2006年06月

2006年06月15日

ダイエットについて〜おすすめ、「おからダイエット」

私のProfileのところに10KG痩せましたと書きました。

最初の5KGはダイエット、あとはイタリアに来てからの激務で痩せました。私がやってみたダイエットはかなり効果的だったのでその方法について書きます。

まず去年春ごろイタリア赴任が決まりました。毎日スーツを着なくてはならないと聞いたので、これを機にダイエットしようと思いました。時間も少なかったのでなるべく効果的にやろうと思い、まずはネットでいろいろと調べてみました。

すると、運動によるダイエットは難しい、ということが分かりました。一般人においては、運動によるカロリー消費量よりも食事によるカロリー摂取の方がはるかに多いそうです。例えばカツ丼一杯食べた1000キロカロリーを運動で消費しようとすると、(すいません詳しい数字は忘れましたが)ウォーキングだと5、6時間とか、普通に仕事している人にとってはとても無理です。

一番効果的なのは、単純にカロリー摂取を控えることです。なんだ、と思うかもしれませんがそうなのです。で、食事療法なら誰でもやったことがあると思います。でも、食欲は動物の本能だし長続きしません。大体リバウンドが来て食べてしまいます。ではどうすればよいか。

夕食を減らす、または摂らないのが最もよいです(と思います)。おなかが空いている状態で寝るのが最もよいです。私は朝ごはんに最も時間をかけます。朝起きてから家を出るまで大体1時間半くらい(その分早く起きます)。朝食をたくさん、ゆっくり時間をかけて摂ります。ご飯をおかわりして、フルーツ、ヨーグルトなどかなりの量です。

次に昼食はまあ普通に食べたいだけ食べます。私の場合は奥さんに弁当を作ってもらっているのでそれを食べます。

そして肝心な夕飯ですが、早めに食べます。そして私の場合は毎日おからを食べてます。奥さんにはおからを野菜と一緒に煮てもらい、それをタッパに詰めます。昼と夜の弁当を持っていくわけです。おからは高タンパク低カロリーでしかも満腹感があります。これで夜の仕事中はOKです(おなかは減りません)。家に帰るとおなかが空いてきます。でも一切何も食べません。私の場合、健康のためにお酢を水で割って飲んでいるのでそれくらいです。

寝るころにはかなりおなかが減ってきます。でも疲れているので結構すぐに寝れます。何人かにこの方法を薦めたときは、おなかが空いていると眠れないので無理、とみんな言ってました。でも1週間くらいすると慣れます。

あと週末は普通に夕飯を食べたり飲んだりします。なので夕飯を軽くするのは月〜木曜日くらい。これを1ヶ月くらい続けると3KG〜5KGはやせると思います。私はこれに加えて腹筋、背筋、腕立てなどの運動もしてました。運動といっても10分もかかりません。

実はもっと以前、毎日会社を自転車で往復(20KM)してました。かなりの運動量でしたが1kgもやせませんでした。ネットにも自転車は有酸素運動で健康には良いがあまりやせないとでてました。その通りです。。。。

このダイエット(おからダイエット)は、リバウンドがありません。夜おなかが空きますが、朝起きたら死ぬほどくってやる!と思って寝れば問題ないし、実際朝や昼はたくさん食べてます。ずーっと食事制限しているわけではないのでリバウンドしないわけです。朝と昼は野菜中心にたくさん食べており、健康的にやせることが出来ます。

私はやせるメカニズムについてよく知りませんが、最初の2週間くらいは全くやせません。でもそれを過ぎるとドカッとやせておなか周りがかなりスリムになります。

お陰でノータックの細いズボンのスーツを着ています。イタリアに着てからはさらに予想外に痩せてしまい、一時期倒れそうになりましたが・・・・

このダイエットには家族(奥さん)の協力が必要です。朝、たくさんの種類のおかずを作ってもらい、昼の弁当、夜用のおからも作ってもらうからです(もちろん、みなさんは昼は外食でもOK)。

以上、今からだと8月ころにはかなり効果が出ていると思います。よかったら試してみてください。夜おなかが空いているという以外はつらいことはありません。



shiroyuki11 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日常 

2006年06月14日

イタリアの車庫はとても狭い

イタリアの駐車スペースはとても狭いです。

スーパーや街中の駐車場に行って停めるとき、左右の余裕がほとんどなく、ドアを開けて外に出るのがとても大変、ギリギリです。日本よりもずっと狭いです。

060614-car1

060614-car2

うちのアパートの地下駐車場です。ガレージになっていて、奥行きは広くてとてもいいのですが、左右の幅がすごく狭いです。。。

 

 

060614-car3060614-car4

私の車を停めるとこんな感じ。左ハンドルなので右に寄せます。右側の壁いっぱいに寄せないと出れないので車庫入れがとても大変。。。。最初のころは苦労しました。。。

写真はいつもよりも寄せすぎですが隙間は5cm以下だと思います。車内にいるともう擦っているのではないか?というくらいの感じで車庫入れします。

ちなみに壁にはヒビが多数入っていて、つぶれないかなあ?といつも心配です。



2006年06月13日

ワールドカップ、イタリア勝利

今、イタリアがガーナに2:0で勝ちました。

勝った直後、うちの下の通りの車がみんな一斉にクラクションを鳴らしだしました。中には歌ったり、太鼓たたいたり騒いでました。

まだみんなクラクション鳴らしてる・・・・

060612-calcio.AVI

ミラノでこれだからナポリやシチリア島ではもっと大騒ぎなんだろうなあ・・・

日本は大負け・・・ある意味生で見れなくてよかったかも。生放送で見た日本のみなさんはもっとショックだったんだろうなあ。実際残り10分の3点はどうったんですか?イタリア語で見てたのでさっぱり分からない。解説ではなんと言っていたのでしょうか?

うまくやれば1:0で勝てたんじゃないのかな、と思ってますが。。。。



2006年06月12日

今日は日本戦とイタリア戦

今日は待ちに待った日本対オーストラリア戦です。

15時からなので残念ながら生で見ることは出来ません。日本とは7時間時差があるので日本では22時から。こういうときは日本のほうがいいなあと思います。

イタリア戦は21時から。日本では朝の4時からなのでちょっとつらいですね。イタリア戦の途中くらいからは見たいなあ。



2006年06月11日

水牛のモッツェレラ

ナポリでチーズを買ってきました。水牛のモッツェレラ(Mozzarella di Bufalo)です。

普通のモッツェレラチーズはピザやサラダなどによく使われ、モチモチした食感があり、もちろんミラノでも売ってます。ですがミラノなどで売っているモッツェレラは普通の牛から取れた乳を使っています。

本当のモッツェレラチーズは水牛の乳から作ったものだそうで、南イタリアの名産になってます。というわけで水牛のモッツェレラはミラノではなかなか手に入らないのです。

060611-mozzarella1

060611-mozzarella2

写真のようにモッツェレラチーズは塩水に浸して売っています。見たところ普通のモッツェレラとあまり変わりありません。

 

 

060611-mozzarella6

060611-mozzarella7

060611-mozzarella3

 

 

 

 

1玉300グラムくらいで、割ってみるとこんな感じ。ちょっと豆腐みたいに見えます。気泡があるような感じでした。

060611-mozzarella4

サラダにして食べてみました。

 

 

060611-mozzarella5

モッツェレラの1片です。黒いのはコショウです。

食べてみると、メチャクチャおいしい。普通のモッツェレラはツルツルしていてそれも美味しいのですが、水牛のモッツェレラは別格でした。

食感は食パンのようにフワフワしていて、噛んでいるとドローっと柔らかくなるような感じでした。味もついていてとても美味しい。生まれてから一度も食べたことがない感じでした。すごく美味しいです

3玉買って約1KGで14ユーロ。たぶん日本で買うと相当高いんだろうなあ。。。



チュニジア旅行完結

4月のチュニジア旅行をUPしました。8日分、完了です。あとナポリ旅行は来週書きます。。。。

shiroyuki11 at 19:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月10日

ワールドカップはどこでやる

いよいよワールドカップが開幕しました。

一昨日、会社の庶務のSさんに、いよいよワールドカップだねえと言われました。彼女は次に「ワールドカップはどこでやるの?」と聞いてきました。「ド、ドイツだよ」と言うとああそうなんだあ、という感じで本当に知らないようでした。

彼女ほどの人はあまりいませんが、結構近い人はいます。イタリア人は大きなイベントでも興味ない、という人がかなりいます。トリノオリンピックの時もいつやるの?とかわたしに聞いてたし。。。。

でもドイツ・ワールドカップというのは毎日テレビ、CMでやってるんだけどなあ。。。知らないでいる方が難しい、と思うのですが。



5月28日の記事をアップしました

5月28日、「さくらんぼ狩りとバルサミコ酢工場見学」をアップしました。見てください!



shiroyuki11 at 17:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月09日

韓国戦を忘れないイタリア人〜サッカーワールドカップ

いよいよ今日からワールドカップが開幕です。

イタリアでもかなり盛り上がってます。その中でTotti(トッティ)のインタビューをTVでやってました。4年前、Tottiは韓国戦で退場しており、疑惑の判定が多く、イタリアは韓国に負けたのです。Tottiはあのときの試合は忘れないと言っておりました。今でも根に持っているようです。

私の会社の同僚もいまだに韓国を許せないらしいです。韓国がイタリアに勝ったあと、韓国国民の喜ぶ様子をイタリアのTVでやっていたらしく、その喜びようが異常だったそうです。その映像は忘れられないと言ってました。

この試合後、イタリアのプロチームからは韓国人がいなくなりました。ミラノに住んでいる日本人に聞いてみると、当時街中を歩いていると「おまえは韓国人か?」と聞かれたそうです。赤いシャツを着たアジア人はそれだけで韓国人と思われて殴られたそうです。。。。。

今回のワールドカップのオフィシャルな雑誌を買ってみました。各国の評価の点数が書かれているのですが、韓国は最下位の点数。。。。。それほど韓国は弱くはないと思うのですがすごく点数が低かった。。。。

昨日、イタリア人代表達がバスに乗って現地入りした映像をTVでやってました。バスはHyundai(現代)製で、韓国製のバスでした。。。。



2006年06月08日

ワールドカップ開幕〜イタリアと日本

いよいよサッカー、ワールドカップ開幕です。

イタリア人達は、普段はイタリア代表チームよりも、自分達の好きなセリエAのチームが大事なのですが、さすがにWカップは別のようです。コマーシャルもWカップ関連のものが多く、ニュースでも盛り上がってます。

日本はFグループで、同じグループのブラジルがおそらく1位通過でしょう。日本は2位狙い。

イタリアは1位通過を狙ってます。なぜかというと、2位になると、Fグループの1位(たぶんブラジル)とトーナメントでいきなり当たってしまうからです。1位になれば、Fグループの2位と当たります。イタリアは今回かなり強くおそらく1位通過できるでしょう。

ということは日本が2位通過すると、トーナメントでいきなりイタリアと当たる!!というわけです。

イタリア人達にそれを言うと、おおそれは日本がんばれ、と喜んでました。ちょっとむかつく。



2006年06月07日

イタリアでは離婚するのが一苦労

イタリアはもちろんカトリックの国です。よってキリスト教関連の祭日が多く、法律もキリスト教に則したものが多くあります。

「離婚」もその1つで、イタリアでは夫婦の同意があっても簡単には離婚できません。結婚式の時に永遠に夫婦となることを神の前で宣言しているわけで、神にそむく行為となるからだそうです。ある意味すごく厳密にキリスト教に従っているわけです。

最近はそれでも以前よりは容易に離婚できるようになったそうですが、以前は「夫婦が別居して7年以上経過した後に離婚できる」という法律があったそうです。離婚できた時には既に結構歳をとっているので再婚はもっと大変!今はそれが3年になったと聞きました。この法律のおかげでイタリア人はなかなか結婚しません。離婚できないから結婚しないのではなく、離婚するのに長い時間がかかるので、相手を長い時間見極めてから結婚するのだと思います。

なので、同棲している人たちがおおいです。私のオフィスの同僚達を見ても、30過ぎても結婚せずに同棲している人が結構います。そのせいかは分かりませんが、イタリアは日本よりも出生率が低いです。出生率低下は大きな問題になっているようです。

アメリカはキリスト教の国でしたっけ。



2006年06月06日

NAPOLIに行って来ました

NAPOLIに行って来ました。「NAPOLIを見てから死ね」と言われている通り、とてもよかったです。

言われていたほど治安は悪くなかったです。MILANOよりもゴミゴミしていて、人が多く、また屋台や出店がおおいので歩くのが大変!落ちているゴミも多かった。でも港町らしく、街中にはウミネコが飛んでいたり、魚屋も多かったです。

レストランではシーフードが美味しかった。あとNAPOLIはピザ発祥の地なのでピザをたくさん食べましたが美味しかった。できればMILANOではなくNAPOLIに住めればなあと思いました。

また今度NAPOLIに来ようと思ってます。



イタリア世界遺産(5/41)「Historic Centre of Naples ナポリ歴史地区」

イタリア世界遺産5ヶ所目!

ナポリ歴史地区を回りました。

町全体が世界遺産で、王宮、きれいな教会など見所いっぱいでした。

後日くわしく報告します。



2006年06月05日

イタリア世界遺産(4/41)「カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョ邸宅群」

おそらく今ごろはNAPOLI近郊の世界遺産の町に行っている予定。。。

→カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョ邸宅群

後日報告します。

 



2006年06月04日

イタリア国内旅行〜NAPOLI〜3日目〜カプリ島

今日はカプリ島に行ってきました。

青の洞窟は高波のため目の前まで行ったのに入れず。。。いつかリベンジします。

後日写真入でくわしく報告します。