2007年07月

2007年07月31日

天国から降りたビーチ「Pelosa(ペローサ)」5

今日はサルデーニャでも特に人気のあるビーチ、Pelosa(ペローサ)を紹介します。

Sardegna-Italia

その前に簡単におさらい。サルデーニャ島はシチリア島に次ぐイタリア第二の大きさの島で、左の写真の赤い枠の位置にあります。日本では、シチリアは有名なので知られていますが、意外とサルデーニャを知らない人は多いです。ちなみにその上にあるひとまわり小さい島はコルシカ島、フランス領です。

 

 

 

 

 

070731 Pelosa1

これがサルデーニャの地図。

PelosaはStintino(スティンティーノ)という、サルデーニャの最北西の街にあるビーチで左図の赤い枠の辺りにあります。地図の赤い枠辺りを見ていただくと、角のように突き出た岬とその北にあるアシナーラ島の間は殆ど閉じていると言える位接近しています。実際下の写真を見ると、すぐ対岸にアシナーラ島が見えます。泳いで行けそうな位近い!島と岬の間はとても狭い水路となっています。

 

 

070731 Pelosa3

この特徴ある地形により、ペローサはとてもキレイに保たれるのです。外洋からこの狭い水路を通ってキレイで新鮮な水が入り込みます。しかも常に外洋から水が流れ込み滞らない。外洋からの波は強い西風によって荒くなっているのですが、狭い水路を通ることによって緩やかな流れに変化し、底砂が舞い上がらないので水が透明に保たれます。波が殆どなく、プールのようです。

 

余談ですがつい最近まで対岸のアシナーラ島は刑務所として使われていました(1997年に廃止)。それ以後、自然保護区に指定されています。

070731 Pelosa2

070712 pelosa

070731 Pelosa9

 

 

 

 

 

070731 Pelosa4

070731 Pelosa10

070731 Pelosa12

 

 

 

 

 

070731 Pelosa11

Pelosa(ペローサ)
おすすめ度;★★★★★
場所;サルデーニャ北西
ビーチ;白い細かい砂
水際;遠浅。歩いて50mくらい行ける
水温;かなり冷たい
透明度;高い
魚、生物;ほとんどいない

大変混んでました。でも夏の湘南ほどは混んでませんが。。。

遠くに見える塔は、スペイン時代の物見の塔で、Pelosaのシンボルのようになっています。

海を見ると、近くから薄い水色、水色、青と3段階で変化しているのが分かると思います。実際に入ってみると分かるのですが、水深が段階的に深くなっていて、深いほど色が濃くなっています。グラデーションがとてもきれいですよね。

070731 Pelosa5070731 Pelosa6

50mくらい沖まで行ってもまだ浅い。子供でも安心して遊べるビーチです。ただ、外洋から常に水が流れ込んでいるので水が冷たいです。8月でも冷たいそうですよ。

 

 

070731 Pelosa7

070731 Pelosa8

デジカメに防水ケースをつけて海中を撮ってみました。

かなりきれい!泳ぎながら海中を見ていると透明で底が見えるので、空を飛んでいるようです。白い魚も結構いました。

 

とてもきれいで素晴らしいビーチですが、難点はものすごく混む事、そして水が冷たいので長く海に入っていられないことですかね。でも是非行ってみてください!おすすめです!



2007年07月30日

在外選挙・・・できず(参議院選挙)

以前書きましたが(クリック)、今回の参議院選挙から海外在住の日本人も選挙をすることが出来るようになりました(すいません、これは間違いです。下の方に補足、訂正します)。

これで約80万人の海外在住日本人が選挙に参加することが出来ます!

私も投票したかったのですが、7月21日(土)が選挙の締め切りで、サルデーニャにいたので投票することが出来ませんでした。残念!!ソニーのフリーステーションで結果を見ることにします。

ミラノ在住のみなさん、投票しましたか?


070730 senkyo

すごい、びっくりですね。自民党大敗!民主党が大きく躍進です。

安部さんはどうするのでしょうか。

次回の選挙は絶対投票するぞ!!

 

↓↓選挙行った?
人気blogランキングへ続きを読む

2007年07月29日

久しぶりにミラノの街中へ

今日は久しぶりにミラノの街中に出てみました。Saldi(サルディ=バーゲン)ももう終わっている頃ですが、いいものがあれば買いたい!

サンバビラ→ドォーモ→ガレリア→トリノ通り→ティチネーゼ通り→ナヴィリオとひたすら歩きました。結局何も買いませんでしたが。。。

070729 milano1

サンバビラからドォーモに向かいます。

 

 

 

 

070729 milano2

ガレリアで演奏する人達。

 

 

 

 

070729 milano3

トリノ通り。

 

 

 

 

070729 milano4

ティチネーゼ通り。

 

 

 

 

070729 milano5070729 milano6

ティチネーゼ通りにある、サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会。

 

 

 

070729 milano7

ナヴィリオ運河。

 

 

 

買い物というか散歩になってしまいました。基本的に物を殆ど買わないのでいろいろSaldiになっていましたが買わず。。。


それよりも今日はどうしても見たいTVがあったので早めに帰ることにしました。14時35分(日本時間21時35分)からアジアカップ3位決定戦、日本VS韓国があるのです!!今週水曜日サウジアラビアに負けて既に3連覇(優勝)は夢となりましたが、韓国には負けれん!

ソニーのステーションフリーで日本のテレビが見れるのでライブで見ました。

070729 milano8

後半、韓国は2枚のイエローカードが出て1人退場!しかし。。。日本の決定力不足で延長戦まで0対0。

遂にPK戦に!日本、韓国共に5人ともゴールを入れました、すごい!!

6人目からはサドンデス。ここで日本が外して終了・・・負けた、悔しい

ミラン、インテルよりも日本代表が勝ってくれないとなあ・・・・



2007年07月28日

イタリアでの日本のニュース報道

3日前、サッカーチーム「カターニャ」が今月末に来日する予定だったのをキャンセルしたニュースについて書きました。

今日はその続報です。

まずこの記事を見てください。

やっぱりという感じの内容。。。。イタリアのTVは日本についてのニュースを報道する時はかなりいいかげんです。地名、人名の読み方、その他情報について間違っていることが多々あります。

この記事にも書いてありますが、日本では既にかなり放射能が漏れていると思っているイタリア人も多いようです

たまたま昨日、カターニャから出張で私のオフィスに来ていたNさんに確認してみました。彼はカターニャ生まれ、カターニャ育ち、生粋のシチリア人です。

Nさんに聞いてみると、「ああ、知っているよ!放射能が漏れてそれで学校や体育館とかにみんな非難してるんだろ!」と言っていました。

違うよー!!!!

彼に説明し、地震で家が倒壊して非難しているということを何とか理解してもらいました。

今回以外にもイタリアのニュースで誤解を与えていることが多々あります。


.肇螢離リンピックでの誤報
去年書いた記事です。
トリノオリンピックのフィギュアスケートで、荒川静香が出てきたとき、18歳と紹介されてました。
10歳くらい異なると思いますが・・・・

∋仍さんの事件についての誤報
去年、耐震偽装事件の姉歯さんについてラジオで放送があったそうで、次の日同僚に言われました。
「イタリアはいいかげんだと言うけど、日本の建築士もいいかげんな奴がいるらしいな。計算間違いで耐震が低くて立て直すんだって?」と言われてビックリ。
間違いではなく、彼の計算でわざと強度を低く設定したと説明しておきました。。。。

SARSの影響で中華料理を食べない
これは風評被害です。
4年前、サーズが中国で流行した時、ちょうど私はミラノに出張に来てました。そのとき、ミラノにある殆どの中華レストランがガラガラになってしまいました。
理由は、中国=SARSというイメージから、中華料理を食べるとSARSになってしまうかもしれないという恐れからでした。


誤報と分かっても特に訂正や謝罪はなく、誰かに聞くしかないというのがイタリアスタイル。でも日本でも同様にヨーロッパのニュースを誤解しているものがあるかもしれませんね。

ニュース報道が常に正しいわけではないので注意しましょう!

 

↓↓クリックよろしく!
人気blogランキングへ

2007年07月27日

自然食材店、Superpolo(スーパーポロ)

最近ミラノでは自然食品を扱う店が増えてきてます。

白米ではなく玄米が健康にいいように、精製した白い小麦粉よりも精製前の茶色い小麦粉のほうが健康には良いそうです。

私がたまに買いに行く健康食品の店はここ!メトロM2のMoscova(モスコバ)駅のすぐそばです。

070715 Lombardia Freezer3

Superpolo
住所 : Largo La foppa 1

地図はここ

 

070715 Lombardia Freezer1

070715 Lombardia Freezer2

見てください、たくさんの種類の小麦粉やパスタ類があります。

精製前の小麦粉を使っているのでパスタの色が白ではなく茶色ですねー。

070715 Lombardia Freezer4

醤油や日本米など日本食材も置いてますので便利です!

 

 

 

 

070715 Lombardia Freezer5

試しに精製前の米、スパゲッティを買ってみました。

 

 

まだ食べてないですが・・・・料理して食べたらまた報告します



2007年07月26日

サルデーニャの海はなぜ美しいか?

イタリアといえば何が思い浮かぶでしょうか?

美術、建築、デザイン、ファッション、料理などでしょうか。しかしイタリア人にとっての欠かせないお国自慢の1つが海なのです!

070725 mare1070725 mare2070725 mare3

 

 

 

 

 

070725 mare4

070725 mare5

070725 mare6

 

 

 

 

 

070725 mare12特にサルデーニャの海は地中海の中でも飛びぬけて美しいと言われています。サルデーニャは四国ほどもある大きな島(2.4万km2)で海岸線は2000kmにも及びますが、その殆どがきれいな砂浜、ビーチとなっています。

なぜサルデーニャの海はこんなにも美しいのか?理由はいくつかあるので紹介します。


070725 mare7

やはり海水浴にはおにぎりが合います!

 

 

 


まず海の色は水深、底の色、透明度、日差しの強さの4つで決まります。サルデーニャはこれら4つの要素全てに恵まれているのです。


(1)水深
サルデーニャの海岸は遠浅の砂浜が多いです。陸はなだらかな勾配で海に落ち込んでいます。
遠浅の部分はきれいな水色になります。

(2)底の色
サルデーニャ近くでクルーズしたときよく分かったのですが、サルデーニャの海底はある程度深いところでも明るい白砂です。
よって、底まで達した光が反射して輝くのできれいな水色、紺碧の色に見えるのです。

(3)透明度
サルデーニャ近辺では強い海流が流れているので透明度が非常に高いです。またサルデーニャはイタリア本土、アフリカからも200kmほど離れており汚染されにくい。また四国ほどの大きさもあるのに人口がわずか160万人(四国は400万人強)と少ないことも透明度が高い理由の一つです。また以下の理由もあります。

・海岸に人が住まなかった
サルデーニャは昔から海賊達に侵略されてきました。侵略者達は船で海岸から襲います。そこでサルデーニャ人達は海辺ではなくや内陸に住むようになりました。よって海辺に人がいない、港もない、漁業もあまり発達しなかったので海が汚されませんでした。

・海中のプランクトンが少ない
海が青く見えるのは、水の分子が波長の短い青色をより多く散乱し、その散乱光が私たちの目に入るからです。しかしプランクトンが海中にいると青色を多く吸収してしまうのでそれ以外の赤系の色が反射され赤みがかって見えます(赤潮などがその例です)。
地中海にはプランクトンが少ないそうです。地中海沿岸では森林伐採と放牧により沿岸の有機土壌が失われ、プランクトン繁殖のための栄養が海に流れなかったことが理由です。つまりサルデーニャ近くの海中にはプランクトンが少ないためより青く、美しく見えるのです。

(4)日差しの強さ
私は7月の始めにサルデーニャに行ったのですが日中の日差しの強さはすごかった。気温は40°近くになり刺すような日差しは痛いほどでした。この強い日差しが海を照らし輝くのです。

以上がサルデーニャの海が非常に美しい理由です。そして、自然を壊さずに開発を行ってきたということも理由の1つでしょう。

これからしばらくはサルデーニャの素晴らしいビーチを紹介していこうと思います。



2007年07月25日

カターニャ来日中止

今日のニュースです。

イタリアサッカーセリエAに所属するカターニャが来日を中止したそうです。

カターニャは記憶にまだ新しいですが、今年2月にサポーターが試合中に暴動を起こしてイタリアサッカーが一時中断しました。

この暴動事件後、カターニャはセキュリティ上の問題からホームでの試合を禁じられ、それ以後勝てなくなって4位から最終的には13位になりせりエBに落ちる寸前のところでした。。。。日本人選手の森本が所属しておりますが、あまり強いチームではないですね。なんせ2006年にセリエBからAに上がってきたばかりのチームですし。

私は仕事と観光で2回ほどカターニャに行った事がありますが、世界遺産の街でいいところです。エトナ山という活火山がありよく噴火します。ただし、カターニャはイタリアで2番目に治安が悪いところだそうです(一番はパレルモらしい)。。。確かに中心地以外の住宅地はかなり汚かったなあ。

話を戻します。私はまずカターニャが日本に呼ばれていたことにビックリしました。もっと強くて有名な選手の多いチームを呼べばよかったのに。。。これも森本の影響でしょう。

実際、新潟県中越沖地震はイタリアでもかなり大きく報道されていました。毎日ニュースでは被害状況が伝えられ、特に原発の被害状況は詳しくやっていたようです。ただカシワザキの発音が難しいらしく、きちんと言えてませんでした。。。。

私の同僚のイタリア人達もかなり怖がっていました。日本のことがよく分からない分、我々日本人よりもかなり警戒してしまうのでしょう。

早く復旧できるといいですね。



2007年07月24日

サルデーニャの紋章

サルデーニャに行くとこのような怪しい旗が至る所にあります。

070724 flag1

これはサルデーニャ自治州の紋章です。イタリア国旗と一緒に掲揚されているのをよく見ました。

 

諸説あるようですが、ある本の説明によると、

「昔、南のチュニジアからベルベル人がサルデーニャを襲撃して現地のサルデーニャ人を困らせていました。あるときサルデーニャ人達が結集してベルベル人を返り討ちにして頭領4人を処刑した。」そのときを記念して4人のベルベル人が紋章になったそうです。生々しいですがサルデーニャらしいです。

070724 flag3ホテルやレストラン、市役所などにこの旗が掲揚されてました。イタリア国旗よりも大事そうです。そもそもサルデーニャは昔はイタリアではなく、今でもイタリア文化がサルデーニャに入ってくるのを嫌う人たちがいるそうです。この旗はサルデーニャ人たちの誇りなのでしょう。



今回の旅行で私は黒人のように日焼けしました。。。奥さんは、サルデーニャの旗の人みたい、と言っていたので写真を撮ってみました。



070724 flag2

ちょっと分かりづらいですがかなり黒いです。




2007年07月23日

ジャパン・オン・アイス in Aosta

今日は23日(月)、2週間ぶりの出社です。

会社に行くと書類の山が。。。。1つ1つ見ていくと、その中に「北イタリア日本人会」の会報がありました。

070723 ice中のチラシを見るとイベント情報が

昨日(22日)、トリノの北にあるアオスタで日本フィギュアスケートのトップアスリートによるエキシビジョン「ジャパン・オン・アイス」が開催されるということでした午前中に行われる公開練習も合わせて見ることができ、しかも入場料は10ユーロからと激安!残念ミキティに会えるところだったのに・・・


この北イタリア日本人会ではよくこのようなイベントを紹介しています。7月はじめにはモンツァで日本VSイタリアのバレーボールの試合が紹介されていました。

去年はLucca(ルッカ)で日本人のみで行われたオペラ「蝶々婦人」の無料招待など。。。

次回は絶対行くぞ!

続きを読む

2007年07月22日

イタリアはマニュアル車ばかり

イタリアはアメリカに負けずと車社会で、国民一人あたりの車所有台数は日本よりも多いそうです(総台数は二本のほうが多いです)。

そのイタリアの車の殆どがマニュアル車です!!2年前にミラノに赴任してきて、始めはオートマの車を探しました。でももちろんなくて、ディーラーには「オートマ車が欲しいなら新車で買うしかないよ!新車でオートマ車を注文しても特注なので納車までに半年から1年は待つことになるよ!」と言われて諦めました。実際に街中の車を見てもマニュアル車しかありません。

同僚のイタリア人達に聞くと、マニュアル車じゃないと運転している気がしない、マニュアル車じゃないとやだ!!と言ってました。 先日、うちのオフィスマネージャ(イタリア人)にカンパニーカーとして新車が届きました。アウディーの新車です。

これがなんとオートマ車なのですよ!カンパニーカーなので選択出来ず、オートマ車となったようです。このマネージャーに、「オートマの方が楽でいいでしょう!」と私が言ったところ、「運転している気がしない、さびしい。できればマニュアル車に換えて欲しい」と言っていたのでビックリ!イタリア人にはオートマ車は不要なのでしょう。。。。

でもイタリアで売られている最近の新型車では少しずつオートマが増えてきているそうです。まあ割合からしたら全体の1%もないと思いますが。。。。

私はやっぱりオートマ車がいいなあ。



2007年07月21日

ミラノに戻ってきました!

ようやくミラノに戻ってきました。楽しかったですが疲れました。。。。

毎日泳いだので、かなり日焼けしましたよサルデーニャにいた16日間中、雨は全く降りませんでした。

車でジェノバまで行き、そこからフェリーでサルデーニャに上陸、走行距離は2800kmくらい・・・・いろんなビーチに行きました。

夜は空を見上げると見たことないくらいたくさんの星が!

Blogにアップしていきますのでお楽しみに!!



2007年07月20日

夏の情緒が感じられない・・・

サルデーニャの海はキレイで最高!

1日も雨には降られなかったし、夕日もきれい。夜はプラネタリウムのように満天の星空を見ることが出来ます。

でもなんだか物足りない。。。。日本にいたら、花火を見たり、せみの鳴き声を聞いたり、スイカを食べたりして夏の情緒や懐かしさを感じることができます。

でもイタリアにいるとそういった懐かしさとかを感じることが全くないんです。。。

きっと日本では思い出があるけど、イタリアでは思い出が殆どないからだろう、と思ってます。

でももしかしたら日本の風景とか自然が懐かしさを出しているかもしれません。



2007年07月19日

Sardegnaと沖縄

サルデーニャに行って分かったことですが、サルデーニャと沖縄には共通点が結構あります。

仝機垢亙未硫国だった。

南国の島で海がキレイ。

K楾颪諒顕修入ってくることを拒む。本国があまり好きではない。

な弧静な開発よりも自然を優先する。

ゥ▲瓮螢海軍が駐留している。

、昔、サルデーニャはサルデーニャ王国、沖縄は琉球王国でした。共に約140年前にイタリア、日本の一部になっています。

□共に非常に海がキレイです。あと両者ともに珊瑚が有名です。

→今の若い人にはあまりないかもしれません。でも沖縄に行くと、今でも「本土から来ましたか」などといわれます。サルデーニャで仲良くなった年配の人達はみなイタリアがあまり好きではないとはっきり言ってました。。。。ノーベル文学賞をとったサルデーニャ出身の「グラツィア・デレッダ」は、イタリア文化がサルデーニャに入り込むのを拒んだ小説を書いたそうです。

あサルデーニャは道路が土のところがあったり、アスファルトに穴があいていたりして不便です。。。ですがその分自然を大切にしています。

アこれが一番驚きました。マッダレーナ島に行った時、海軍の施設が多く、海軍の船や潜水艦などが多数ありました。イタリア軍のものもありますが、米軍のものもあり、沖縄と同様、米軍が駐留しているのです。

他にも共通点があるかもしれません。よかったら探してみてください。



2007年07月18日

ミラノの八重洲通り

ミラノのCentrale(チェントラーレ=中央)駅は、国鉄中央駅もあり、ミラノの中心の駅です。日本で言えば東京駅みたいな感じだと思います。

070715 yaesu2

これがそのCentrale駅。戦時中ムッソリーニが作らせた豪華な駅です。

 

 

070715 yaesu1

そのCentrale駅を背にして通りを見るとこんな感じ。

 

私が初めて見たとき、東京駅の八重洲口から見た通りに似ている!!と思いました。実際には、Via Vittor Pisaniと言います。でも私は勝手に「八重洲通り」と呼んでます。この通りをずっと進んでいくとDuomo(ドォーモ)近くに行くことが出来ます。

なんか懐かしい感じがするので私はたまにこの「八重洲通り」を見に行きます。



2007年07月17日

サルデーニャ最高!

みなさん、お久しぶりです。

7月6日からサルデーニャに来て、もう10日が経ちました。10日ぶりにネットにつながりました。今はサルデーニャの最北端の町、Santa Teresa(サンタ・テレーザ)にいます。

明日の早朝から日帰りで、フランス領のコルシカ島に行ってきます。それからOlbia(オルビア)に行き、20日の夜の船でジェノバ、そしてミラノに戻ります。

 

いやあ、サルデーニャは予想通り素晴らしいところですねまた詳しくは報告しますが、ちょっとだけ写真載せます。

 

070717 Sardegna1070717 Sardegna2

 

 

 

 

 

070717 Sardegna3

これはAlghero(アルゲロ)近くのネプチューン洞窟です。

 

 

 

070717 Sardegna4070717 Sardegna5

070717 Sardegna6

 

 

 

 

 

070717 Sardegna7

いやあ、とにかく海がきれい!浅瀬の水色から徐々にグラデーションで濃くなっていき、沖は紺碧の青色!最高にきれいですね。

 

 

先週は、サルデーニャ島の唯一の世界遺産、Barumini(バルーミニ)にあるヌゲーロにも行ってきました。

詳しくはまた!みなさんもお元気で!!