットはイタリア国内でも、フィレンツェ近郊とここにしかありません。

 

 

071015 Place6奥さんが年末に一時帰国するということで、ここに買い物に来ました。今回は奥さん孝行です。

年中無休というのはイタリアにしては珍しいです。

日本語のWebサイトまであります(クリック)。

私は物に関心がないので、まるごと関心がありません。ミラノ在住2年経過したのに、ブランド物は買ったことがありません。

Gucciを始め、イタリア、フランスのブランドは質もよく、とてもすばらしいのは分かっています。だから余計に自分には不釣合いだと思っています。。。。今回も全く買う気はなかったのですが。。。。。270ユーロの靴がアウトレットよりさらに特価となって50ユーロで売ってました。

 

071015 Place8

しかも1足のみです。履いてみるとピッタリ!

というわけで初めてブランド物を買ってしまいました!!!グッチのロゴがなかったのでよかった。ロゴが分かりやすいところにあったら買うのはやめていました。ブランド物のロゴがついた物など絶対に私に似合わないので。。

 

なんかグッチのきんちゃく袋みたいなのもついていました。バックには必ずついているみたいですが、靴にもついているんですね。

 

071015 Place7

この辺りは稲作が盛んのようです。久しぶりに実った稲を見ました。

去年奥さんがここで300ユーロで買ったバックを日本に持ち帰り、日本のグッチの店に行くと同じバックが16万円で売られていたそうです

 

ここのグッチのアウトレットは非常に値引率がよく、安く売っているようです。ただし1年前に来た時と同じバックがまだあったりするので、最新のものがあるわけではないようですが。。。。

最新のグッチじゃなくてもよい、というのであれば、安く買えるのでお得ですよ!よかったら!!