2007年06月

2007年06月30日

トリノ名物の甘いコーヒー「bicerin(ビチェリン)」

エマニュエレ二世が1861年初めてイタリア全国を統一し、トリノを首都に定めました。

明治維新が1868年なのでほぼ同時期にイタリア、日本は統一国家になったわけです。

エマニュエレ二世のサヴォイア一族は大変甘いもの好きで、サヴォイア家御用達のチョコレート屋、ジェラート屋がトリノにはあったようです。

サヴォイア家のお陰でトリノではたくさんのDolce(ドルチェ)が発展しました。

トリノのvia romaにはショーウインドウにまるで宝石を散りばめたように美しく飾られたチョコレート菓子を売る高級菓子店を何軒も目にします。スイスの菓子職人達でさえ、18世紀末から19世紀にかけてはその技術を習いにトリノへ押し寄せたようです。トリノにはチョコパスというチケットがあって、それを購入すると、10軒のチョコレート屋でチョコを食べられるそうです。

ジェラートはトリノで洗練され全国に広まり、Panna cotta(パンナコッタ)はトリノの主婦が考案しました。

その他にもZabaglione(ザバイオーネ)、Bonet(ブネ)などトリノ名物のDolceがあります。

 

カフェに行っても、甘い飲み物があります。

070630 torino2bicerin(ビチェリン)というもので、コーヒーにチョコレートを混ぜ、上に生クリームがドバっとかかってます。

見るからに甘そうでしょう。

美味しかったのですが、甘すぎてちょっとつらい。生クリームは甘いし、コーヒー飲んでも甘いチョコレートが混ざっているので大変甘いです。。。。

一回飲めば十分かな。

というわけでトリノに行ったらドルチェを食べましょう!



2007年06月29日

カネッリのカンティーナ(その2)「Contratto(コントラット)」

カネッリにはたくさんのカンティーナがあります。

昨日紹介したCoppoのすぐそばに、「Contratto(コントラット)」というカンティーナがあります。ここも年間数万リットルのワインを生産しており、私はミラノでこのコントラットのロゴを見たことがあります。

070629 contratto1070629 contratto2

歴史的な建造物のようです。素晴らしいですね。

 

 

 

 

070629 contratto3

070629 contratto4

070629 contratto32

 

 

 

 

 

 

Contratto(コントラット)
住所:Via Giuliani Giovanni Battista
TEL:0141-823-349
見学、試飲: 10Euro
オススメ度:★★★★
●スパークリンクワインのカンティーナ。シャンパンと同様に瓶1本、1本を回しながら澱を落とすシャンパーニュ方式で生産している。

 

070629 contratto5

15時に予約していました。中に入ると既に他のお客さんがいました。一人10ユーロを支払い、ツアーの始まりです。

 

 

 

070629 contratto6

070629 contratto10070629 contratto9

 

 

 

 

まず最初の部屋がレストランのようになっていました。実際にレストランなのですが、予約があったときのみの営業だそうです。お金持ちがパーティーをする時にここを使うようです。

しかも驚いたことに、シェフは外部からお願いして来てもらうのだそうです。シェフによって依頼する料金が異なります。数万円から数十万円はするようです。ゲストの人数で割るので、ゲスト一人あたり100ユーロから400ユーロとまちまち。でも料理のコースで一人400ユーロもしたらすごいですよね。やはりお金持ちのパーティー用です。ちろん、このContrattoのワインが出されるようです。

070629 contratto8

今までここに呼ばれたシェフ達の写真が飾ってあります。おそらくどのシェフも有名レストランから呼ばれたのでしょう。

 

 

 

 

070629 contratto7

この写真の上から二番目のシェフを見てください。アジア人です。聞いてみると、ミラノにある「Nobu」のシェフだそうです。ここで和食のパーティーをやったのでしょうか!びっくりですね!

 

 

 

 

 

 

070629 contratto11070629 contratto12

070629 contratto13

 

 

 

 

中庭もきれいで素晴らしいです!

 

070629 contratto14

070629 contratto15ここにあるのは昔、ワインを造る時に使った器具です。

 

もちろん、今では使ってません。

 

 

070629 contratto16

昔のContrattoのポスターです。レトロな感じでいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

070629 contratto17070629 contratto18

ワイン貯蔵室に入るとヒンヤリ!年間常に13度を保っているそうです。

面白いことに、樽ではなく、瓶づめした状態で保存しています。斜め下に向けていますね。説明によると、1日一度この瓶を1つずつ回転させるそうです。それによって沈殿物が瓶の先に溜まっていきます。最終的には瓶を移し変えて完成ということになります。もちろん完成までに数年かかります。

通常赤ワインは何年も熟成させるのですが、白ワインは耐性が弱く、何年も熟成できません。よって普通、白ワインはその年か一年前程度のものです。

しかしこの方法を使うことによって、白ワインなのに5年以上も熟成させることができます。

 

070629 contratto19070629 contratto20

さらに地下に下りていきました。

 

 

 

 

 

 

 

070629 contratto21

070629 contratto22

070629 contratto24

 

 

 

 

 

070629 contratto23

ワインの貯蔵庫なのですが、とてもキレイで素晴らしかったです。美術館のようですね。

 

 

 

 

070629 contratto28

070629 contratto25

最後にようやくお待ちかねの試飲です。

 

 

 

 

070629 contratto27

070629 contratto26

白ワインのスプマンテです。驚くことに1999年もの!

 

白ワインでこんなに古いものは初めてでした。大変おいしかったです。

 

 

 

 

070629 contratto29070629 contratto30

受け付けに戻ってきました。

お楽しみの買い物タイムです。

先ほど試飲した白のスプマンテ1999年ものが25.5ユーロ。

めちゃくちゃ高いというほどではないですね。1本買いました。他にも何本か買いました。

 

 

 

070629 contratto31

イタリアワインの王様、Barolo(バローロ)も売ってました。でもここでは主に白ワインを造っており、Baroloの説明もなかったので買いませんでした。

 

 

素晴らしいツアーでした。全てイタリア語の説明なので注意してください。私は奥さんにその都度、訳してもらいました。。。。

よかったら是非どうぞ!



2007年06月28日

カネッリのカンティーナ、「Coppo(コッポ)」

ピエモンテ州、カネッリはワイン生産で有名な街。

070626 coppo003

070626 coppo001

070626 coppo004

 

 

 

 

 

070626 coppo005070626 coppo006

070626 coppo007

 

 

 

 

山や丘の丘陵にぶどう畑がたくさんありました。もちろん、ワインを造って貯蔵しているカンティーナもたくさんあります。

Mixi仲間のOkyouさんお勧めのカンティーナ2軒に行ってきました。

昨日紹介したレストランSan Marcoの数軒となりにCoppo(コッポ)というカンティーナがあります。

070626 coppo1070626 coppo2070626 coppo3

 

 

 

 

Coppo(コッポ)
地域:Piemonte(ピエモンテ)
住所:via Alba 68,Canelli(Asti)
TEL:0141-82-3146
オススメ度:★★★
●Barbera(バルベラ)と少量のBarolo(バローロ)を生産。

 

出張で留守にすることが多いらしいので要予約です。

経営者の息子のMAXさんに案内してもらいました。

070626 coppo5

CoppoではBarbera(バルベラ)と少量のBarolo(バローロ)を造ってます。ミラノのレストランやエノテカにもたくさん卸しているそうなのでこの天使のロゴを見たことある方もいると思います。

 

 

070626 coppo6

070626 coppo12

年間4万リットルのワインを生産し、世界中に輸出しているそうです。

一番多いのはUSA、日本には高島屋などにも卸しています。

 

070626 coppo7070626 coppo8070626 coppo9

 

 

 

 

 

070626 coppo4

070626 coppo10070626 coppo11

 

 

 

 

ワインを造るには何段階か手順が必要です。(すいません説明を聞いたのですがよく分かってません)。。。気温と湿度は年間を通して一定、温度は15度くらいでした。もちろん空調機などは使わず石の蔵で天然の空調です。

070626 coppo13

この日は大変忙しいらしく、試飲もできずに終了。

 

 

 

070626 coppo15折角なのでBarberaの赤ワインを買いました。単品では売れないということで、6本の箱で買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

070626 coppo14

カンティーナに隣接した所。ここでトラックに詰めてイタリア各地、そして世界中に輸出してます。

トスカーナで行ったカンティーナよりもかなり大規模でした。

 

明日はもう一軒のカンティーナContratto(コントラット)を紹介します!



2007年06月27日

ピエモンテ州、Canelli(カネッリ)のレストラン「San Marco(サン・マルコ)」

2週間前の週末、Mixi仲間のOkyouさんのレストランに行ってきました

ピエモンテ州にワインで有名なCanelli(カネッリ)という街があります。彼女はCanelliにあるレストラン「San Marco(サン・マルコ)」でシェフをやっているのです

いやあ、本当においしかった。ミラノ、ローマ、フィレンツェ、ナポリ、シチリアといろいろな所に今まで行きましたが、その中でもベスト3に入ると思います。美味しいだけでなく、料理をきれいに飾っていて、感動しました。

070624 SanMarco1

070624 SanMarco3

San Marco
Via Alba 136 ,Canelli
Tel;0141-823-544
休;火曜夜、水曜日

 

 

 

070624 SanMarco4

070624 SanMarco2

なんとミシュランの1つ星です!!

 

 

金曜日会社が終わって急いでいったのですが着いたのが22時。。。。遅くから作って頂いて申し訳ありませんでした。

 

 

070624 SanMarco9

070624 SanMarco13

070624 SanMarco15

 

 

 

 

店内は高級感あふれる感じでとてもよい雰囲気です。

070624 SanMarco12

女性用にハンドバックを置く台もあって細かいところまでサービスが行き届いています。

 

 

 

 

 

 

070624 SanMarco6

070624 SanMarco8

070624 SanMarco5

 

 

 

 

皿やグラスのセットなどもオシャレです。

070624 SanMarco7

トリノ名物のグリッシーニも手作りでおいしかった!

 

 

 

070624 SanMarco14

070624 SanMarco11

ワインリストも分厚い!たくさんのワインが載っていました。

 

 

 

 

さすがピエモンテ州、カネッリ!!イタリアワインの王様Barolo(バローロ)がこんなにたくさんあります!このレストランのすぐ横のカンティーナでもバローロを作っているようです。

 

070624 SanMarco19

今回は見繕ってもらった赤ワイン、Barbera(バルベラ)にしました。

熟成された渋めのワインで大変美味しかったです。

 

 

 

 

070624 SanMarco24

最初にスプマンテが出て、次にこの赤ワインを飲みました。どれも最高ですね。

 

 

 

さあ、お任せコースの始まりです!全てOkyouさんが作ってくれました。

070624 SanMarco16

070624 SanMarco17

 

 

 

 

Antipasto(アンティパスト〜前菜)の前に出てきたのがこれ!見た目にもきれいで、美味しかった!このスプーンの料理はフランス料理っぽいですね。ピエモンテ州はフランスに接しているので、フランス料理の影響があるのでしょうか。

 

一皿ずつ、皿の上に銀の器がかぶさって出てきました。そして、目の前でパッと銀の器を取ってくれます。よくテレビや映画で見るやつですよ!料理を見て驚いて、感動してもらうために目の前でとるのでしょう。すごい!

070624 SanMarco18

Antipasto(アンティパスト〜前菜)です。

右下のはフォアグラです。濃厚で美味しかった。

驚いたのが左上にある生の牛肉のたたき!!おそるおそる食べると・・・・メチャクチャうまい!この皿の中で一番美味しかった。味付けがしてあり、まったりしていて大変美味しかった。また食べたいです。

070624 SanMarco20

070624 SanMarco21

前菜が続きます。

スフレですね。これもフカフカしていて大変美味しかった。

 

 

070624 SanMarco22

ようやくPrimo(プリモ)のパスタです。パスタの中に具が入っています。ナプキンに包まれていてビックリしました。こういう料理を見たのは初めてですね。上の小さい皿はスープです。このパスタをスープにつけたり、スープを直接飲んだりしました。美味しかった。

 

070624 SanMarco23

ウサギ肉のパスタ。極細のパスタでした。カペッリとは違って・・・なんて名前だったかな。。。

このウサギ肉のソースが絶品で大変おいしかったです。

 

 

070624 SanMarco25

やっとSecondo(セコンド)です。もうすでにかなりお腹いっぱい。牛肉の煮込みです。確かワインのソースで、濃厚でおいしかった!上の小皿に載っているのが脳みそだったかな(内臓だったかも。すいません忘れました)。これも美味しかったです。

セコンドを食べたところで12時になってしまい閉店。実はこの日はOkyouさんの家に泊めていただいたので、残りのデザートはOkyouさん宅で頂きました。

 

070624 SanMarco30

チョコレートムース、フルーツ、あと右はパンナコッタです。特にパンナコッタが絶品で美味しかったです。

 

 

 

070624 SanMarco31

ほおずきのチョコレート!これもおいしかったです。

 

 

 

070624 SanMarco26

070624 SanMarco28

070624 SanMarco29

 

 

 

 

店の地下にはカンティーナ(ワインセラー)がありました。おお、たくさんのワインがある!!

団体ではここで食事もできるそうです。素晴らしいですね。

この日は時間がなかったので食後酒、コーヒーはスキップ。

これだけ食べて、お友達プライスで一人50ユーロにしてもらいました。ビックリ!ミシュラン1つ星でこれだけ食べて破格ですね。

070624 SanMarco32

この店のカードとパンフレットを頂きました。きれいなパンフレットですね。

 

ミラノから車で1時間半!カネッリにはおいしいワインのカンティーナもたくさんあるので、週末是非このサン・マルコに行ってみてください!大変お勧めです!

続きを読む

2007年06月26日

(必見)ミラノで料理対決!リグーリアVS日本5

5月中旬、Mixi仲間のナトゥーシャさんに相談されました。

「ミラノのあるレストランで毎月料理対決がある。イタリアの地方料理VS外国料理で、6月はリグーリアVS日本。レストランの人達は和食にあまり詳しくないのでメニュー、レシピなど相談にのってほしい」というものでした。

地下鉄Linea1(赤線)のPasteur(パストゥール)駅からすぐ近くです。

070626 tempio-doro5

Tempio D'oro(テンピオ ドーロ)
住所:via delle leghe, 23
TEL:02 26145709
休:日
オススメ度:★★★
雰囲気:★★★カジュアル
予算:お手頃(10Euro〜)
●バール兼、安くてお手頃なレストラン。毎月最初の日曜日は料理対決のイベントがあります!!
夕方にはハッピーアワーがあります。

料理対決の決戦日は6月3日(日)でした!12時〜14時が1回戦、14時〜16時が2回戦です。

相手のリグーリアはジェノバが州都の海がある州です。フォッカッチャやスパゲッティ・ジェノベーゼなどが名物です。

私としては、イタリアVS日本でも日本が勝つと思っているので、リグーリア料理に負けるわけにはいきません。まずいものを作ったら、イタリア人達に和食はあまり美味しくないと思われてしまう・・・さらに日本人のみなさんにも申し訳がないです。

5月終わり、一度このレストランに集まりメニューを決めることになりました。

よく考えると、日本の方がちょと不利。評価するのは殆どがイタリア人だし、和食のための食材が手に入りにくいからです。イタリア人の口に合わない和食もありますので、その点も考慮して以下のメニューにしました。

・ちらし寿司
・天ぷら
・コロッケ
・インゲンとニンジンの胡麻和え
・ブタの生姜焼き
・マグロのづけ
・たこときゅうりの酢の物
・緑茶のジェラート

緑茶のジェラート以外は全て手作りです。後日ナトゥーシャさんがレシピをレストランに渡してほぼ完了となりました。

6月3日(日)当日、味見や簡単な手伝いをしようと思い、奥さんと10時ごろレストランに行きました。

070626 tempio-doro8

我々の写真がポスターに出てます。日本料理のシェフと書かれているのでビックリ!このレストランのWebにも同じポスターが出ていました。

 

 

 

070626 tempio-doro1

おお!ドラマ「バンビーノ」に出てきたようなキッチンです!

 

 

 

070626 tempio-doro2

マグロが大量!これはマグロのづけ用のものです。

その他にもたくさんの食材がありました。

 

 

いろいろと見ていると、オーナーが「今日は170人もお客さんがくるんだよ。早く作ってくれ」と言われてびっくり。

少し手伝うつもりで来たのですが、主に作ることになってしまいました。しかも開始まであと2時間しかないじゃん!!

みなさん、170人分の料理、作ったことありますか?いやあ大変でした!!でも充実していて楽しかったです。

日本製の炊飯ジャーと200V用トランスを念のため持ってきてよかった。結局、5合炊きのジャーで6回くらい炊きました。そりぁ170人分ですから大変ですよ。

食材を洗ったり、切ったり、揚げ物などはシェフ達に手伝ってもらいましたが、あとは殆どが我々日本人で作りました。

Mixi仲間のムッチーナさんに写真を撮ってもらいました。

 

070626 tempio-doro11

チラシ寿司です。具はしゃけ、海老、金糸タマゴ、インゲンなど。中々きれいでしょう!

 

 

 

070626 tempio-doro4

12時開始でしたが、その前から既にたくさんの人達が待っていました!

一人15ユーロで食べ放題なので毎月盛況のようです。

 

 

070626 tempio-doro3

みるみるうちに料理がなくなっていきます。

厨房では「チラシ寿司がもうなくなったよー」などと言われ、焦ってドンドンお代わりを作りました。10時から16時までぶっ通しで作りました。

私は、ワールドカップの時に使った「必勝」のはちまきをして料理を作りました。途中トイレに行こうと厨房を出ると、お客さん達に囲まれました。どうやら私のことを本当の和食のシェフだと勘違いしているようです

写真を撮ってくれと言われていっしょに撮ったりしました。びっくり!

 

070626 tempio-doro6

070626 tempio-doro10

店内は70人くらいは入るのではないでしょうか。この日は満員でした!

 

 

 

070626 tempio-doro7

070626 tempio-doro9

最後にリグーリア、日本食のどっちが美味しかったかを書いて投票してもらいます。

 

1〜5まで点数をつけるようです。5が一番美味しいということのようです。

あるお客さんからは「日本食メチャクチャ美味しかった。5をつけるよ!」と言ってくれました。

070626 tempio doro20

最後はシェフのみんなと記念撮影!いやあ疲れたけど充実して楽しかったです!!

 

 

この日はとりあえず終了。次の日どっちが勝ったか結果を聞きました。

結果は・・・・・・・・

リグーリア;391点、日本;409点で見事日本の勝利です!!!

やった勝ちました!

後日、お祝いとお礼を兼ねて、このレストランでパーティーをしてもらいました。

070626 tempio-doro31帰りにワインをプレゼントしてもらいました!次回もしまたあるとしたらもっと工夫して臨みたいですね。

 

 

7月1日(日)は別の場所でサルデーニャVSシリアだそうです。

普段はカジュアルなレストランで18時〜20時はHappy-Hourもあります。料理も美味しいですよ!

びっくりすることに、毎週火曜日夜はイタリア人たちが囲碁をやってます。

よかったら是非どうぞ!



2007年06月25日

イタリアかぶれの日本雑誌「LEON(レオン)」と「NIKITA(ニキータ)」

うちの奥さんが美容院で雑誌を借りてきました。なんと日本の雑誌です。

「NIKITA」という女性雑誌で、イタリアンファッションについていろいろと紹介されています。070625 Leon002

070625 Leon2

ミラノマダムが実際に紹介されてます。

 

 

 

 

「ミラノマダムは24Hヒョウ柄」と書いてありますね?・・・・他にもミラノの街中で撮ったマダムをいろいろと紹介していて、べたぼめです。。。

でもドォーモ周辺、モンテナポレオーレ通りはそうですが、私の周りなどは普通のファッションなんだけどなあ。


070625 Leon001このNIKITAの男版でLEONという雑誌があります。シンガポールの三省堂書店でそのLEONを買ってきました!!ジローラモさんがメインキャラクターのようですね。

 

 

 

 

070625 Leon3

まず目次。。。。ちょい不良オヤジというのは、チョイワルオヤジと読みます。

目次の全てにおいて、枕詞が「モテる旅慣れオヤジは」というのがあります。そんなに強調しないでもいいじゃん

 

どうやらこの雑誌は中高年のおじさんがオシャレをするための雑誌のようですね。

この雑誌の中では「女性」のことを「NIKITA」と表現されています。「NIKITAにモテるには・・・・」という表現が随所に見られます。

 

070625 Leon4

070625 Leon5

おおっ!早速ミラノが出ている。「ミラノオヤジの見てくれ自慢」という特集のようです。

ミラノのおじさん達のスナップ写真なので、SNAP×SNAPということ?おお、オヤジギャグだな。

左上の写真の記事を見ると、「もてるイタオヤのちょいムチ隠し」とあります。日本語っすか?説明がないので意味が分かりませんが、おそらくちょっと太っているのを服で隠しているということではないでしょうか。

ミラノの店の住所も出ているので今度見に行ってみようかな。ちなみに私はまだ中年ではないですが・・・

070625 Leon6

070625 Leon7070625 Leon8

 

 

 

 

 

 

 

070625 Leon9

かっこよくイタリアンファッションで決めてモテよう!ということでいろいろと紹介されています。

でも写真見ると変だと思いませんか?オヤジは50歳以上、彼女はどう見ても20代ですよね。奥さんには見えないし、独身のオヤジ向けではないと思います。中高年の人に不倫を推奨しているように見えてしまうのは私だけでしょうか?・・・・

 

でもモデルは全て外人、そしてかなりオシャレに決めてます。日本の雑誌ですが、日本人でどれだけこの雑誌を見て参考にできる人がいるでしょうか?ほとんどのオヤジには無理だと思います。。。。。

 

070625 Leon10

極めつけはこれ。今月の特集は、「ちょい不良オヤジのモテるバカンス」で、ジローラモさんがモナコに行ってます。

 

 

 

070625 Leon11

写真の左下に今回の旅行の代金が出てます。

まず成田⇔ニースをビジネスクラスで90万円。

メトロポールホテル3泊で52万円。

 

レンタカー代が64万円。食事とカジノ代が194万円。

4日間のモナコ旅行で合計400万円!!ホリエモンとか村上ファンド社長とかしか無理っす。

 

070625 Leon12

さらにこれはプライベート機で旅行とあります。ブラピやトムクルーズ用ですか?

さらに読んでいくと、オヤジ用のダイヤの指輪の特集が。。。。なんかすごいけど、私としては何一つ参考になる情報がありませんでした

 

まあ、ある意味面白かったからいいけど。

よかったらお貸ししますよ!



2007年06月24日

シンガポールからの戦利品

先ほど、シンガポールから戻ってきました。

帰りは経由のアムステルダムでの待ち時間を合わせて20時間近く。。。。疲れました。

070624 wasyoku最終日、お土産を買いました。奥さんに日本食を買うように頼まれていたので、西友や高島屋で納豆、ごぼう、かつお節などなど。。。。

総額300ドル(=150ユーロ)分です。

いやあ、シンガポールのスーパーではたくさん和食が売っていていいですね。当然日本で買うよりはだいぶ高いですが。。。

ミラノでは手に入らないものが多数あって、奥さんは大満足でした

重かったけど持って帰ってきてよかった。

これからも和食をガンガン作ってもらうぞ



2007年06月23日

シンガポールの不思議

今日はシンガポールについていろいろと書いてみようと思います。

まずシンガポールは狭いですが国です。シンガポール共和国(The Republic of Singapore)が正式名称です。国名の由来は、「ライオン」を意味するサンスクリット語Singa(シンガ)と、「都」を意味するPura(プーラ)をつなげたものです。

070623 singapore1

これはシンガポールの10ドル札の拡大写真。英語、漢字、インド語、マレーシア語で国名が書かれています。漢字では「新加波」(本当はさんずいではなく、つちへん)と書くんですねえ。

私が思うに、シンガポールは政治がしっかりとよくできている国です。
面積も狭く(685.4平方kmで淡路島程度)、人口も400万人程度なので政治で決まったことをすぐ実行することができます。
上手くいかなかった場合はすぐ廃止し、訂正し問題を解決します。

もちろん問題もあるのでしょうが、かなり理想的な政治を行っているなあと私は思います。

私は今までシンガポールに6回ほど来た事があります。
赴任者から聞いたことや自分で調べたことをまとめます。


[个多い
面積が淡路島程度とかなり狭いシンガポール。ビルだらけですが、意外と緑が多いんです。
今から15年〜20年ほど前、シンガポールはビルや家が乱立していてごちゃごちゃしていたそうです。
シンガポール政府は古い家やビルを買い取り解体しました。そこに高層ビルを建てたわけですが、ビルの横には空き地を残し、芝生や公園にして開放感
とキレイな緑や花でいっぱいにしました。
よってシンガポールの中心地はコンクリートジャングルではなく、高層ビルと自然が共存しているわけです。

建物や道路がきれい
シンガポールではゴミを捨てると多額の罰金を取られます。地下鉄では飲食が禁止されもし飲食を見つかった場合は200ドル(約16000円)の罰金なので注
意です!このように厳しくすることで、道路や歩道にはほとんどゴミがなく、もちろん建物に落書きなどもなく、ともてきれいです。

治安がよい
シンガポールでは、犯罪に対する懲罰が大変厳しいです。これは新聞の記事にありましたが、今年のナイトスポットでの暴力事件はこれまで18件(たっ
たの?)発生し、4人が重傷を負いました。逮捕されると7年以下の禁固刑とムチ打ち刑。。。。
その他、盗難に対しても大変厳しい刑が課されるそうです。赴任者の方に聞いたところ、少し前に殺人事件があったんだ、とかなり驚いて話してました
。殺人事件はそれくらい稀な事件なのだそうです。ミラノで空き巣に遭った私としてはイタリアも頑張って欲しい。
→ちなみに、日本は犯罪者の更正を目的とし、刑罰はかなり軽い。最近中国人による犯罪が増えてますが、彼らにとって日本はとてもよい国で、犯罪で成功す
ればお金持ち。仮に捕まっても刑罰は軽く、もし刑務所に入っても自分の中国の家よりもキレイな(?)刑務所で3食つきなのでどう転んでもOKなのだそうです。。。

だ犯罪がほとんどない
上記に関連してますが、特に痴漢や性犯罪には厳しいそうです。よってこの類の犯罪が極端に少なく、女性にはとても住みやすい国です。

ゼ屬高い
シンガポールではこんなに狭く、人口も多い、つまり人口密度が高いのに渋滞があまりないです。
理由はいくつかありますが、まず最も大きい理由は車がものすごく高いです。
シンガポール政府により1年間に販売される新車の台数が決められています。これは車の台数を制限して渋滞を緩和するための処置です。
車を買いたければ新車購入券を買い、それから車を買います。
2年前に聞いたときは日産のサニーが1台600万円以上もしました!!今ならドル高なので800万円くらいするのではないでしょうか!
よって、シンガポールで車を持っているのはお金持ちか、会社からカンパニーカーを支給された赴任者です。
では、お金持ちでない人はどうしたらよいか?
シンガポール政府はその点についても考慮しています。まず、地下鉄(MRT)が3本走っていて、初乗り1ドルからと安いです。
バスもたくさんの種類があり、シンガポール中をカバーしています。
あとタクシーが1万台以上もあり、非常にたくさんのタクシーが走っています。
そしてこのタクシーの初乗りは2ドル、225メートルごとに0.1ドルしか上がらないので大変安いです。
このように、車を持っていなくてもその他の交通機関が発達していて、そして安いので不便を感じません。

渋滞緩和対策
上記グ奮阿砲盻詑畋从があります。
まずは道路の幅が広く、車線の数が多いです。中心地では車線が多い一方通行が多いです。対向車線がないのでスムーズに右左折することができます。
また、中心地の道路の上に設置してあるのがこの写真のようなERPシステム。日本のオービスのような感じです070623 singapore2が、速度違反をチェックしているわけでは
ありません。この下を通ると時間帯により0.4ドル〜1.7ドルが加算されます。車には必ずETCシステムのような機械が設置してあるので、自動で課金されるのです。平日の日中は一番高い時間帯なので、みんなこのERPを避けようとします。このようなシステムによって車を中心部に入りにくくして渋滞を緩和させています。

また高速道路はシンガポール中をカバーしており全て無料!料金所があると渋滞しますから、無料というのも渋滞緩和のためのシステムの1つといえます。


Ъ由貿易港
シンガポールは自由貿易港です。船が港に入ってきたとき手続きが簡素化され、非常に便利だそうです。書類等も簡単で到着後30分程度で終了するらし
いです。関税もかなり安い(ゼロではないと思いますが)ようです。よって、欧米からの物資はまずシンガポールにやってきて、それから周りのアジアの国々に運ぶのだそうです。こんな狭い国なのに、アジアの中心の港になっているわけです。
→ちなみに日本では船が到着してから許可がでるまで24時間くらいもかかるそうです。書類も複雑で手続きが困難らしく、迷惑がられているそうです。
日本ももっと工夫しないと!

┘▲献△離魯峩港
シンガポールのチャンギ空港はサービスが充実しており、店の数もたくさんで、24時間ショッピングができたり、何時間いても飽きないです。
ほぼ毎年Best-Airportの1位に選ばれています。
また、24時間離発着ができ、滑走路が3本もあります。これによって世界中からたくさんの飛行機がスムーズに到着することができ、アジアの中心の
空港となっています。
→ちなみに日本では成田空港、関西空港が大きいですが滑走路は1本しかありません(関空は2本)。成田空港は数年前に小型機のみの距離の短い滑走路が1
本追加されました。成田ではお盆の時期など、10台くらいの飛行機が滑走路の手前で行列を作っていました。。。。
飛行機が1機ずつ飛んで行くのを待っているのです。これじゃあダメですよね。

1年中サマータイム
先週も書きましたが、シンガポールは標準時で1時間ずらしております。
つまり、同じ経度のタイ、マレーシア、インドネシアよりも1時間時間を進ませているのです。
これによって日の入りの時間を1時間遅らせることができ、省エネになり経済効果が高くなります。

観光が充実
戦後独立したので歴史は浅いですが、ナイトサファリやバードパーク、水族館やセントーサ島など観光に大変力を入れています。
ショッピングモールもたくさんあり、各ホテルから無料シャトルバスなども走っていて便利です。
あと、今年から「F1グランプリ in シンガポール」を開催しようとしていたそうです(今年は間に合いませんでした)。
レストランも欧米系からアジア料理、和食まで幅広くいろいろなものを食べることができます。
これによって、世界中から観光客が集まり、経済効果が高くなります。

その他
その他にも世界的金融都市、電脳都市として、世界の要となっているようです。

他にもまだありますが、この辺にしておきます。
というわけで、シンガポールは住みやすくいい国です。
みなさんも一度は行ってみましょう!

続きを読む

2007年06月22日

シンガポール出張〜その2

業務が無事終了し、23日のフライトでミラノに戻ります

シンガポールで撮った写真を載せます。

私が泊まっているCARLTON Hotelはなかなかよいです。朝食以外にも夕飯(18時〜20時)のサービスもあります。1日だけ夕飯も食べることができました。

070622 singapore7

070622 singapore2

最上階(26階)でゆっくりと夕食を食べることができます。

 

 

 

070622 singapore4

酒のサービスもあります!いろいろありますが、結局ビールだけ飲みました。

 

 

 

070622 singapore3

070622 singapore5

070622 singapore8

 

 

 

 

 

070622 singapore9

070622 singapore1

070622 singapore6

 

 

 

 

寿司がおいしかった!あと、私の大好きなイタリアのチーズ、ゴルゴンゾーラもあったので最高でした。

 

070622 singapore10

ずっと髪を切りたかったので、チャイナタウンに行って散髪しました。2年前に来た時もチャイナタウンで切ってもらった事があります。

散髪のみで10ドル(=5ユーロ)と安いですね。

 

 

 

070622 singapore12

070622 singapore11

チャイナタウンに来たらこれ!足つぼマッサージです。

 

 

 

 

日本人も多いので日本語でも書いてありますね。

かなり痛かったのですが、「もっと強めがよかったら言ってください」と言われました。全力で断りましたが。。。

隣に座った現地の方は見ているだけでも痛そうなくらい強めで足つぼマッサージをしてました。でも本人は全く痛くないらしく普通にしている!!定期的に足つぼをして慣れるとこのように痛くなくなるようです。そして健康に!本当にそうなのかなあ。。。。

 

070622 singapore14

070622 singapore13

シンガポールには至る所に日本を意識した店、レストランがあります。スーパーの地下にはたこ焼き屋、焼き鳥屋、和菓子やなど。

 

 

この店は京都茶房、味亭という店です。和風パフェやカツカレー定食などおいしそう!帰る前に行ってみようかな。

 

 

070622 singapore15

麻布茶房もありました。シンガポール内に何軒かあるようです。

北海道アイスクリームとかいてありますね。

 

 

 

070622 singapore17

070622 singapore16

会社の方たちと夕食です。リバーサイドポイントにある「JUMBO SEAFOOD」というシーフードの店に行きました。

 

 

070622 singapore20

070622 singapore18

070622 singapore19

 

 

 

 

 

070622 singapore21

070622 singapore23

070622 singapore25

 

 

 

 

 

070622 singapore26

洋風の海鮮が大変美味しかったです。海老も大きくて美味しかった!

 

 

070622 singapore22

これがお勧めの巨大カニのピリ辛炒めです。

ピリカラのあんかけがとてもおいしかった!

 

 

 

070622 singapore24

つめの部分がデカイ!身も詰まっていて美味しかったです。

 

 

 

 

070622 singapore27

デザートはマンゴープリン!

シンガポールのマンゴーは「ペリカンマンゴー」という種類のもの。日本で有名な「アップルマンゴー」とは別です。

ペリカンマンゴーの方が甘くて美味しいです!

というわけで、明日帰ります!!!明日は奥さんに頼まれた日本食材を大量に買い込んでトランクに詰めます。「ごぼう」もリクエストに入っていたけどあるかな。。。



2007年06月21日

シンガポールのタバコ

シンガポールはタバコが世界一高い国と言われています。

タバコ1箱は10ドル〜12ドルくらいします。今、1シンガポールドルは80円くらいなので1箱1000円もします!

私はタバコを吸わないのですが、タバコを吸う赴任者のみなさんにはかなり痛手のようです。なので、日本から出張者が来る時にタバコを土産に買ってきてもらうそうです。ただし、海外からのタバコには税金がかかります。もし日本のタバコをシンガポールで吸っているのを見つかると。。。。。多額の罰金が課せられます。

070621 tabacchi

シンガポールで買ったタバコかどうかは箱を見ると一目でわかります。

左の写真を見てください!

タバコの箱の表面の3分の1位にグロテスクな写真があります。

これは、「タバコを吸うとこんな風になりますよ!」という警告のための写真。法律でこれらの写真を入れるように義務付けられています。う〜ん、かなり気持ち悪いです

この他にもタバコを吸った後に生まれた胎児の写真など、かなり惨い写真が多いです。

これを見たら確かにタバコを止めたくなります。でも赴任者の日本人の方に聞いたところ、息子がこの写真を面白がって、次はどんな写真?見せて?と面白がっているそうです。

これでは全くの逆効果!!!!

シンガポール政府は次の手を考えてみてください



2007年06月20日

シンガポール出張

金曜日、急にシンガポール出張を言い渡され、2日後の日曜日出発しました。アムス経由で合計17時間、ようやくシンガポール到着です。

070620 singapore1

2年ぶりのシンガポール。観光と合わせると6回目のシンガポールです。

入国許可を待っているところ。おお、日本語表示が!!でも良く見ると「の」の字がちょっと変です。。。

 

 

070620 singapore4

別件で日本から30人も出張に来ているらしくホテル探しが大変だったようです。リッツカールトンとは関係ないっす。カールトンホテルです。

 

 

 

070620 singapore3

070620 singapore2

液晶TVもあってなかなかよいですね。

 

 

 

 

070620 singapore5

東南アジア名物ドリアンのオブジェ!今キャンペーンやっているらしくドリアンの匂いがプンプンしてました。。。くさかった

 

 

 

 

070620 singapore10

ホテルの前にあるチャイムスでシンガポールドルに両替しました。

ここはよく両替に来るところです。でも中に入ってみると店が新しく変わってました。

 

 

 

070620 singapore6

070620 singapore7

まずいきなり牛角が!!イタリアには赤身の牛肉しかなく、焼肉やもないんです!出張中に行きたいなあ。

 

 

 

070620 singapore8

070620 singapore9

なんとメイドカフェもありました。以前は普通の喫茶店だったのに。

店員さんがポーズをとってくれました。

 

奥さん、もちろん入ってないですよ

 

 

というわけで着いてすぐ両替後、オフィスに呼ばれMeeting、業務となりました。今回の仕事は緊急なので仕方ありません。

というわけで、また報告します。



2007年06月19日

マルペンサ空港にSKY Lounge

シンガポール出張で、久しぶりにマルペンサ空港にいくと少し変わってました。

070619 SKY

070619 SKY2エスカレーターで上がるといつもはマクドナルドがあったのですが、別の店に変わってました。

SKY-LOUNGEと書いてあります。SKYチャンネルが作ったカフェのようで店内のいたるところに薄型TVがありSKYの番組を放送していました。

マルペンサは今までまともなカフェが無かったのでなかなかいいですよ!



2007年06月18日

第2回、ミラノ在住のみなさんとのピクニック

昨日はブップリチ公園でのピクニック楽しかったですね。

070618 picnic1

私は手作り餃子を70個ほど作っていきました。皮から作ったので4時間もかかり遅刻してしまいました。どうもすいませんでした

 

070618 picnic2

奥さんは干ししいたけからダシをとった炊き込み御飯のおにぎりです。こっちもかなり時間かかってました。

 

 

070618 picnic3

070618 picnic5

070618 picnic6

 

 

 

 

 

070618 picnic7

070618 picnic4

070618 picnic8

 

 

 

 

昨日は快晴で気持ちよかったですね20人以上の方が来て下さいました。

みなさん持ちよりで美味しい料理、ビールやワイン、どうもありがとうございました。17時から始まり21時過ぎまで盛り上がりました。いやあ今のミラノは日が長いので遅くまで楽しむことができましたね。

私の段取りが悪くてみんなでの自己紹介などもできずすいませんでした。でもみなさんに連絡先などを書いていただきましたので、後日メールで送らせていただきますね。

ピクニックの後、残った10人くらいで近くのBarに行って軽く飲みました。私と奥さんは帰宅したら1時ごろ!今日は長い時間皆さんと話せて楽しかったです!

公園での飲食は本来は禁止ということを昨日知りました。。。次回はToshiさんのお友達の家でのBBQか、どこかのBarでHappy-Hourで盛り上がろうかなと思ってます。7月、8月はみなさんバカンスなので9月くらいかな。

次回をお楽しみに!!



2007年06月17日

ピクニック、今日やるよ!

今日は楽しみにしていたピクニック(クリック)ですね。

昨日は大雨と強風ですごかったですが、今日はうそのように晴れ、久しぶりの快晴です!!自慢じゃないですが、私はイベント、旅行の時は全て晴れなので心配してませんでした(ちなみに奥さん一人で出かける時はほとんど雨ですが・・・)。

既に私に連絡をして頂いている方、まだの方も、来れる方は連絡不要なので直接公園に来てください。

第2回、ミラノ在住のみなさんとのピクニック!
日時:6月16日(土) 17時から
場所:ブップリチ公園(Giardini Publici)
集合場所:公園内のプラネタリウム前(M1、トラム9番、30番でポルタ・ベネチア駅そば)
やること:みんなで料理、飲み物を持ち寄っての宴会
★日本人だけでなく、イタリア人や他にも友達を誘ってください!

 

今、13時すぎ・・・・私は小麦粉に水を入れて、餃子の皮を作ってます!!

私は焼き餃子、奥さんは炊き込み御飯を持っていく予定です。というわけでよろしくお願いいたします!

あと私事ですが、昨日急遽出張が決まりました。明日からシンガポールに行ってきます。ミラノからだと経由便で約16時間・・・・遠すぎだよ。とういわけで長居できないかも。

PS グローブとボールを持っていくので誰かキャッチボールしましょう。イタリアでは野球は超マイナースポーツなので目立ちそうですが・・・・

サッカーボールも持っていきます。



2007年06月16日

ヴェルディ音楽院のコンサート

ドレミの音階を発明したのはイタリア人です。

フォルト、ピアノ、クレッシェンド、デクレッシェンドなど音楽用語もイタリア語です。今でも世界中から音楽、楽器、声楽を勉強するために多くの人達が世界中からイタリアに集まります。

ミラノにも音楽の学校はたくさんあるようですが、私はよく知りません。

何か一度聞きにいってみようと思い、ヴェルディ音楽院(Conservatorio Giuseppe Verdi)に行ってみました。ギターの演奏会のようでした。

5月18日(金)21時〜。La Societa' Dei Concerti主催。“Abrazo entre dos Mundos”、Lorenzo Alviggi(ギター)、Luis AlvarezとJuan Camague(アンデスの伝統吹奏楽器)の演奏によるタレーガ、ソル、モレーノ、トローバ、アルベニス、ロッシーニ、エルモサ、カヴール、プッチーニなどの曲。入場無料

ヴェルディ音楽院→Via Conservatorio 12、地下鉄1号線サン・バビラSan Babila駅から歩いて10分弱。

070523-Verdi1070523-Verdi2070523-Verdi3

 

 

 

 

ヴェルディ音楽院でかいなあと思ってはいると教会でした。。。。上の写真の教会の右側に面した建物(写真右)がヴェルディ音楽院です。

070523-Verdi5

中に入るとこんな感じ。たくさんの部屋があるようで、ある部屋からはピアノの音が聞こえてきました。

 

 

 

 

070523-Verdi4

プッチーニの部屋が今日のコンサート会場です。

 

 

 

 

070523-Verdi6

070523-Verdi7

中に入ると既に始まっていて結構たくさん来ていました。

ギターのソロ?・・・・かなり静かな演奏会でした。キレイで素朴な感じのメロディーの曲でした。金曜日の21時過ぎということもあって寝ている人が多いように見えました。

目を閉じてマッタリしながら聞くとなかなかよいです。

さすがに2時間も聞いていられず、1時間弱で退出しました。。。。

まずはヴェルディ音楽院がどういうところか知りたかったので、よかったです。

ヴェルディ音楽院のWeb-siteにイベントスケジュールが出てますが分かりにくい。。。

ハローミラノに日本語でミラノのイベント情報が出ているのでこちらをチェックしてから行くとよいでしょう。